苦境に立たされた円は160円に迫る

2024-04-16
序章

火曜日、米国の経済指標が好調だったことを受けてドルが強くなったため、日本円はドルに対して154円を下回った。

米国の最新の経済指標が全般的に予想を上回ったことを受けて、日本円は火曜日に1ドル=154円を下回った。ドル高の影響で下落した。

USDJPY

この通貨は3年連続でG10通貨の中で最もパフォーマンスが悪かった。すでに2022年に当局が市場参入を迫られた水準を超えて下落している。


これにより、東京通貨市場への新たな介入の可能性についての憶測が高まっている。東京金融取引所によると、日本の個人投資家による円の買いポジションは4月2日に過去最高水準に近づいた。


これは金融専門家の見解とは全く対照的だ。CFTCのデータによると、ヘッジファンドは4月9日までの1週間で、対円での取引高を17年ぶりに増やした。


日銀は2007年以来初の利上げで円安を食い止めることができなかった。多くのアナリストは政策の乖離が縮小しているとして2024年の初めには強気だった。


今のところ、FRBが上半期に行動を起こす可能性は低いようだ。先物トレーダーらは、FRBが今年どの程度金利を引き下げるかという賭け金を、昨年10月以来の最低水準まで減らしたと、LSEGが先週明らかにした。


大半の米国債利回りは年初来高値を更新した。債券投資家は依然として債券市場を避けており、木曜日の30年債の需要低迷にそれが反映されている。


ビッグショート

関係筋によると、日銀は政策決定においてインフレ重視ではなく、より裁量的なアプローチに移行しつつある。そのためには、日銀の政策方針の微妙な変化にもっと注意を払う必要があるかもしれない。


中央銀行は4月にインフレ率が2027年初めまで目標の2%付近にとどまると予測するとみられるが、こうした予測だけでは短期的な利上げを強く示唆するものではないと付け加えた。

Japan Core CPl

バンク・オブ・アメリカはウォール街の銀行の中で最も弱気な見通しを持つ銀行の一つで、連邦準備制度理事会が今年中に金利を引き下げなければ、人民元は1ドル=160元まで下落する可能性があると述べている。


同銀行の通貨戦略担当タノス・バンバキディス氏は「介入の可能性は高いが、それはむしろ逆風に逆らうようなものだ」と語る。同氏は利下げが行われれば円は142円まで上昇すると見ている。


「介入がなければ、円は160.20円まで下落する可能性がある」とMUFJモルガン・スタンレー証券の上野大作氏は述べた。「円がドルに対して155円を超えたら介入が行われる可能性が高い」


日本の外為政策最高責任者である神田正人氏は以前、1か月以内に10円変動するのは急激だと発言している。28日間の為替レートの安値から高値への変動を測る指標は7円だった。


T・ロウ・プライスは、日本銀行が大幅な金利引き上げに消極的であるため、円は下落を続け、1980年代以来の水準までさらに10%下落する可能性があると予想した。


キングドル

米連邦準備制度理事会(FRB)の金融緩和サイクルが遅れる可能性が非常に高いことや中東での戦争が激化していることから、ドル指数は今年5%近く上昇し、昨年の低迷から脱した。


消費者物価指数(CPI)報告の前から、FRB当局者は、デフレーションの進展が停滞し、物価上昇のペースを抑えるために金融引き締め政策のより長期化が必要になる可能性があると懸念し始めていた。


3月の会合の議事録によると、一部の当局者は、現在の政策金利が「望ましいほど制約的ではない」という可能性を指摘し、それがさらなる利上げを正当化するために使われる可能性もある。


アトランタ連銀のラファエル・ボスティック総裁は依然として2024年に1回の利下げを予想しているが、米経済とインフレの方向性次第で2回またはゼロとなる可能性も排除していない。


同氏は、現在の物価上昇の分布は、通常時よりも5%の水準をはるかに上回る地域が多すぎると述べた。同氏は、経済は「信じられないほど回復力がある」と付け加えた。


ミシェル・ボウマンFRB理事は、インフレの進展が停滞または反転した場合、FRBは今後の会合で金利を引き上げる必要があるかもしれないと述べた。しかし、同理事の基本見通しは、今年は金利が低下することを支持している。

dollar index

一方、10年国債の利回りが4.5%を超えれば買い手が集まるとの期待が広がっていた。金曜日のイランの爆撃を受けて起きた債券高騰がそれを裏付けた。


免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、信頼できる財務、投資、その他のアドバイスを意図したものではありません (また、そのように見なされるべきではありません)。この資料に記載されている意見は、EBC または著者が特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の個人に適していることを推奨するものではありません。

原油価格は在庫減少後、週ごとに上昇する見込み

原油価格は在庫減少後、週ごとに上昇する見込み

アジアの原油価格は金曜日、需要増加と米ドル安を受けて急騰し、世界の原油指標であるブレント原油は3週間ぶりの週間値上がりを予想した。

2024-05-17
欧州と米国の株価が過去最高値に急上昇

欧州と米国の株価が過去最高値に急上昇

水曜日、ウォール街の主要株価指数は記録を更新した。S&P 500とナスダック100は、良好なCPI報告を発表したハイテク株に牽引され、1%以上上昇した。

2024-05-16
米国の4月のCPI - インフレが過去最高を記録

米国の4月のCPI - インフレが過去最高を記録

3月の消費者物価指数は住宅費とエネルギー費の上昇により3.5%に急上昇し、FRBによる利下げが差し迫っているとの見通しに暗雲が漂っている。

2024-05-15