豪ドルは反発したが懸念は残る

2024-04-17
序章

オーストラリアドルは米ドルに対して5か月ぶりの安値から反発した。中国の第1四半期GDPは外需に後押しされ、前年比5.3%増となった。

オーストラリアドルは水曜日、対米ドルで5カ月ぶりの安値から反発した。中国のGDPは第1四半期に前年比5.3%増加したが、これは一部外需のおかげだった。

モルガン・スタンレーは先週、中国の2024年の実質GDP予想を従来の4.2%から4.8%に引き上げた。しかし苦境に立たされている不動産セクターは引き続き弱さを見せている。


同国の不動産投資は前四半期に大幅に減少しており、これが鉄鉱石輸入に重くのしかかり、2023年第4四半期に急減速したオーストラリア経済に悪影響を及ぼしている。


鉄価格は、需要の低迷により100ドルを下回った後、今月は緩やかな上昇を見せた。シンガポールで取引される先物は、これまでのところ依然として約20%下落している。


キャピタル・エコノミクスによると、鉄鋼生産量の減少と汚染度の高い高炉の排出規制により、中国の鉄鉱石需要は2024年に1%、その後も2%減少する見通しだ。


世界鉄鋼協会は、世界需要が1.7%と堅調に伸びると予測しているが、インドからの輸出の減少やオーストラリアなどにおける生産問題により、供給不足が生じる可能性がある。

AUDUSD

オーストラリアドルは200SMAと0.6450付近のサポートを突破し、今後さらなる苦戦が予想される。買い手が戻る可能性がある次の水準は0.6330だ。


免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、信頼できる財務、投資、その他のアドバイスを意図したものではありません (また、そのように見なされるべきではありません)。この資料に記載されている意見は、EBC または著者による、特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の個人に適しているという推奨を構成するものではありません。

絶望的な円安にもかかわらず日経平均は39,000円を回復

絶望的な円安にもかかわらず日経平均は39,000円を回復

火曜日、円は1ドル160円と34年ぶりの安値を付け、アジア株を圧迫した。日本の日経平均株価は3万9000円となり、6月11日以来の高値となった。

2024-06-25
テクノロジー疲れと市場の慢心が投資家を不安にさせる

テクノロジー疲れと市場の慢心が投資家を不安にさせる

S&P 500とナスダック100は金曜日に若干下落して取引を終えた。エヌビディア株は2日連続で下落し、大手テクノロジー企業の疲弊の兆候を示した。

2024-06-24
政策決定を受けてポンドはスイスフランに対して上昇を続ける

政策決定を受けてポンドはスイスフランに対して上昇を続ける

ポンドは、イングランド銀行とスイス中銀の政策の相違により、金曜日にスイスフランに対して3度目の上昇を狙ったが、市場の雰囲気が悪く、その上昇は抑制された。

2024-06-21