ウォール街、円救済のための日本の手段に疑問

2024-05-15
序章

円は4月末に160円まで急落した後、一時的に反発したが、1週間も経たないうちに再び下落し、市場の懸念を引き起こした。

日本円は4月末に1ドル=160円まで急落した後、急騰したが、この上昇は1週間も続かなかったため、再び通貨安が進む可能性が高まっている。

USDJPY

日本当局は行動を起こしたかどうかの確認を拒否した。ブルームバーグの経常収支分析によると、日本は今月第1週におそらく2回市場に参入したとみられる。


日本の外貨準備高は4月に1兆1,400億ドルに減少したが、これは主に外国証券の保有量の減少によるものだ。ヘッジファンドは介入の兆候にもかかわらず、ますます弱気になった。


オプション取引業者によると、レバレッジファンドは、1~3カ月物のリバース・ノックアウト・コールオプション契約を通じて、円が160円に向けて再び下落するという予想に再び参入している。


ノムラ・インターナショナルの外為オプション取引部門グローバル責任者ルチル・シャルマ氏は「市場は、米ドル/円が当局によって上限が160円に設定されたレンジ内で行き詰まっていると見ている」と述べた。


同氏は、ドルを実際に必要とする個人投資家や輸入業者による国内のドル需要によって、通貨ペアの下落幅は152ドル前後に抑えられると見ている。


さらなるハイキング

バンガード・グループとPIMCOは、日銀が今年3回の0.25ポイントの利上げを実施すると予想しており、市場の見通しが保守的すぎることを示唆している。ゴールドマン・サックスは、2027年までに金利が1.5%に上昇すると予想している。


「市場は日銀を過小評価していると思う」とバンガードのアレス・コウトニー氏は言う。「市場は、この状況から抜け出す唯一の方法は、日本がかなりタカ派的なメッセージを送ることだと理解している」


同氏はまた、世界経済が大幅に減速し、日本の投資家が海外資産へのエクスポージャーを減らすよう促した場合にのみ、日本円は1ドル=100円に向けて「継続的な強気の動き」を維持するだろうと述べた。


バンク・オブ・アメリカが発表した調査によると、回答者の半数以上が円が160円かそれ以上に戻ると見ている。3分の1弱が155円前後で安定すると見ているが、150円への反転を予想する回答者はいない。


ブラックロックの日本アクティブ投資部門責任者、バンバ・ユエ氏は、FRBの利下げがなければ円は徐々に170円台まで下落する可能性があるが、その逆の場合は130~135円の水準も「十分考えられる」とみている。


円の適正価値は現在の水準より「はるかに高く」、130円台には十分達するだろう。円が150円を超えて上昇すれば、海外投資家は安心して市場に戻ってくるだろう、と同氏は述べた。


日銀は月曜日、通常のオペで国債購入額を4月24日よりも少ない額に抑えることを申し出た。バンバ氏は日銀が国債購入額を減らした後、7月か10月に利上げする可能性があると予想している。


少しの余裕

日本商工会議所の小林健会頭は、日本政府と中央銀行は、企業の事業運営の柔軟性を高めるために、為替レートを1ドル当たり120~130円のレベルにすることを目標にすべきだと主張した。


「円が1ドル150円前後で推移する中、中小企業はすでに非常に厳しい状況にある」と同氏は述べ、中小企業が人件費を顧客に転嫁するのに苦労していることを指摘した。


しかし、企業の資金繰り問題や経済への潜在的な影響を考慮すると、日銀がすぐに急激な動きをすることは難しいだろうと付け加えた。


バンク・オブ・アメリカのストラテジスト、アレックス・コーエン氏は、米国を巻き込んだ協調的な取り組みは、「市場に過度のボラティリティや無秩序で流動性のない状況」がある場合にのみ正当化されると考えている。

Fed's preferred inflationmeasures running above target

ドル安がFRBのインフレ対策の妨げになる可能性があるため、現時点で米財務省が譲歩できるのは日本の単独行動の暗黙の承認が限界のようだ。


米国、日本、韓国の財務相らは1カ月前、初の3国間会合で外国為替市場の動向について緊密に協議する取り組みを強化することで合意した。


それでもジャネット・イエレン財務長官は月曜日、市場への政府介入にやや難色を示した。「介入は極めて稀にしか起こらないはずだと我々は考えている」と彼女は述べた。


免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、信頼できる財務、投資、その他のアドバイスを意図したものではありません (また、そのように見なされるべきではありません)。この資料に記載されている意見は、EBC または著者が特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の個人に適していることを推奨するものではありません。

絶望的な円安にもかかわらず日経平均は39,000円を回復

絶望的な円安にもかかわらず日経平均は39,000円を回復

火曜日、円は1ドル160円と34年ぶりの安値を付け、アジア株を圧迫した。日本の日経平均株価は3万9000円となり、6月11日以来の高値となった。

2024-06-25
テクノロジー疲れと市場の慢心が投資家を不安にさせる

テクノロジー疲れと市場の慢心が投資家を不安にさせる

S&P 500とナスダック100は金曜日に若干下落して取引を終えた。エヌビディア株は2日連続で下落し、大手テクノロジー企業の疲弊の兆候を示した。

2024-06-24
政策決定を受けてポンドはスイスフランに対して上昇を続ける

政策決定を受けてポンドはスイスフランに対して上昇を続ける

ポンドは、イングランド銀行とスイス中銀の政策の相違により、金曜日にスイスフランに対して3度目の上昇を狙ったが、市場の雰囲気が悪く、その上昇は抑制された。

2024-06-21