堅調な需要により金価格は上昇を再開

2024-05-15
序章

金価格は、4月の米国生産者物価上昇を受けてドルと国債利回りが低下したことで反発し、水曜日は安定した。

金価格は水曜日、米国の生産者物価が4月に予想以上に上昇したことを示すデータを受けてドルと国債利回りの下落を背景に反発し、変わらずとなった。

金価格は今年約14%上昇し、ドル建てではすべての主要株価指数を上回っている。世界の債券市場は中央銀行がインフレを警戒しているため脆弱なままであり、高利回りにもかかわらず金は磨かれている。


ジェローム・パウエルFRB議長は、インフレ率は昨年と同様に今年も引き続き低下すると予想しており、FRBが再び金利を引き上げざるを得なくなる可能性は低いと指摘した。


世界銀行によれば、地政学的緊張が高まる中、いくつかの新興・途上国(EMDE)の中央銀行からの強い需要と中国でのETFの取引増加が価格高騰を支えている。


注目すべきは、中国人民銀行がドル準備からの分散化を図るため、3月に金購入を17カ月連続で延長し、月間購入期間としては最長の記録を樹立したことだ。


WGCがまとめたデータによると、エレクトロニクス分野の回復に支えられ、第1四半期の工業および技術部門の金需要は急増した。AIブームのおかげで、この傾向は続くと予想される。

XAUUSD

黄金は1週間以上狭い範囲で推移しており、50SMAが潜在的なサポートとなっている。2,380ドルを超えると、2,400ドルに向けて持続的な上昇が見込まれる。


免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、信頼できる財務、投資、その他のアドバイスを意図したものではありません (また、そのように見なされるべきではありません)。この資料に記載されている意見は、EBC または著者が特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の個人に適していることを推奨するものではありません。

原油価格は夏に向けて週ごとに上昇する見込み

原油価格は夏に向けて週ごとに上昇する見込み

原油価格は金曜日に下落したが、高い米金利と堅調な需要見通しのバランスを取り、4週間ぶりの週間上昇を目指した。

2024-06-14
金は中国の買いと米国の金利の間で揺れ動く

金は中国の買いと米国の金利の間で揺れ動く

金価格は、インフレ報告が好調だったことと、FRBが今年の利下げ予想を3回から1回に引き下げたことを受けて、木曜日に下落した。

2024-06-13
​米国CPI5月 - 米国のインフレ率は4月にわずかに低下

​米国CPI5月 - 米国のインフレ率は4月にわずかに低下

米国のインフレは4月に若干緩和し、家計にいくらかの安心感を与えた。消費者物価指数は前年比3.4%上昇し、予想通りとなった。

2024-06-12