ユーロはECBタカ派と不自由なドイツの間で揺れる

2024-01-19
序章

経済見通しが暗い中、ユーロは約1カ月ぶり安値に下落した。 ECBは2024年第4四半期の縮小を予測している。米国との対比がプレッシャーを与える。

ユーロ圏の見通しが米国に比べて依然暗く、リスクセンチメントが悪化しているため、ユーロの上昇傾向は2024年に失速し、対米ドルで1カ月ぶり安値付近で推移した。

EURUSD

中銀副総裁によると、経済は前四半期に再び低迷する見通しだが、最近のインフレの回復は今後数カ月間続くと予想される。


ルイス・デギンドス氏は「エネルギー基盤のプラス効果が始まり、エネルギー関連の補償措置が期限切れとなり、一時的なインフレの加速につながるだろう」と述べた。


12月の年間インフレ率は前年比2.9%上昇と予想の3%を下回り、7カ月連続の下落に終止符を打った。一方、ユーロ圏の企業活動の縮小は2023年末も続いた。

Annual inflation

HCOBの総合PMIは7カ月連続で50を下回った。産出価格は6月以来の速いペースで上昇し、インフレ闘争に終止符を打つのは時期尚早である可能性を示唆している。


EUの最大の貿易相手国である中国は、第4四半期のGDP統計が予想を若干下回ると報告し、2023年の成長率は5.2%となった。昨年は新築住宅価格が約9年間で最悪の下落を記録しており、不動産リスクが尾を引いている。


利下げ幻想?

ブルームバーグのエコノミスト調査によると、インフレの後退がこれまでの予想よりも早くなっていることから、ECBは今年4回利下げする予定だという。最初のプロジェクトはおそらく6月に開始されるでしょう。


エコノミストらは現在、今年の物価上昇率は2.3%に鈍化し、2025年には平均2.1%にとどまると予想している。中銀は、昨年の劇的な景気減速が2024年も続く可能性はほとんどないとの見方を示した。


調査では、2023年下半期に景気後退が起こり、その後緩やかな回復が続き、今年中に加速する可能性があることが示された。米国とユーロ圏の差が縮まる可能性は依然として低い。


投資家は年末までに150bpの利下げを織り込みており、4月の最初の措置は完全に織り込まれているが、一部の政策当局者は最近、こうした見方に反応してタカ派的な傾向を示している。


ECB首席エコノミストのフィリップ・レーン氏は金曜日、最近のインフレ統計は12月理事会の評価をほぼ裏付けており、利下げは短期的な議論のテーマではないことを意味していると述べた。


理事会メンバーのロバート・ホルツマン氏は月曜日、「ここ数週間に我々が見てきたことはすべて逆の方向を示しているため、今年は利下げがまったく行われない可能性すらある」と述べた。


同氏はまた、イスラエル・ハマス戦争がヒズボラとフーシ派を巻き込んだ地域戦争にエスカレートする中、中東における地政学的な変化という「根底にある問題」にも警告を発した。


ドイツが軌道に乗らない

かつては機関車だったドイツは、今ではヨーロッパの後塵を拝している。昨年は金利とエネルギーコストの上昇が重なり、主要経済国の中で最も業績が悪かった。


先進国は2023年に平均1.5%成長したが、ドイツの生産量は0.3%縮小し、ロシアのガスと中国の需要の喪失に対する製造業の脆弱性が浮き彫りとなった。

Gross domestic product

2023年の国内総生産(GDP)は2019年より0.7%増加した。コメルツ銀行のチーフエコノミスト、イェルク・クレーマー氏は「コロナウイルスの発生以来、ドイツ経済がほとんど成長していないのが心配だ」と述べた。


OECDによると、同国の成長率は今年0.6%に上昇すると予想されているが、依然として世界で最も弱い大経済国の一つだという。アナリストの中には、最悪の事態はまだ来ていないと言う人もいる。


オランダの銀行INGのマクロ調査グローバル責任者、カールステン・ブルゼスキ氏は、「差し迫った回復は見られず、経済は2000年代初頭以来の2年ぶりの景気後退を経験しそうだ」と述べた。


ドイツの破産率は今年10~30%増加し、パンデミック前の水準を超えると予想されている。ファルケンシュテッグのデータによると、昨年末の破産によって救われる企業はわずか52%だった。


政府は先月、予算全体から170億ユーロを削減し、債務ブレーキはそのまま放置することで合意に達したが、これほど悪いタイミングでの実現は考えられない。


免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、財務、投資、またはその他の依存すべきアドバイスを意図したものではありません (また、そのようにみなされるべきではありません)。資料に記載されているいかなる意見も、特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の人物に適しているという EBC または著者による推奨を構成するものではありません。

金曜日、リスク回避の波が市場に押し寄せた

金曜日、リスク回避の波が市場に押し寄せた

イスラエルがイランを攻撃しているという報道が浮上し、投資家が安全通貨を求める中、金曜日の市場ではリスク回避の波が広がった。

2024-04-19
木曜日も通貨圧力は続く

木曜日も通貨圧力は続く

木曜日、ドルは下落したが、他の通貨への圧力は続いた。好調なデータにより、FRBが6月に利下げを行うとの期待は弱まった。

2024-04-18
ポンドは下落から上昇へ

ポンドは下落から上昇へ

水曜日のパウエルFRB議長の発言はインフレ目標の進展が限定的であることを理由にドルを小幅上昇させた。トレーダーらは2024年までに40ベーシスポイントの利下げを予想している。

2024-04-17