タカ派中央銀行の圧力を受ける金

2023-11-10
序章

ドル高の影響で金相場は横ばいとなり、月間で最悪の週となる見通しだが、パウエルFRB議長のタカ派的発言を受けて財務省利回りが上昇した。

金曜日の金価格は横ばいで、パウエルFRB議長のタカ派発言後のドル高と国債利回りが重しとなり、ここ1カ月超で最悪の週を記録した。

FRB当局者らはよりタカ派的な見通しを採用しており、インフレ率が目標の2%に戻り続けない場合には追加利上げの可能性は依然として残っていると強調した。


ドル指数はここ2カ月で最高の週を迎えることになった。先週、新たに失業手当を申請した米国人の数が減少した。


他の中央銀行もこのグループに加わり、市場がインフレとの戦いについて楽観的になりすぎる可能性があると示唆した。 FRBが先週の会合でよりハト派的な姿勢に転じたことで、現在は金利がピークに達していると予想されている。


RBAは金曜日、経済成長と雇用の予測を引き上げる一方、最近の利上げを受けてインフレがさらに上振れするリスクがあると警告した。


BOEのチーフエコノミスト、ヒュー・ピル氏は木曜日、来年の利下げの可能性について議論した週初めとはトーンを変え、インフレを抑制するには金利を現在の水準に維持することが不可欠であると述べた。

XAUUSD

投資家がインフレ緩和の偽りの夜明けを認識しているため、金は苦戦が続く可能性がある。ダブルトップのパターンは弱気シグナルを強めており、下降トレンドを打ち消すには1965年の水準を上回る上昇が必要である。


免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、財務、投資、またはその他の依存すべきアドバイスを意図したものではありません (また、そのようにみなされるべきではありません)。資料に記載されているいかなる意見も、特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の人物に適しているという EBC または著者による推奨を構成するものではありません。

投資家は休暇前に米国株に強気の姿勢を強める

投資家は休暇前に米国株に強気の姿勢を強める

アジア株は火曜日、世界的なインフレデータを待って横ばい。ウォール街はメモリアルデーのため休場。投資家はインフレ抑制の兆候をみて買いを入れている。

2024-05-28
日本はG7とともに円支援を新たに推進

日本はG7とともに円支援を新たに推進

円は月曜日に上昇したが、納得のいく反発には至らなかった。政策の収束が予想されるにもかかわらず、トレーダーらは年間11%の下落に困惑した。

2024-05-27
ロシアの供給と米国の在庫が原油市場を悩ませている

ロシアの供給と米国の在庫が原油市場を悩ませている

金曜日の原油価格は、インフレ懸念の中、季節的な燃料需要に支えられ、投資家がFRBの金利コメントを消化したことで安定を維持した。

2024-05-24