金と銀は最近の下落にもかかわらず堅調

2024-05-30
序章

金と銀の価格はインフレ懸念により木曜日に下落した。最近の下落にもかかわらず、アナリストらは来年には価格が上昇すると予想している。

金と銀は木曜日、投資家がインフレデータを警戒したため下落した。価格は先週の最高値から大きく下がっているが、アナリストはこれらの金属が今後12カ月で上昇すると予想している。

UBSのストラテジストらは、中国の需要増と4月の一連の軟調な米国経済指標を理由に、金価格の予想を9月末までに1オンス当たり2,500ドル、年末までに2,600ドルに引き上げた。


中国は現在、金地金の消費者需要で首位を占めており、2023年にはインドを抜いて世界最大の金宝飾品購入国となる見込みだ。WGCは、需要は今年も高止まりする可能性があるとしている。


金の貧乏いとこである銀は、太陽光パネルへの応用から一部恩恵を受け、絶好調だ。裁定取引の枠がさらに拡大したことで、中国の銀輸入は今後数週間で急増する可能性がある。


世界第2位の経済大国である中国では、ここ数カ月間、旺盛な需要が見られ、12月には3年ぶりの高水準に達した。TDは、このことが西側諸国への供給を圧迫する可能性が高いと警告した。


上海のスポット価格のプレミアムは先週15%以上上昇し、中国が輸入に課している13%の税金を補って余りあるほどだった。同時に、中国の金在庫は減少している。

XAGUSD

白金はダブルトップパターンを形成し、30ドル前後の安値を再テストする可能性があるという弱気の兆候を示している。逆に、32.50ドルを上抜ければ、さらなる上昇につながる可能性が高い。


免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、信頼できる財務、投資、その他のアドバイスを意図したものではありません (また、そのように見なされるべきではありません)。この資料に記載されている意見は、EBC または著者が特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の個人に適していることを推奨するものではありません。

テクノロジー疲れと市場の慢心が投資家を不安にさせる

テクノロジー疲れと市場の慢心が投資家を不安にさせる

S&P 500とナスダック100は金曜日に若干下落して取引を終えた。エヌビディア株は2日連続で下落し、大手テクノロジー企業の疲弊の兆候を示した。

2024-06-24
政策決定を受けてポンドはスイスフランに対して上昇を続ける

政策決定を受けてポンドはスイスフランに対して上昇を続ける

ポンドは、イングランド銀行とスイス中銀の政策の相違により、金曜日にスイスフランに対して3度目の上昇を狙ったが、市場の雰囲気が悪く、その上昇は抑制された。

2024-06-21
中国のデータに失望、原油価格が下落

中国のデータに失望、原油価格が下落

原油価格は水曜日、需要の楽観と紛争への懸念が米国の原油在庫の増加を相殺したため、7週間ぶりの高値から下落した。

2024-06-20