非鉄金属の概要と投資分析

2024-05-17
序章

非鉄金属は経済拡大期には好調に推移しますが、感情的な要因により変動する可能性があります。投資家は需給と世界的動向を注視する必要があります。

金の価格が上昇するにつれ、非鉄金属が再び注目を集めています。そして、その過度な上昇により、非鉄金属は求められています。しかし、多くの人々は投資の傾向を理解しておらず、従っておらず、その上昇傾向が続くかどうか非常に疑問に思っています。したがって、この記事では、非鉄金属の詳細な紹介、プロファイル、および投資分析を提供します。

Non-ferrous metal非鉄金属とは何ですか?

金属といえば、まず金と銀を思い浮かべるでしょう。もう一度考えてみてください。おそらく銅と鉄を思い浮かべるでしょう。材質の分類によると、金属は鉄と非鉄に分けられます。これら4つの金属は人類に最も馴染みのあるものですが、鉄は鉄金属で、その他は非鉄金属です。鉄金属とは、鉄とその合金(鋼鉄や鋳鉄など)、マンガン、クロムのことです。その他の金属はすべて非鉄金属です。


一般的な非鉄金属は、基本非鉄金属、貴金属、レアメタル、レアアース金属など、いくつかのカテゴリに大別できます。基本金属は産業界で最も広く使用されており、生産量と消費量も大きいです。アルミニウム(Aluminium)、銅(Copper)、鉛(Lead)、亜鉛(Zinc)、ニッケル(Nickel)、スズ(Tin)などが含まれます。


貴金属は希少性と高い経済的価値のため、ジュエリー、投資、工業用途に広く使用されています。これらには、金(Gold)、銀(Silver)、プラチナ(Platinum)、パラジウム(Palladium)などが含まれます。自然界での希少金属の埋蔵量は少ないですが、ハイテク分野では重要な用途があります。チタン(Titanium)、タングステン(Tungsten)、モリブデン(Molybdenum)、リチウム(Lithium)、ジルコニウム(Zirconium)などが含まれます。


希土類金属には、現代の技術、特に電子機器、磁性材料、触媒において重要な役割を果たす 17 種類の化学元素が含まれます。これらには、ランタン、セリウム、プラセオジム、ネオジム、プロメチウム、サマリウム、ユーロピウム、ガドリニウム、テルビウム、ジスプロシウム、ホルミウム、その他の希土類金属が含まれます。: ホルミウム (Holmium)、エルビウム (Erbium)、ツリウム (Thulium)、イッテルビウム (Ytterbium)、ルテチウム (Lutetium)、スカンジウム (Scandium)、イットリウム (Yttrium)、その他。


これらの主要グループに加えて、重要な産業および技術用途を持つ非鉄金属が多数あります。たとえば、マグネシウム(マグネシウム)、カリウム(カリウム)、ナトリウム(ナトリウム)、カルシウム(カルシウム)、バリウム(バリウム)などです。これらの金属は、航空宇宙、エレクトロニクス、化学、建設、輸送、医療など、さまざまな業界でさまざまな役割を果たしています。それらの特性と特徴により、現代の産業および技術の発展にとって重要な基礎材料となっています。


このカテゴリには、金などの黄色の金属、アルミニウムや銀などの白色の金属、銅などの赤色の金属など、さまざまな色の金属が含まれます。これらの金属は、金色であることから黄色の金属、アルミニウムや銀を含む白色の金属、酸化すると赤みがかった色になることから銅を指す赤色の金属など、さまざまな色で名前が付けられています。


非鉄金属のほとんどは通常非磁性ですが、強磁性材料は通常磁化されません。また、非鉄金属の種類によって密度と硬度の特性が異なります。たとえば、アルミニウムなどの一部の金属は密度が比較的低いですが、タングステンなどの他の金属は密度が高くなります。


同時に、ほとんどの非鉄金属は耐腐食性が高く、酸化や錆びが発生しにくいです。たとえば、アルミニウムの表面に形成される酸化アルミニウム層は、さらなる酸化や腐食を効果的に防ぎます。これらの金属は、一般的なアルミニウム合金や銅合金のように、合金化して特性を改善することもできます。合金化により、金属の硬度、強度、耐腐食性などの特性を調整して、さまざまな業界や用途に適したものにすることができます。


アルミニウムやチタンなどの金属は、軽量で強度が高いため、航空宇宙産業で広く使用されています。航空機の胴体、エンジン部品、宇宙船の構造などの製造に使用され、全体の重量を軽減しながら十分な強度を提供し、飛行性能と燃料効率を向上させることができます。


ステンレス鋼や銅合金などの金属は、耐食性に優れているため、さまざまな化学機器や容器の製造によく使用されます。化学業界では、容器や機器がさまざまな化学物質と長時間接触する必要があるため、耐食性は非常に重要な考慮事項です。


ステンレス鋼は鉄、クロム、ニッケルなどの元素で構成されており、耐食性と機械的特性に優れており、化学反応器、タンク、配管などの製造によく使用されます。銅合金も耐食性に優れており、化学業界では配管、バルブ、ポンプなどの機器に広く使用されています。


金、銀、プラチナなどの貴金属は、ジュエリーやコインの製造によく使用されます。独特の外観と優れた質感を備えているため、ジュエリーの製造に広く使用されています。金は黄色の貴金属で、耐腐食性が高く、美しい外観をしており、さまざまなジュエリー、指輪、ネックレス、その他のジュエリーアイテムの製造によく使用されます。


銀は白色の貴金属で、さまざまなジュエリーや装飾品の製造にもよく使用されます。プラチナは安定性と耐腐食性に優れた白色の貴金属で、高級ジュエリーやコインの製造によく使用されます。これらの貴金属は、その価値ある特性により、コレクションや投資の価値があると考えられています。


金、銀、プラチナなどの貴金属は、その貴重さと幅広い用途から高価であり、ジュエリー、コイン、工芸品、その他の製品によく使用されます。タンタル、リチウム、ニオブなどの希少金属も、供給量が限られていることと、特殊な物理的・化学的特性を持つことから比較的高価であり、ハイテク分野や新興産業での需要の増加につながっています。


これらの高価値の非鉄金属は世界市場で広く取引されており、国際経済と産業の発展に大きな影響を与えています。同時に、幅広い用途と独自の特性により、これらの金属はハイテクおよび工業分野で大きな経済的価値を持っています。


これらの金属は、航空宇宙、電子機器、化学機器、医療機器などのハイテク製品の製造に使用されているほか、建設、運輸、エネルギーなどの伝統的な産業にも広く使用されています。これらの金属は、その優れた性能と多様な用途により、現代産業にとって最も不可欠で重要な材料の1つであり、経済成長と技術進歩を促進する上で重要な役割を果たしています。


非鉄金属の用途が広く、その重要性も高いことから、投資家は非鉄金属を市場での投資対象としてますます重視するようになっています。特に、世界経済の持続的な成長と工業化の加速を背景に、こうした金属の需要は引き続き高く、投資分野における魅力がさらに高まっています。物理的な投資オプションであるだけでなく、投資家は関連する金属先物、株式、上場投資信託 (ETF) などの金融商品を購入することで金属市場に参加することもできます。

Relationship between non-ferrous and ferrous metals非鉄金属業界の動向

一般的に、非鉄金属は景気循環に左右されるセクターです。つまり、景気循環のときにパフォーマンスが上がるのが普通です。このセクターの歴史を振り返ると、景気拡大期には成長が見込まれ、景気後退期には苦境に立たされる傾向があります。特に、大きな強気相場のときには、このセクターは市場全体を上回るパフォーマンスを示し、景気循環期にこうした金属が持つ利点の一部を示しています。

まず、2006 年 1 月から 2007 年 11 月にかけて 1 年 10 か月続いた大規模な強気相場がありました。この期間中、A 株市場全体が強気相場となり、上海証券取引所の株価指数は過去最高値を更新し、金属セクターの景気循環的なパフォーマンスは市場全体を上回りました。


2 度目の大きな強気相場は 2008 年 11 月から 2010 年 11 月まで 2 年間続きました。世界的金融危機にもかかわらず、中国は世界的な金融緩和による財政刺激策を実施し、金属セクターは景気循環的に市場全体を上回り続けました。


3回目の大規模な強気相場は2014年6月から2016年10月まで発生し、2年4か月続きました。この期間中、A株市場は再び大規模な強気相場を経験し、金属セクターの景気循環的なパフォーマンスは引き続き堅調で、市場全体よりもはるかに上昇しました。大規模な強気相場の各ラウンドで、金属セクターは市場全体を上回り、経済サイクルにおける金属の一定の優位性を示しました。


この過去のデータからわかるように、非鉄金属の需要は、経済成長が好調で工業生産が拡大しているときに増加するのが一般的です。これは、建設、インフラ開発、製造などの業界からの銅、アルミニウム、ニッケルなどの金属の需要が増加するためです。景気後退時には、建設や製造活動が鈍化し、原材料の需要が減少するため、このような金属の需要は通常減少します。


銅やアルミニウムなどの金属はインフラで重要な役割を果たしており、建築構造、配管システム、電気機器製造によく使用されています。不動産業界では、アルミニウム合金や鋼などの材料が窓、ドア、カーテンウォール、配管などの建築部品の製造によく使用されており、耐腐食性、軽量性、優れた電気伝導性により、現代の建設に最適です。これらの金属の使用は、建設プロジェクトに信頼性の高い材料サポートを提供し、インフラおよび不動産セクターの成長に貢献しています。


これらの金属は、製造業、特に自動車、航空宇宙、電子機器などのハイエンド製造業においても重要な役割を果たしています。たとえば、銅は電気・電子機器で広く使用されており、アルミニウムは自動車や航空宇宙分野の軽量設計によく使用され、ニッケルなどの金属はバッテリーやステンレス鋼の製造に使用されています。したがって、これらの製造業が拡大・発展するにつれて、そのような金属の需要もそれに応じて増加します。


さらに、世界経済の状況、貿易関係、地政学的状況などの要因が非鉄金属の価格と需要に影響を及ぼす可能性があります。経済成長の減速はそのような金属の需要の減少につながる可能性があり、一方で経済回復は需要の増加を刺激する可能性があります。貿易関係の緊張と貿易戦争は貿易制限と不確実性につながり、国際貿易と金属の価格変動に影響を与える可能性があります。地政学的緊張は資源供給の混乱や地域紛争につながる可能性があり、それが今度は金属市場の安定性と価格変動に影響を及ぼす可能性があります。


インフレは通常、通貨の過剰発行や商品相場の上昇などの要因によって引き起こされ、非鉄金属価格に直接影響を及ぼします。大量の通貨が発行されると、銅などの金属の価格が上昇する傾向があります。また、インフレは上場企業の財務報告にも反映され、利益と株価の急上昇をもたらします。現在の世界経済の回復のペースとインフレの程度はかつてないほど高く、銅などの金属の価格はさらに上昇する可能性があります。


上記の論理と過去の実績に基づくと、非鉄金属は経済拡大期に好調なパフォーマンスを示すのが一般的です。投資家は、経済指標、世界貿易の動向、インフラプロジェクトなどの要因に注目して、金属市場の動向を判断できます。関連株、先物、上場投資信託 (ETF) を購入するなどして、こうした金属へのエクスポージャーを増やすこともできます。また、不況時には、こうした金属の市場が圧迫される可能性があり、投資家は安全資産や他のパフォーマンスの良いセクターを優先して、こうした資産の保有を減らす可能性があります。

非鉄金属の最新価格非鉄金属の投資分析

2024年の初めから4月まで、非鉄金属は資本市場で非常に求められていました。価格も上昇し、一時は5.591まで上昇しました。市場全体を大幅に上回っていました。しかし、4月15日以降は下降傾向にあり、依然として大きなショックを受けているため、多くの投資家はその傾向を把握できていません。


実際、非鉄金属市場の浮き沈みを理解する鍵は、各金属の固有の要因を理解することです。たとえば、銅、アルミニウム、その他の非鉄金属の場合、経済成長、インフラ、工業生産活動の変化が主な影響要因の1つです。通常、経済の拡大とインフラ投資の増加により、これらの金属の需要が高まり、価格が上昇します。同時に、世界経済の発展、貿易関係、地政学的状況の変化も金属市場に影響を与える可能性があります。


金は安全資産とみなされることが多いため、地政学的緊張が高まったり、通貨切り下げやインフレなどのリスクに対する市場のエクスポージャーが高まったりした場合に、投資家は金に目を向ける傾向があります。中央銀行の金融政策の変更も金の価格に影響を与える可能性があり、特に中央銀行が金融緩和政策を採用した場合はその傾向が見られます。投資家はインフレに対するヘッジとして、または資産配分の一部として金を購入することがあります。


世界的な金融政策の影響に加え、銅の需給も価格決定に重要な役割を果たしている。特に近年、電化の加速とグリーン経済の発展に伴い、電力設備や電気自動車などの分野での銅の需要が大幅に増加し、銅価格に新たなサポート要因を提供している。そのため、投資家は銅価格の動向をより適切に判断するために、世界的なサプライチェーンの変化や電気自動車などの新興産業の発展に注意を払う必要がある。


アルミニウムの価格は、他の要因よりも建設業界の需要に大きく左右されます。金融政策の緩和によりアルミニウム価格が上昇する可能性もありますが、中国の不動産業界の需要の減少により、アルミニウム価格の上昇は短期的には限定的になる可能性があります。したがって、投資家は、アルミニウム価格の今後の動向をより正確に評価するために、世界の建設業界の動き、特に中国の不動産市場の変化に細心の注意を払う必要があります。


希土類元素やエネルギー金属(ニッケル、コバルト、リチウムなど)の価格は、需要と供給によって左右されます。需要が高まっているにもかかわらず、供給過剰は依然として価格に影響を与える大きな要因です。特にリチウムなどのエネルギー金属市場では、供給過剰が深刻化しており、価格が継続的に下落しています。したがって、投資家は市場の変化をよりよく把握するために、世界的な需給バランスや、各国の政策がこれらの金属産業に与える影響に注意を払う必要があります。


非鉄金属セクターのこの反発は工業需要の伸びと関連しているが、このような誇張された上昇には、感情に左右される要因がより大きな役割を果たした可能性がある。そして通常、これらの感情に左右されるホットスポットは上昇が速いことが多いが、下落も同様に急速であるため、この場合は慎重な姿勢を取り、盲目的にトレンドに従わないことが推奨される。結局のところ、市場感情は不安定であり、時にはすぐに頭打ちになることもある。

非鉄金属産業の発展動向
業界動向 キーファクタ インパクト
産業は急速に電化しています。 電気自動車の需要増加 金属の需要は増加し続けています。
グリーン経済の需要の高まり 環境政策は産業を再編している。 レアメタル市場の明るい見通し
サプライチェーンとリソースシフト 地政学、貿易、サプライチェーンの安定性 需要と供給の変化により価格の不確実性が高まる。

免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、信頼できる財務、投資、その他のアドバイスを意図したものではありません (また、そのように見なされるべきではありません)。この資料に記載されている意見は、EBC または著者が特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の個人に適していることを推奨するものではありません。

Metaの株式分析と投資洞察

Metaの株式分析と投資洞察

メタの強固な財務と多様な事業は、競争や市場の変化にもかかわらず、長期投資家にとって同社の株式を魅力的なものにしています。

2024-06-14
購買力平価:理論の基礎と応用

購買力平価:理論の基礎と応用

購買力平価理論では価格に基づく為替レート評価を使用しますが、コストや政策により失敗する可能性があります。その外国為替の制限を理解してください。

2024-06-14
スタグフレーションの原因、影響、対応

スタグフレーションの原因、影響、対応

スタグフレーションとは、供給不足と需要低下によって生じるインフレであり、経済の減速と物価上昇を引き起こし、金融政策によって対処されます。

2024-06-14