シャープレシオの計算と適用ガイド

2024-05-17
序章

シャープ比率はリスク調整後の収益を測定し、リスク単位あたりの収益率が高い強力な投資を選択するのに役立ちます。

市場には多くの投資商品があり、適切な投資プログラムを選択することは確かに困難です。ファンドだけを例にとると、中国市場には合計 12,518 のファンドがあります。どのように選択するかは複雑な作業です。株式や債券など、他の金融商品は言うまでもありません。そのため、投資家は意思決定に役立つ指標を探すことが多く、シャープレシオはその 1 つです。では、シャープレシオの計算と適用に関するガイドを詳しく見ていきましょう。

Sharpe Ratioシャープレシオとは何を意味しますか?

シャープレシオは、ポートフォリオまたは資産のリスク調整後の収益を測定するために使用される指標です。投資分野で最も重要な評価指標の 1 つであり、通常はさまざまな投資戦略やファンドマネージャーのパフォーマンスを比較するために使用されます。


これは、1960 年代にノーベル賞を受賞した経済学者ウィリアム F. シャープによって重要な指標として導入されました。その目的は、より正確なリスク調整後の投資収益率を提供することで、投資家がさまざまなポートフォリオや資産のパフォーマンスをより適切に評価し、それに応じて投資決定を下せるようにすることです。


リスク調整後のパフォーマンスは、ポートフォリオまたは資産の平均収益率とリスクフリー資産の収益率の差を比較することで評価されます。この差は超過収益と呼ばれ、シャープ比率が高いほど、ポートフォリオまたは資産がリスク単位あたりより多くの超過収益を獲得し、パフォーマンスが優れていることを意味します。


これは、ポートフォリオの超過収益(つまり、ポートフォリオ収益から無リスク収益率(投資家が利用できる無リスク投資収益)を差し引いたもの)とポートフォリオのボラティリティ(つまり、ポートフォリオ収益の標準偏差、つまりポートフォリオ収益の分散度合いを測定するもの)の関係を計算することにかかっています。


簡単に言えば、これは投資戦略の収益を無リスク金利から差し引き、標準偏差で割ることを意味します。これにより、リスク単位あたりの超過収益を定量化できます。この標準化された測定により、戦略間の比較がより正確で有意義なものになります。


Iron Egg が株式公開されている自動車会社に投資し、Tricia が株式公開されている電動スクーター会社に投資するとします。Iron Egg が投資した自動車会社のシャープレシオは 0.9 です。一方、Tricia が投資した電動スクーター会社のシャープレシオは 1 です。これは、Iron Egg が 0.9 単位の収益を得るために 1 単位のリスクを負い、Tricia が 1 単位の収益を得るために 1 単位のリスクを負ったことを意味します。


通常、シャープ比率が高いほど良いとされています。これは、投資家が同じリスクを負ってもより高いリターンを得られることを示しているからです。比率が高いということは、リスク調整後のリターンが比較的高い、より魅力的な投資戦略であることを示しています。逆に、比率がマイナスの値は、投資家がリスクがリターンを上回る状況に直面している可能性があり、その投資戦略は理想的ではない可能性があることを示しています。


ファンド A の年間収益が 12%、ファンド B の年間収益が 8% であると仮定します。また、リスクフリーレートは 3% であると仮定します。ファンド A の標準偏差は 15%、ファンド B の標準偏差は 10% です。計算により、ファンド A のシャープ比は 0.6、ファンド B のシャープ比は 0.5 であることがわかります。


ファンド A はリターンが高いものの、リスクが高いため、ファンド B よりも比率がわずかに低くなります。対照的に、ファンド B はリターンがわずかに低いものの、相対的にリスクが低いため、ファンド A よりも比率がわずかに高くなっており、ファンド B は相対的にリスクが低く、より安定したリターンを得ていることを示しています。


さらに、シャープ比率はトレーダーがエントリーとエグジットの決定を行うための便利なツールにもなります。適切な市場状況と相場で、トレーダーはシャープ比率を使用してさまざまな資産またはポートフォリオのリスクとリターンのバランスを評価し、より情報に基づいた投資決定を行うことができます。


比率が高い場合、投資戦略が比較的低いリスクで高い収益を生み出していることを示しており、通常、市場に参入するのに適した時期です。トレーダーは、より高い収益を得るために、比率の高い資産またはポートフォリオに投資することを好む可能性があり、市場がプラスの方向に動いたときにポジションを増やす可能性があります。


逆に、比率が低い場合は、リスク調整後のリターンが低いことを示し、市場から撤退する合図となる可能性があります。トレーダーは、リスクを軽減し、より魅力的な投資機会を探すために、パフォーマンスの低い資産またはポートフォリオのポジションを減らすことを検討する場合があります。


シャープ比率の重要性は、投資家が投資対象を選択する際にリターンとリスクの両方を考慮するよう促すことです。投資とは、単に高いリターンを追求することではなく、適切なリスクを取りながら最適なリターンを得ることです。この比率を使用することで、投資家は投資のリスクとリターンをより包括的に評価し、より合理的で情報に基づいた投資決定を行うことができます。

Sharpe ratio formulaシャープ比率がマイナスであることはどういう意味ですか?

一般的に、シャープ比率がプラスであることは、投資戦略がうまく機能していることを示す指標と見なされることが多いです。これは、その戦略が一定のリスクを負いながら比較的高い収益を達成していることを示しています。つまり、投資家は一定のリスクを負いながらより多くの収益を得ることができるということであり、そのような戦略は通常、より魅力的と見なされます。これは、リスク調整後のパフォーマンスが優れているためです。


逆に、この比率がマイナスの戦略の場合、投資家はリスクを負いながらリスクフリーレートよりも低いリターンしか得られず、損失を被る可能性もあります。この場合、投資家はリスクを負っているのにそれに見合ったリターンが得られないため、この戦略を魅力的だとは思わないかもしれません。したがって、この戦略は、リスク調整後のパフォーマンスを改善するためにさらに評価および調整する必要があるかもしれません。


これは、マイナスの場合、ポートフォリオまたは資産の期待収益がリスクのない資産 (国債など) の期待収益よりも低く、ボラティリティ (標準偏差) が高いことを示しているためです。これは通常、投資家がより大きなリスクを負い、負ったリスクに見合った収益を得ることができなかったことを意味します。


そして、そのマイナスの値は、通常、ポートフォリオまたは資産の収益レベルがリスクフリー資産の収益レベルよりも低く、場合によっては期待収益レベルよりも低いことを示しています。これは、投資家が期待収益を獲得できず、対応するリスクを負いながら損失を被った可能性もあることを意味します。


言い換えれば、投資家は損失とマイナスのリスク調整後リターンに直面している可能性があり、これは投資家の長期的な財務成長にはつながりません。したがって、シャープレシオがマイナスの場合、ポートフォリオまたは資産のパフォーマンスが期待を下回っており、投資戦略のさらなる評価と調整が必要であることを示しています。


マイナスになる理由はいくつかありますが、不適切な投資戦略、不利な市場状況、ポートフォリオの不適切な配分などです。投資家はポートフォリオまたは資産を慎重に見直してマイナス値の根本原因を特定し、投資パフォーマンスを改善するための適切な措置を講じる必要があります。これには、投資戦略の再評価、資産配分の最適化、リスク エクスポージャーの削減、より有望な投資機会の特定などが含まれます。


シャープ比率がマイナスの場合、投資家は注意が必要です。投資戦略に問題がある可能性があることを示しています。この場合、投資家はポートフォリオまたは資産配分戦略を見直して、マイナス比率の原因を特定し、適切な調整措置を講じる必要があります。


シャープレシオの実用的活用

リスク調整後のリターン指標として、シャープレシオは投資家に投資戦略のパフォーマンスを評価するための重要なツールを提供します。合理的な範囲内でシャープレシオを選択することにより、投資家はリスクテイクの状況において投資戦略によって達成されるリターンのレベルをより包括的に理解し、パフォーマンスをより正確に評価して、より優れた投資計画と決定を行うことができます。


初心者投資家には、0.5 ~ 0.8 のシャープ比率が推奨されます。この範囲内の値は、通常、リスクとリターンのバランスが比較的良好で、パフォーマンスが比較的堅調な投資戦略であることを示します。初心者投資家にとって、堅調な投資パフォーマンスは理解しやすく、受け入れやすく、投資市場への信頼を築くのに役立ちます。


一方、経験豊富な投資家は、投資目的、リスク許容度、市場状況に基づいて適切な比率を選択する場合があります。投資家の中には、より高いリターンを求め、より大きなリスクを負っても構わないと考えている人もいるため、より高い比率を選択する場合があります。他の投資家はより保守的で慎重であり、投資リスクを軽減するために低い比率を選択することを好む場合があります。


実際には、特にリスク調整後のリターンを評価する際に、異なるポートフォリオのパフォーマンスを比較するためにもよく使用されます。あるポートフォリオのこの比率が他のポートフォリオよりも高い場合、通常、前者のポートフォリオの方がリスク調整後のリターンのパフォーマンスが優れているとみなされ、投資家の注目に値します。


同時に、比率が 1 より大きい場合、通常、ポートフォリオまたは資産のリスク調整後の収益がリスクのない資産の収益よりも高いことを示す良い指標と見なされます。つまり、投資家はある程度のリスクを負いながら比較的高い収益を獲得し、リスクのないベンチマークを上回っているということです。


逆に、1 未満の場合は、ポートフォリオまたは資産のリスク調整後の収益がリスクフリー資産の収益よりも低いことを意味します。これは、投資家が負ったリスクに対して受け取る収益が、負ったリスクを補うのに十分ではなく、リスクフリーベンチマークを下回ることを意味します。

Selecting Funds Using the Sharpe Ratioまた、ファンドの価値を評価する際にも非常に重要な指標です。ファンドのリターンとリスクを総合的に考慮し、投資家がファンドのパフォーマンスをより総合的に評価するのに役立つためです。比率が高いほど、同じリスクを負いながらファンドが獲得する超過リターンが高くなり、コストパフォーマンスが高くなります。


ただし、選択プロセスで比較されるファンドは同じカテゴリのものでなければならないことに注意することが重要です。たとえば、債券ファンドは債券ファンドと比較され、株式ファンドは株式ファンドと比較されます。これは、異なるタイプのファンドがさらされるリスクとリターンのプロファイルが非常に異なる可能性があるため、非常に重要です。


ポートフォリオやファンドのパフォーマンスだけでなく、単一株のリスク調整後リターンのパフォーマンスを評価するためにも使用できます。単一株のシャープレシオを計算することで、投資家は、その株が負っているリスクを考慮して、その株が獲得しているリターンのレベルをよりよく理解し、それを他の株やポートフォリオと比較することができます。


比率が高いということは、通常、投資戦略または資産が比較的低いリスクで高い収益を実現していることを意味します。これは、その戦略または資産がリスクに見合った価値があり、投資家にとって興味深いものである可能性を示唆しています。その結果、比率が高い株式またはポートフォリオは、より魅力的な投資オプションと見なされることが多いのです。


ただし、すべてのタイプのポートフォリオに適用できるわけではないことに注意することが重要です。ポートフォリオのリターン分布が正規分布に従わない場合、つまりリターンに大きな歪度または尖度がある場合、シャープ比の計算は正確でない可能性があります。このような場合、ポートフォリオのパフォーマンスを評価するには、他のリスク調整済みリターン指標またはより洗練されたモデルの方が適している可能性があります。


さらに、この比率は主にポートフォリオのリスク調整後の収益に焦点を当てており、流動性やコストなどの要素は考慮していません。流動性とは、市場で資産を売買する容易さを指し、コストには売買取引の手数料や税金などが含まれます。これらすべての要素が投資家の実際の投資収益に影響を与える可能性があります。したがって、この比率を使用する場合、投資家はポートフォリオのパフォーマンスを完全に評価するために、ポートフォリオの流動性とコストも考慮する必要があります。


結論として、シャープ比率は、投資家がさまざまな投資戦略やファンドマネージャーのパフォーマンスを評価し、リスク調整後のリターンパフォーマンスがより良いポートフォリオや株式を選択するのに役立つ重要なポートフォリオ評価指標です。ただし、シャープ比率は絶対的な指標ではなく、投資家は包括的な思考と意思決定のために他の要因を考慮する必要があります。

典型的なシャープ比率とは何ですか?
シャープレシオの範囲 説明
0未満 リスクが報酬を上回り、損失が発生する可能性があります。
0から0.5 リスクと報酬はバランスが取れています。
0.5から1 一部の超過収益は比較的低リスクです。
1より大きい リスク調整後のリターンはリスクフリーのベンチマークよりも高くなります。

免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、信頼できる財務、投資、その他のアドバイスを意図したものではありません (また、そのように見なされるべきではありません)。この資料に記載されている意見は、EBC または著者が特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の個人に適していることを推奨するものではありません。

バークシャー・ハサウェイの時価総額と株式分析

バークシャー・ハサウェイの時価総額と株式分析

多様な投資、強力な経営、世界トップクラスの時価総額を誇るバークシャー・ハサウェイは、バフェットとマンガーの価値観を信頼されています。

2024-06-21
市場の深さの分析とその応用

市場の深さの分析とその応用

市場の深さは注文数量と価格を示し、市場の動向に関する洞察を提供し、取引の決定、コスト削減、リスク管理に役立ちます。

2024-06-21
銀行の流動性とリスク評価の概念

銀行の流動性とリスク評価の概念

銀行の流動性は、カバレッジや現金比率などの指標によって評価され、顧客の引き出しや支払いに対応するために資産を動員する能力です。

2024-06-21