貴金属の取引方法とチャネル

2024-04-12
序章

貴金属取引の投資方法には、現物投資、ETF、先物などがあります。投資家は適切な方法を選択する必要があります。

日本の奥様が円の低金利を利用して金利をヘッジするのと同じように、中国のアマゾンも金を購入して財産を守ることを好みます。金や銀などの貴金属は、常に富裕層が追求する投資オプションでしたが、金融市場における重要な投資および金融商品です。今日では、貴金属取引も庶民の家庭に浸透しており、多くの投資家が試してみたいと思っています。このため、この記事では、貴金属投資の初心者に貴金属取引の投資方法とチャネルを紹介します。

Precious metals trading

貴金属取引のメリットとデメリット

貴金属とは、よく知られている金や銀のほか、プラチナ、パラジウム、ロジウムなど、自然界でより希少な金属元素を指します。貴金属は通常、高い経済的価値と用途があり、長い間広く認知され、求められている投資オプションとなっています。インフレや金利変動などの経済危機の時期でも、貴金属の投資価値は抜群です。


貴金属は希少性が高いため、供給量が比較的限られているため、価値が維持されるという特性があります。また、生産には厳格なプロセスと規制が適用されるため、他の商品ほど供給量が劇的に変動することはありません。また、貴金属は埋蔵量が比較的限られており、生産サイクルが長いため、その価値は比較的安定しています。


同時に、工業、宝飾品、エレクトロニクスなどの分野で幅広い用途があり、この多様な需要がその価値を支えています。たとえば、貴金属の中で最もよく知られている金と銀は、延性、熱伝導性、電気伝導性に優れた耐久性だけでなく、何千年にもわたる人間の通貨取引にも使用されています。


金や銀に加えて、プラチナやパラジウムも投資家が注目すべき貴金属の一つです。プラチナは非常に希少で用途の広い貴金属であり、その価格は通常金よりも高くなります。プラチナは主に自動車触媒、宝飾品製造、電子機器、医療機器に使用されます。


自動車産業はプラチナ需要の重要な原動力の一つです。プラチナは自動車の排気ガス処理システムの触媒として広く使用されているからです。プラチナ価格は、世界の自動車販売台数と生産台数の変動にしばしば影響を受けます。例えば、自動車販売台数の増加はプラチナの需要増加につながり、価格を押し上げる可能性があります。


また、多くの文化において、貴金属は特別な象徴的な意味を持ち、文化交流や伝​​統において本質的な価値を持っています。一部の文化では、貴金属は富、権力、地位の象徴とみなされており、結婚式、お祝い、贈り物の交換などの機会に貴重な贈り物としてよく使用されます。


最も重要なのは、経済が不安定でインフレリスクが高まっているときに、投資家が安全資産として貴金属に目を向けることが多いことです。貴金属は希少性と比較的安定した価値のため、金融混乱のときにも価値を維持し、場合によっては価値が上昇する傾向があります。


たとえば、金と銀の価値は、市場によって 24 時間 7 日間決定され、需要と供給の法則による影響は比較的受けません。金と銀の需要は、金融システムの問題、インフレの上昇、戦争の勃発、政治危機などの不確実性の影響を受けると増加する傾向があります。


ここ数年、貴金属投資の収益は株式やファンドなどの金融商品の収益をはるかに上回っています。金の価格は2000年の1オンスあたり251ドルから最高1.920ドルまで上昇し、665%の増加を達成しました。銀の最高記録は900%で、プラチナも5倍の上昇を記録しました。一部の貴金属製品のレバレッジ設計と相まって、投資家の実際の収益はさらに高くなる可能性があります。


昔から言われているように、繁栄の時代には骨董品、混乱の時代には金が重要です。今日の中国A株の混乱、国際債務、欧州債務、米国債務危機を考えると、景気減速と高インフレの状況下にあります。ヘッジ機能を維持する貴金属は、上昇傾向にあるため、ますます注目に値します。


もちろん、貴金属の取引はリスクフリーではありません。たとえば、世界経済の状況が好調な場合、投資家は他のよりリスクの高い投資に目を向けるかもしれません。しかし、潜在的にもっと利益のある投資は、貴金属の価格の下落につながる可能性があります。さらに、貴金属の供給は、鉱山会社の生産コスト、新しい鉱物の発見、抽出技術の向上などの要因によって影響を受け、価格変動につながる可能性があります。


金や銀などの貴金属は価値の保存手段として考えられており、通貨の切り下げに直面してもその価値は比較的安定しています。そのため、貴金属の取引は、インフレや通貨の切り下げからポートフォリオを保護する戦略と見なされています。ただし、適切な投資戦略を見つけるには、各貴金属の特性と価格に影響を与える要因を理解し、それらを投資目的やリスク許容度と組み合わせる必要があります。

What are the ways to trade precious metals?

貴金属を取引する方法は何ですか?

各貴金属の特性と価格影響要因を理解した後、貴金属を取引する場合は適切な投資方法を選択する必要があります。たとえば、現物投資を選択するか、ETFファンド投資を選択するかなどです。投資家は、各方法の異なる特性、リスク、および適用可能な人に応じて適切な選択を行うことができます。


1つ目は、金、銀などの実物貴金属投資です。実物貴金属とは、金の延べ棒、銀のインゴット、各国で鋳造された金貨や銀貨など、目で見て触れることができる実物の金や銀のことです。実物貴金属は実質的な価値と安定した過去の実績があり、金融​​危機やインフレの際にはヘッジ資産として活用できます。このアプローチは安全で信頼性が高く、価値維持機能を備えているため、着実な投資を追求する方に適しています。


市場で最もよく知られている金貨と銀貨は、アメリカン イーグル金貨 (アメリカン イーグル) とカナダ メープル リーフ金貨 (カナダ メープル リーフ) の 2 つです。ただし、古い金貨や銀貨に安易に投資すべきではないことに注意することが重要です。その価格は、アンティークの場合と同様に、金属自体の価値ではなく、主に希少性によって決まります。


貴金属を物理的に投資することは、最も安全な投資形態の 1 つです。これは、資産保全のための自己保険の一種です。現実世界で災害が発生した場合、金や銀は、家族の安全を守るための食料を入手するための現金に変えることが可能です。食料貴金属に投資する利点は、ボラティリティが低く、リスクが低く、ある程度の精神的安心感があることです。


しかし同時に、欠点がないわけではありません。貴金属は物理的性質上、安全な保管場所が必要です。少量であれば、自宅の金庫に保管するのも悪くありません。しかし、物理的な貴金属が大量にある場合、安全な保管場所を見つけるのはより面倒です。結局のところ、銀行に預けることはできませんし、必要なときに取り出せない可能性もあります。


また、貴金属取引所に行って別の安全な保管室を借りる場合は、別のコストがかかります。つまり、保管と保険のコストが高くなり、安全な保管を考慮する必要があります。さらに、物理的な貴金属は簡単に分割したり取引したりすることができず、流動性が低い場合があります。


貴金属ETF(上場投資信託)を通じて、金や銀などの貴金属市場に参加することも可能です。貴金属ETFは、実物の貴金属に比べて保管スペースが不要で、流動性も高く取引しやすいというメリットがあります。また、実物の金や銀の取引価格に連動しているため、実物の貴金属のような投資特性を持っています。


これらの特徴は、貴金属を物理的に保有するのではなく、資産価値の保全手段として活用したい投資家に適しています。しかし、管理手数料と第三者リスクには注意が必要です。結局のところ、物理的な金と銀で担保されているにもかかわらず、投資家としての担保の実質的な所有権はありません。また、ETFには管理手数料があり、利益の一部を侵食する可能性があります。


貴金属ETFに投資する投資家は、複数の貴金属ETFに同時に投資することで、単一資産のリスクを軽減する分散化戦略を採用できます。同時に、市場状況とETFのパフォーマンスを定期的に監視し、市場の変動とリスクに対処するために投資ポートフォリオをタイムリーに調整します。


それ以外にも、貴金属先物取引も行われています。先物取引のコンセプトは、将来の特定の日に特定の価格で原資産を購入または売却することを約束することです。先物は本質的に非常にリスクが高いため、先物取引を通じて貴金属市場に参加するには、一定レベルの専門知識が必要です。


さらに、先物の売買には、取引の総額を用意する必要はなく、たとえば 10% などの非常に小さなマージンのみを用意する必要があります。これは、レバレッジの自然な増加に相当します。多くの場合、基礎となる非常に小さな価格変動が先物取引で大きな損失または利益を引き起こす可能性があるため、専門家によって操作される必要があります。ただし、たとえば原油先物と比較すると、貴金属先物は保管スペースをほとんど必要とせず、配送も非常に簡単です。


貴金属先物投資に挑戦したい投資家は、チャートパターン、トレンドライン、テクニカル指標などのテクニカル分析手法を学んで活用し、意思決定や市場動向の予測に役立てることができます。市場ニュースやファンダメンタル要因を理解して、取引戦略をタイムリーに調整し、市場の変化に柔軟に対応します。


貴金属に投資する鉱山会社の株式に投資することも可能かもしれません。これは、金価格の上昇から利益を得ることと、配当金を支払うインセンティブを受け取ることの両方の利点があります。 おそらく、貴金属に投資する鉱山会社の株式に投資することも可能でしょう。これは、金価格の上昇から利益を得ることと、配当金を支払うインセンティブを受け取ることの両方の利点があります。


鉱山会社の株価は貴金属価格の変動だけでなく、会社の運営コストの変動も反映しています。例えば、新型コロナウイルスの流行期間中、鉱山会社はエネルギー価格の低下により採掘コストがそれに応じて減少しました。その結果、貴金属鉱山会社の株価は過去数年間で大幅に上昇しました。


しかし同時に、企業の運営管理と持続可能性の見通しを考慮する必要があるため、より多くの宿題をこなす必要があります。すべての株式投資と同様に、投資家は企業の基礎、資産、負債をより深く理解する必要があります。したがって、このタイプの貴金属取引は、ある程度の投資経験があり、より大きなリスクを負う意思のある人に適しています。


貴金属鉱山会社の株式に投資するには、業界と会社の基礎に焦点を当て、生産コスト、埋蔵量、経営陣などの要素を理解する必要があります。複数の鉱山会社の株式に投資することで、単一会社のリスクを軽減し、分散戦略を採用することができます。同時に、会社の業績と業界の動向を定期的に追跡することで、投資ポートフォリオをタイムリーに調整できます。


鉱山会社の株式を個別に調査する宿題をしたくないという人のために、投資できる鉱山ETFもあります。 メリットは、単一の会社の株式にリスクが集中しすぎず、貴金属鉱山業界全体の利益と株価成長を享受できることです。 ただし、報酬はリスクに比例するため、怠け者やリスク許容度が少し弱い人が参加するのに適しています。


もちろん、デメリットとしては、管理手数料に加えて、市場平均を上回る単一銘柄の追加収益を逃す可能性があることです。長期投資家は、一定額を定期的に投資することで、貴金属採掘 ETF のポジションを徐々に増やしていくことができます。この戦略は、リスクを分散すると同時に、貴金属価格の長期的な上昇の恩恵も受けることができます。


ギャンブル好きの人や短期的な投資をしたい人には、貴金属のデリバティブ投資という選択肢があり、これには貴金属鉱山会社のレバレッジ ETF などのデリバティブが含まれます。しかし、鉱山株はそれ自体すでにリスクが高いのに、レバレッジのリスクが加わると、多くの人にとって耐え難いものになります。


また、2倍のレバレッジを実現するためには、先物オプションやリバースレポなどの商品を組み合わせて利用する必要があります。また、鉱業株自体の価格はあまり変化していないにもかかわらず、これらのレバレッジETFの価格は時間の経過とともに下落し続けるため、短期的な運用にしか適していません。


貴金属デリバティブに投資する投資家は、取引のタイミングを慎重に選択し、盲目的にトレンドを追ったり、市場を追いかけたりしないでください。厳格なストップロスとテイクプロフィット戦略を採用してリスクを管理し、市場変動による大きな損失を防ぎます。同時に、ポジションをタイムリーに調整し、市場の変化に柔軟に対応します。


上記は一般的な貴金属取引方法です。投資家は自身の投資目的、リスク許容度、資本規模に応じて適切な取引方法を選択できます。適切な取引方法を決定した後、投資家は取引所などの適切な取引チャネルも見つける必要があることに注意してください。

What are the ways to trade precious metals貴金属取引チャネルにはサイズが含まれる

投資家にとって、適切な貴金属取引チャネルを選択することは非常に重要です。たとえば、取引所取引、店頭取引、金融機関、オンライン取引プラットフォーム、実体市場などです。取引チャネルが異なれば、取引方法の規模も異なります。


その中でも、取引所取引は最も支配的な取引の 1 つであり、世界的な範囲をカバーし、標準化された取引契約を提供しています。ニューヨーク商品取引所 (NYMEX)、ロンドン金属取引所 (LME)、シカゴ商品取引所 (CME) などの有名な先物取引所やその他の主要な取引所は規模が大きく、世界的な範囲をカバーし、標準化された貴金属取引契約を提供しています。


一方、OTC 取引には店頭 (OTC) 市場と取引プラットフォームが含まれます。これらは規模が異なり、より柔軟な取引オプションを提供しますが、相対的にリスクも高くなります。OTC 市場では、投資家は仲介者や取引所を経由せずに他の投資家と直接取引できます。このアプローチは通常より柔軟であり、取引の規模と条件は相互の合意によって調整できます。


さらに、貴金属の取引プラットフォームの中には、投資家が他の投資家と取引できる OTC 取引サービスも提供しているものもあり、より幅広い市場の選択肢とより便利な取引プロセスを享受できます。また、さまざまなオンライン ブローカーや取引プラットフォームを含むオンライン取引プラットフォームもあります。規模はさまざまですが、通常は便利な取引方法と豊富な取引ツールを提供しています。投資家は、これらのプラットフォームを通じて金や銀などの貴金属を取引できます。


銀行、証券会社などの金融機関は、ある程度の専門性と信頼性の保証のもと、より大規模な貴金属取引サービスを提供しています。一部の証券取引所(トロント証券取引所、NASDAQなど)では、貴金属関連株の取引を提供しています。銀行に関しては、現在、中国の大手銀行は貴金属の取引窓口を閉鎖しています。


さらに、現物市場も選択肢の 1 つであり、特に貴金属の現物が必要な投資家にとっては有力です。現物市場とは、金取引所、宝石市場、その他の会場で貴金属の現物を取引することを指します。規模は比較的小さいですが、貴金属の現物に対する需要がある投資家や買い手は、これらの市場で取引することを選択できます。


これらの主要な取引チャネルに加えて、他の取引形態も数多くあります。たとえば、貴金属は、先物契約、オプション、差金決済取引 (CFD) などの金融デリバティブ市場を通じて取引できます。これらのデリバティブにより、投資家はレバレッジ取引が可能になり、市場の変動時により大きな利益を得たり、より大きなリスクを負ったりすることができます。


貴金属取引会社やブローカーの中には、投資家が十分な情報に基づいて取引を決定できるよう、取引シグナルや分析サービスを提供するところもあります。これらのサービスには、投資家が市場の動向や傾向をよりよく理解するのに役立つテクニカル分析、ファンダメンタル分析、市場解説などが含まれます。


投資家が利用できる、貴金属に特化した投資ファンド (ETF) も数多くあります。これらのファンドは通常、貴金属を原資産として使用し、貴金属デリバティブまたは貴金属現物を購入することで、対応する市場指数のパフォーマンスを追跡します。ETF は、投資家が貴金属現物を直接保有する必要なく、証券取引を通じて貴金属市場のパフォーマンスにアクセスできる便利な方法を提供します。


全体として、これらの貴金属取引チャネルは規模や範囲が異なり、さまざまな投資家のニーズや好みに応えています。投資家は、投資目的、リスク許容度、資本力に応じて、最も適切な取引チャネルと商品を選択できます。

貴金属取引所
シンボル 学年 名前 % 変化
ウーンズ メルクゴールドトラストETV 0.71
FGDL フランクリン・テンプルトン・ホールディングス・トラスト フランクリン・レスポンシブル・ソーシング・ゴールド ETF 0.64
ゴールド SPDRゴールドトラストETF 0.62
SGOL ETFS スイス金株 0.68
GLDM SPDRゴールドミニシェアーズトラスト 0.67
AAAU パースミント現物金ETF 0.65
物理 スプロット・フィジカル・ゴールド・トラスト ETV 0.78
GLTR B ETFS 現物貴金属バスケット株式 ETF 1.14
ピット B ヴァンエック コモディティ ストラテジー ETF -0.07
SIVR ETFS フィジカルシルバーシェアトラスト ETF 1.53

免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、信頼できる財務、投資、その他のアドバイスを意図したものではありません (また、そのように見なされるべきではありません)。この資料に記載されている意見は、EBC または著者が特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の個人に適していることを推奨するものではありません。

コピートレードで成功するための実証済みの戦略

コピートレードで成功するための実証済みの戦略

EBC ファイナンシャル グループの一流プラットフォームでコピー取引の可能性を探りましょう。今すぐよりスマートな投資を始めて、財務目標を達成しましょう。

2024-05-21
マイクロソフトの成長の道筋と投資価値

マイクロソフトの成長の道筋と投資価値

Microsoft の技術的リーダーシップ、多様なベンチャー、安定した配当は、強力な投資可能性と長期的な成長の見通しを提供します。

2024-05-17
シャープレシオの計算と適用ガイド

シャープレシオの計算と適用ガイド

シャープ比率はリスク調整後の収益を測定し、リスク単位あたりの収益率が高い強力な投資を選択するのに役立ちます。

2024-05-17