消極的な日銀とドル高が円を押し下げる

2024-02-22
序章

円の急速な下落に対する日本当局者の懸念にもかかわらず、円は木曜日には1ドル=150円を下回って取引され、年初から6%の下落となった。

円安ペースは「行き過ぎ」で「望ましくない」との日本当局の警告にもかかわらず、木曜日の円は1ドル=150円を下回った。通貨は今年に入って最大6%下落した。

米国と日本の利回りスプレッドは、利下げの再調整に伴う予想ほど急速には縮小していない。一部の投資家は、FRBの次の動きは政策の転換ではなく引き締めになる可能性があると考えている。


政策当局者の言い分を考えるとこの予測は時期尚早に思えるが、我々は依然として1990年代後半の再現、つまり短期間の利下げが後の利上げへの布石となるのを目撃するかもしれない。


ブルームバーグ・インテリジェンスによる短期金利オプションの分析によると、先週火曜日のCPI発表を受けて、トレーダーらが来年のFRB利上げの可能性を織り込み始めていることが明らかになった。


日本政府は個人消費の低迷に関する経済見通しを引き下げ、賃金回復の遅れと鉱工業生産の低迷に直面して景気後退からの脱却には険しい道が続くことを示唆した。


これは、国内需要の低迷により経済が第4四半期に予想外に景気後退に陥り、世界第3位の経済大国の地位をドイツに奪われたことをデータが示した後に発表された。

USDJPY

円は対ドルで引き続き値固めパターンにあり、最大のリスクは下値に偏っている。数十年来の安値である152.00は、さらなる下落の場合に価格を下回る可能性が高い。


免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、財務、投資、またはその他の依存すべきアドバイスを意図したものではありません (また、そのようにみなされるべきではありません)。資料に記載されているいかなる意見も、特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の人物に適しているという EBC または著者による推奨を構成するものではありません。

金と銀は最近の下落にもかかわらず堅調

金と銀は最近の下落にもかかわらず堅調

金と銀の価格はインフレ懸念により木曜日に下落した。最近の下落にもかかわらず、アナリストらは来年には価格が上昇すると予想している。

2024-05-30
水曜日の英国株式市場は大混乱

水曜日の英国株式市場は大混乱

大手企業2社の買収提案の締め切りが近づいたため、FTSE100指数は火曜日に急落した。外国人投資家が割安な株を買い漁っている。

2024-05-29
投資家は休暇前に米国株に強気の姿勢を強める

投資家は休暇前に米国株に強気の姿勢を強める

アジア株は火曜日、世界的なインフレデータを待って横ばい。ウォール街はメモリアルデーのため休場。投資家はインフレ抑制の兆候をみて買いを入れている。

2024-05-28