新株予約権の特徴と役割

2024-02-02
序章

ワラントは、株式を調達し、期間内に指定された価格で企業の株式を購入する権利を付与し、資金を提供し、スタッフのモチベーションを高め、ヘッジとレバレッジを利用した柔軟で多様な投資を可能にするために変換できる証明書です。

投資市場には多くの金融商品があり、どれを選択するかは投資家自身の好みや取引上の決定によって異なります。例えば、高いリスクは怖くないが高いリターンが欲しい人は株式を選ぶことができますし、リスクを恐れて長期安定したリターンが欲しい人は債券を選ぶことができます。株式市場には、高いリスクに耐え、高いリターンを生み出す適切な投資ツール、ワラントがあります。ここでは、ワラントの特徴とその役割について見ていきます。

warrant令状とはどういう意味ですか?

これは、保有者に将来の特定の時期に特定の価格で企業の株式を購入できる権利を与える証明書です。ただし、これは義務ではなく、保有者が購入するかどうかを選択できることを意味します。この権利を行使することで、投資家にある程​​度の柔軟性が与えられます。同時に、一定の期間があり、通常は将来の特定の日に期限が切れます。期間中、投資家は権利を行使するか否かを選択することができます。


これは資本でも負債でもないため、通常、企業の財務諸表では資本商品として分類されます。これは、ワラントはその保有者に、企業が支払いやサービスを提供する義務ではなく権利を与えるためです。新株予約権を保有する投資家は、会社の株式を購入するためにその権利を行使する権利を有しますが、義務ではありません。


ワラントの 3 つの要素は、行使価格、行使期間、原資産です。これは、ストライキ価格とも呼ばれる、購入する株式の行使価格を指定します。これは、ワラントを保有する投資家が将来株式を購入するために支払う価格です。保有者が会社の株式を購入する権利を行使できる事前に決定された価格を設定します。


一方、行使期間は、そのワラントの保有者が権利を行使できる期間です。権利には一定の期間があり、その期間内に所有者が権利を行使するかどうかを決定しなければなりません。期間が経過すると権利は消滅します。原資産とは、リンクされている原資産であり、通常は会社の普通株式です。ワラントを保有する投資家は、ワラントがリンクされている原資産を行使価格で購入できます。


これら 3 つの要素が合わせてその基本的な特徴を形成し、保有者が将来その会社の株式を購入できる条件を決定します。市場価格は市況や基礎となる株式の価格の変化によって変動することに注意することが重要です。新株予約権の発行時に会社が受け取った資金は株式資本の一部とみなされますが、新株予約権自体は会社の株式を表すものではありません。保有者が権利を行使して会社の株式を購入した場合にのみ、株式資本の増加が生じます。


ワラントは、会社ワラントとストラクチャーワラントに分類できます。新株予約権は、特定の価格および特定の期間で新しい株主株式を購入するために企業によって発行されます。簡単に言うと、最長 10 年間マザーストックに転換できる定額注文であり、満了前に転換されないと無価値になってしまいます。


ストラクチャード・ワラントは、適格な経済機関または金融機関などの第三者によって発行され、保有者に将来固定価格で原資産を売買する権利を与えます。株式上場投資信託の指数または株式バスケットに基づいて発行できます。基本的に、それに投資するということは、特定の量の資産を特定の価格で売買することがあらかじめ決められていることを意味します。


ストラクチャード・ワラントにも 2 種類あります。 1 つ目はコールワラントで、これにより保有者は合意された期間中に合意された価格で原株を購入できるようになります。 2 つ目はプットワラントで、保有者が合意された期間中に合意された価格で原株を売却できるようになります。


2 つの違いは、1 つは強気市場に適用され、もう 1 つは弱気市場に適用されることです。コールワラントの保有者は、ワラントが行使されたときに、より低い権利行使価格で株式を購入して利益を得ることができるように、原株の価格が上昇することを期待しています。プット・ワラントの保有者は、ワラントの行使時により高い権利行使価格で株式を売却して利益を得ることができるように、原株の価格が下落することを望んでいます。


新株予約権の存在は、投資家に将来的に企業の株式を購入する機会を提供し、企業が資本を調達する手段を提供します。ただし、それに比べて、企業ワラントは長期間取引され、期限が切れるのはそれほど早くありません。 3.5年、さらには10年間取引されるため、リスクは低くなります。一方、ストラクチャード・ワラントは短期間で取引され、すぐに期限切れになります。取引期間は1年と長くないため、リスクは高くなります。

新株予約権は株式を購入できる期間に応じて分類できます。
間隔 ヨーロッパのコールワラント アメリカのコールワラント アジアのコールワラント
権利を行使する時期 満期になれば行使可能。 決められた期間内に運動をする。 平均価格行使。
柔軟性 より低い より高い より低い
演習期間 固定満期終了日 固定、有効期限が切れる 固定満期終了日
市場の流動性 通常は低い 通常はもっと高い 通常は低い
該当するシナリオ 強気戦略を修正。 柔軟な戦略に。 平均価格戦略が適合します。

ワラントとオプションの違い

ワラントの購入とは、将来特定の価格で資産を売買する権利を取得することを意味するため、多くの人はそれらを同じものと考えています。これはオプションと非常によく似ており、多くの人はこれをコール オプションと考えています。しかし、これらは 2 つの異なる金融商品です。いくつかの点で類似点もありますが、いくつかの重要な違いもあります。


まず第一に、発行の側面があるかどうかによって異なります。発行方法につきましては、当社が直接発行いたします。そして、発行の側面、つまり発行者が存在する必要があります。つまり、会社は特定の日と特定の日付を選択して、特定の令状を発行する必要があります。実際、同社はワラントの均一販売者でもあります。将来、令状の有効期限が切れる場合、その権限を行使したい者は発行者を見つける必要がある。権利を行使するのは多対一の場合です。


一方、オプションは取引所に上場されているオプション市場で取引されるのが一般的ですが、企業が発行するものもあります。オプションの買い手と売り手は投資家であり、会社の直接の発行とは何の関係もありません。これは、取引所がオプションの取引を開始できる限り、オプションには発行の側面がないことを意味します。


取引所がしなければならないことは、それを発表することだけであり、その後、契約は取引を開始することができます。そして、市場では、誰かが買い、誰かが売るとすぐに一致が成立し、その取引はオープンポジションと呼ばれます。さらに数人がポジションをオープンするとすぐに、選択肢の数は増え始めます。さらに数人がポジションを閉じるとすぐに、選択肢の数は減ります。したがって、正式な発行プロセスはありません。市場での自発的な取引に依存しているだけです。


そしてそれに応じて、それが 2 番目の違いにつながります。つまり、数に上限はありますか?ワラントは発行日に発表されます。合計何口発行されますか?例えば、ワラントが1億枚発行されたとしても、今後もワラントの数は増えません。追加で作成しない限り数量は1億個となります。通常、いわゆるワラントの取引は発行された1億件の中にあり、手の変更の回数はこの制限を超えることはできません。


しかし、オプションの場合、一度契約が取引できるようになると、誰もが取引に合わせ始めます。すると、さらに 2 人が成約する契約数は増加し、さらに 2 人が成約する契約数は減少します。したがって、オプションの契約数の下限はゼロになる可能性がありますが、上限は無制限です。ポジションをオープンする人が増えれば増えるほど、契約数も増えます。


そうすれば、3 番目の違い、つまり投機があるかどうかがわかります。中国の過去の経験と同様、令状は数が限られているため、容易に推測される可能性がある。誰もがワラントを買いたがると、市場はトレンドに従ってすべてを購入します。その場合、価格は非常に高い水準で推測されやすくなります。


ただし、オプションとは異なり、オプションの数に上限はありません。購入者が多くても継続的に供給できる。この場合、このオプションの投機の程度は実際にはワラントよりも困難であるため、現象を投機して操作することは困難です。


これら 3 つの基本的な違いは、それらの間にいくつかの本質的な違いがあることも示しています。さらに、それらの間には、基礎となる目的、権利の行使、市場の流動性の点でも違いがあります。たとえば、原資産に関して言えば、ワラントは通常、企業の普通株式に関連付けられており、所有者に企業の株式を購入する権利を与えます。オプションの種類はより多様で、株式、株価指数、外国為替、商品など幅広い資産が対象となります。


権利行使の条件としては、ワラントラインでは通常、特定の期日までにあらかじめ決められた価格で自社株を購入することが定められています。一方、オプションには特定の日付と特定の価格が含まれる場合がありますが、オプション契約によっては他の条件も含まれる場合があります。


市場の流動性の観点から見ると、ワラントは通常比較的取引が少なく、流動性が低い場合があります。オプションは取引所に上場されており、市場の流動性が通常高い公開市場で広く取引されています。一方、ワラントは証券市場を通じて取引される場合がありますが、取引量はオプションよりも少なくなります。オプションは専門のオプション市場で取引され、より洗練された市場基盤を持っています。


ご覧のとおり、両者の間には大きな違いがあります。そして、ワラントがそれほど流動性がないのであれば、なぜワラントに投資することを選ぶ人がいるでしょうか?実は、それ自体にも独自の役割と機能があります。

Difference between warrants and options

新株予約権の特徴と役割

この金融商品には、市場での役割と機能を与える多くの特徴と機能があります。その機能には、レバレッジの提供、資金調達ツールとしての機能、従業員のインセンティブが含まれます。その役割には、投機、ヘッジ、市場流動性の強化、企業の資金調達が含まれます。


これは、保有者に、将来の特定の時期に、あらかじめ決められた価格で一定数の株式を購入する権利を与え、ワラントを保有する投資家は、この権利を行使する権利を有しますが、義務ではありません。また、保有者が会社の株式を購入できる行使価格も指定します。そして、それには特定の期間、つまり所有者が権利を行使できる期間が定められています。期間が経過すると権利は消滅します。


通常、令状は会社によって直接発行されます。同社は投資家に新株予約権を発行することで資金を調達しており、投資家による新株予約権の購入は会社にとって追加資本を意味します。通常、その発行は資本の流入をもたらし、これは企業が拡大、投資、またはその他の資本プロジェクトを行う上で重要です。


投資家にとって、ワラントは企業の株式市場に参加し、株価上昇の恩恵を受けるためのツールです。投資家がワラントを購入するということは、原株の価格が上昇すると期待していることを意味し、将来権利を行使する際に、より低い権利行使価格で株を購入できるようになるため、強気戦略の一環として購入されることがよくあります。


ワラントの取引は市場に金融商品を追加し、その流動性を高めます。投資家は市場でワラントを売買できるため、市場がより活発になります。ただし、ワラントは株式ほど頻繁に市場で取引されないため、流動性が比較的低い可能性があることに注意してください。しかし、証券市場でワラントが売買できる限り、投資家は必要に応じてポジションを調整する柔軟性を持っています。


投資家にとって、これは、投資家の潜在的な損失を制限しながら、企業の株価の上昇に参加するために使用できる投資ツールです。その市場価格は、原株の将来の動きに対する投資家の期待を反映しています。浮き沈みは企業の見通しに対する市場の認識と密接に関係している。


それは強気戦略の一部として使用されます。投資家は、原株の価格が上昇すると予想していることを示すためにワラントを購入します。この戦略により、投資家は実際に株を購入しなくても、株価が上昇したときに利益を得ることができます。また、投資家が企業の業績が向上し、株価が上昇すると期待している場合、ワラントはこの市場の期待を表現するツールになる可能性もあります。


これはレバレッジツールでもあり、投資家がより少ない資本投資でより大きな株式ポジションを取得できるようになります。株価が上昇すると、ワラントの価値が急速に上昇し、投資収益率が高くなる可能性があります。また、保有者は指定された期間内でいつでも株式を購入する権利を行使できるという高い柔軟性も備えています。この柔軟性により、投資家は市場の変動や変化にうまく対応できるようになります。


また、市場価格は、原株式の市場パフォーマンス、行使価格、残りの期間など、多くの要因の影響を受けることに注意することも重要です。また、その時価は、対象となる株式の価格の変動に応じて変動します。原株の価格が上昇すると、通常、ワラントの市場価値も上昇し、その逆も同様です。


全体として、ワラントは市場において特定の目的を果たし、企業に資本を提供することと、投資家が市場に参加して将来の株式の上昇および下降の動きについての意見を表明するためのツールとして機能します。投機ツールとして、企業の株価の将来の価格に対する強気の見方を通じて潜在的な利益が得られます。さらに、ワラントは投資ポートフォリオのリスクをヘッジするために使用できます。


投資家は、利用可能な資本が限られており、必要な資金が少額であるため、ワラントへの投資を選択します。むしろ、資本支出が少なくなり、したがって取引コストと手数料が低くなるためです。 3つ目は多様化です。 4 番目は、市場エクスポージャーを維持しながら株式投資資本を解放したいという要望です。

ワラント当たりの価値
要素 価値に影響を与える要因 具体的な影響
原株価(S) 現在の市場価格 上値は上昇し、下値は下落します。
行使価格(X) 株式の強制購入価格 低価格、高価値。
演習期間(T) 残りの運動時間 長期的には可能性が高くなります。
無リスク金利(I) 将来の現金を利息付きで割引します。 レートが高くなるほど、値は低くなります。
ボラティリティ (0 ) 原株のボラティリティ ボラティリティが高く、価値も高い
保証価値 オプション価格モデルの値。 価値は市場によって変動します。

免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、財務、投資、またはその他の信頼すべきアドバイスを意図したものではありません (また、そのようにみなされるべきではありません)。資料に記載されているいかなる意見も、特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の個人に適しているという EBC または著者による推奨を構成するものではありません。

需要と供給を理解する

需要と供給を理解する

需要と供給が取引の傾向、サポート/レジスタンス レベル、戦略にどのように影響するかを調べます。取引を成功させるために市場のダイナミクスをマスターします。

2024-05-27
Amazonのビジネスモデルと投資分析

Amazonのビジネスモデルと投資分析

Amazon は、キャッシュフローを優先するビジネスモデルを採用した、世界的な電子商取引およびクラウドの大手企業です。投資家は長期的な成長とキャッシュフローに注目しています。

2024-05-24
公開市場操作の役割と特徴

公開市場操作の役割と特徴

公開市場操作は、柔軟性と市場の透明性を備えた債券取引を通じて通貨供給を調整しますが、遅延と介入の問題を抱えています。

2024-05-24