デスクロスを特定し、それに基づいて取引の決定を下す場合、何に注意する必要がありますか?

2024-02-16
序章

デスクロスとは、短期線が長期線を下回るときであり、下降トレンドの可能性を示します。投資家は、市場の状況、ファンダメンタルズ、サポートとレジスタンスのレベルを考慮して、保守的な戦略を売却または採用する可能性があります。

春の川、ということわざにあるように、これは水がアヒルの預言者を温めるものです。実は、株価が変化し始めるとき、テクニカル指標にはゴールデンクロスやデスクロスなど、株価の動向を占う特殊なパターンが存在します。それは買われすぎシグナルと売られすぎシグナルです。どちらも投資家が事前にトレンドを把握して売買の意思決定を行うことを可能にします。では、具体的に何に注意すべきか、デッドクロスの特定と売買の判断についてお話しましょう。

death cross死の十字架にはどんな意味があるのでしょうか?

英語名はデスクロス、死の十字架を意味します。これは、2 つの異なる線形指標がチャート内で交差する現象を指します。一般に、下降トレンドで現れるのがゴールデンクロス、上昇トレンドで現れるのがデッドクロスです。たとえば、平均化では、短期平均が長期平均を超える場合、それはゴールデンクロスです。短期SMAが長期SMAをクロスすると、それはデスクロスとなります。


もちろん平均値だけでなく、MACDインジケーター(移動平均収束分散)やKDJインジケーターなどでもこのようなクロスシグナルは形成され続けます。一般的には、インジケーターの線が交差しているように見える限り、一律にゴールデンクロス、デッドクロスと呼ばれます。


たとえば、MACD インジケーターには DIF ラインと DEA ラインの 2 つのラインがあります。一般に、DIF ラインはファスト ライン、つまり最近の平滑化期間の平均値動きと呼ばれます。 DEAラインはスローラインと呼ばれ、より長い期間にわたるトレンド曲線を表します。


DIFライン(ファストライン)がシグナルライン(スローライン)を上から下に横切っている場合、それはデスクロスです。株価は下降ブレイクアウトを開始するか、中期的な下降トレンドに入ろうとしている可能性があります。


そうは言っても、すべての短い期間、つまりより速く実行されているラインが上昇してメジャー期間ラインを横切るとき、それは基本的にゴールデンクロスと呼ばれます。そして、マイナーピリオドラインが下がってメジャーピリオドラインを横切るとき、それはデスクロスと呼ばれます。


その名の通り、ゴールデンクロスは金を使ってお金が儲かる確率を表し、デスクロスは死を使ってそのような意味のリスクを表しています。したがって、この応用例では、投資家は通常、ゴールデンクロスを上昇のシグナル、デスクロスを下降のシグナルとみなします。


その理由は、短期水準線の方が値動きに敏感だからです。したがって、株価が上昇し始めるとき、より速く変化するのは間違いなく短期平均です。つまり、短期的な平均価格が上昇するということは、おそらく株価が上昇していることを意味します。したがって、長期平均を経て上昇する短期平均は買いシグナルであり、長期平均を経て短期平均が下降する場合は売りシグナルです。


なお、レベルがあまり大きくないため、5日、10日の場合もあり、ディスクにはある程度のダウンスルーも表示されます。しかし、今回の十字架の形成は死の十字架としてだけではなく、参照的な意味もありません。一般的に、デスクロスのシグナルが高レベルに現れたときはより注目され、ゴールデンクロスのシグナルが低レベルに現れたときはその価値が大きくなります。それは少し相互参照の意味のある領域の真ん中に現れました。


一般的にゴールデンクロスやデスクロスがある場合は平均化方式となります。しかし、インジケーターシステムの場合、それは依然としてポジションに依存します。つまり、ゴールデンクロスは低ければ低いほど良く、デスクロスも高ければ高いほど良いということです。


たとえば、KDJ は 3 つのラインで構成されており、最も速いのは K ラインで、最も遅いのは D ラインです。最も速いラインが最も遅いラインを下回る場合、この場所はデスクロス、つまりここがセールスポイントであることを意味します。ただし、このデスクロスのインジケーターは、KDJ のゴールデンクロスの位置に注意を払う必要があることに注意してください。一般的に言えば、ゴールデン クロスよりも 20 が優勢であることを探すことですが、デス クロスは通常、ゴールデン クロスよりも 80 が優勢であることを探すことです。


デッドクロス現象は市場トレンドの変化の可能性を示すシグナルであると考えられていますが、短期的な価格動向が下降に転じる可能性を示唆しているため、潜在的な売りシグナルとしても見られることがよくあります。ただし、これは絶対的な予測ツールではないことに注意することが重要です。ゴールデンクロスやデスクロスのような単純なシグナルだけに頼ることはできません。全体的な判断を下すには、より多くのテクニカル分析スキルを組み合わせる必要があります。

デッドクロスとゴールデンクロスの違い
側面 デスクロス ゴールデンクロス
意味 短期SMAが長期SMAを超える 短期平均が長期平均を超える
意味 弱気シグナル、下降トレンドの可能性 強気のシグナル、上昇トレンドの可能性
移動平均 通常、50 日および 200 日の SMA が含まれます 通常、200 日の SMA を超える 50 日の SMA が含まれます。
時間枠 あらゆる時間枠(日次、週次、月次)に適用可能 あらゆる時間枠(日次、週次、月次)に適用可能
頻度 ゴールデンクロスよりも発生頻度が低い デッドクロスよりも発生頻度が低い
市場センチメント 市場センチメントがマイナス方向に変化していることを示します 市場センチメントがポジティブな方向に変化していることを示します
取引戦略 トレーダーはショートするか防御的なポジションを取ることを検討するかもしれません トレーダーは購入またはより積極的なポジションをとることを検討するかもしれません

デスクロスと強気の乖離とは何ですか?

これは、デスクロスとボトムダイバージェンスの2つのチャートパターンが組み合わさった状態を指し、市場の不確実性を示唆する現象です。テクニカルにおける株価チャート上でデスクロス(長期移動平均線を下回る短期移動平均線)が形成されると同時に、相対力指数(RSI)などの指標によって形成される底値乖離を指します。分析。


底値ダイバージェンスとは、株価チャートでの相対的な安値の形成です。つまり、価格が一定の底値に達したことを意味します。 RSIなど、底値と逆のトレンドを形成するテクニカル指標は、谷が形成される際に比較的高い水準で現れます。これは、チャート上では株価が下降トレンドの底を形成しているにもかかわらず、テクニカル指標は市場が上昇トレンドに突入する可能性があることを示していることを示しています。


つまり、この組み合わせで。まず、デスクロスは通常、下降トレンドの可能性のシグナルとみなされますが、ボトムダイバージェンスは市場が上昇トレンドに突入する可能性のあるシグナルとみなされます。このシナリオは、株価チャート上で買い手の弱体化の兆候としてデスクロスが形成されているにもかかわらず、テクニカル指標は市場の売り手側が弱体化している可能性を示しており、トレンド反転の兆候がある可能性があることを示唆しています。


投資家はデッドクロスボトムダイバージェンスを市場が上昇トレンドに突入している可能性がある兆候と解釈し、それに応じて購入やより積極的なポジションをとるなどの強気戦略の採用を検討する可能性があります。ただし、市場の動きは複雑であり、単一のシグナルが常に完全に正確であるとは限らないことに注意する必要があります。このようなシグナルを他のテクニカル指標やファンダメンタルズと組み合わせて、より包括的な分析と意思決定を行うことが最善です。


デスクロスと弱気ダイバージェンスとは何ですか?

テクニカル分析において、相対力指数(RSI)またはその他の指標が株価からの乖離の上限を形成すると同時に、株価チャート上でデスクロス(MACDラインがシグナルラインを下回る)が形成されることを指します。このタイプの乖離は、価格トレンドとテクニカル指標の間の不一致を示しており、市場の不確実性やトレンド反転の可能性を示唆している可能性があります。


トップダイバージェンスとは、テクニカル分析、同時に株価チャート、相対力指数(RSI)、またはその他の指標でダイバージェンスを形成するための価格の山の形成、つまり底値の形成における指標です。つまり、株価チャートは比較的高い価格点を形成しました。つまり、価格が一定の高値に達したということです。そして、RSIなどの価格のピークに対応するテクニカル指標は、ピークの形成時に比較的低い水準にあるように見えます。


トップダイバージェンスは、チャート上では株価が上昇トレンドを形成しているものの、テクニカル指標は市場の買い手の力が弱まっており、トレンド反転の兆候がある可能性があることを示している可能性があります。また、下値シグナルの可能性としてデスクロスも伴うため、通常はより明らかな弱気シグナルとみなされます。テクニカル指標と価格変動の間の乖離は、トレンドの強さが弱まり、トレンド反転の兆候がある可能性があることを示している可能性があるため、このタイプの乖離は市場の潜在的な不確実性を示唆している可能性があります。

the death cross and bearish divergence上のチャートに見られるように、RSI のトップダイバージェンスは明らかです。これは、株価が上昇傾向にある一方で、RSI 指標が下降傾向を示していることを意味します。同時に、MACD クロスオーバー ラインは高いデスクロスであるように見え、これは下降トレンドの明らかなシグナルです。したがって、この波では、投資家は空売りを検討したり、保守的なポジションをとるなど、それに応じて弱気戦略を採用する可能性があります。


デッドクロストップダイバージェンスの場合、投資家は市場の変化に対して慎重なアプローチを取り、潜在的なリスクを考慮する可能性があります。より包括的な分析と意思決定を行うには、このようなシグナルを他のテクニカル指標やファンダメンタルズ要因と組み合わせることが最善です。


デスクロスとトップバックで買うか売るか?

これは潜在的に弱気のシグナルとみなされることが多く、その場合、投資家は慎重な姿勢をとり、保有株の売却やリスク回避戦略の採用を検討する傾向があるかもしれません。これは、デスクロスとトップダイバージェンスの両方が、市場が下降トレンドに向かっている可能性を示唆しており、投資家が損失を削減したりリスクをヘッジしたくなる可能性があるためです。


ただし、正確な売買は投資家の戦略と判断によって異なります。たとえば、それが市場の調整または反転のシグナルであり、売られすぎシグナルが市場が売られすぎている可能性を示していると信じる投資家は、価格の反発を期待してその株を買うことを検討するかもしれません。市場の傾向について悲観的で、デスクロスやトップとバックが下降トレンドのシグナルであると信じている場合は、売却するか防御戦略を採用することを選択する可能性があります。


また、売買の決定には、全体的な市場状況、企業のファンダメンタルズなど、他の要因も考慮する必要があります。たとえば、デスクロスやトップバックが発生した場合は、主要な市場指数の動きに注目して、市場全体に圧力がかかっているかどうかを確認します。市場全体が下降傾向にある場合、デスクロスやトップダイバージェンスにより悲観が強まり、売りが優勢になる可能性があります。


企業のファンダメンタルズに注意を払うことも重要です。たとえば、その銘柄の業界の見通しや、業界が課題や機会に直面しているかどうかを知ることができます。企業の将来の業績の見通しや成長の可能性が十分にあるかどうかも検討されます。企業の財務諸表を分析して財務の健全性を確認することもできます。これには、会社の財務状態が良好であることを確認するための損益計算書、貸借対照表、キャッシュ フロー計算書が含まれます。


他のテクニカル指標やパターンを使用して、デスクロスやトップダイバージェンスシグナルを確認し、決定の信頼性を高めることもできます。価格上昇または下落ポイントの可能性を判断するには、価格変動におけるサポートとレジスタンスのレベルも考慮する必要があります。


最後に、投資家の目的とリスク選好に基づいて売買戦略を立てることも重要です。たとえば、長期投資か短期トレードかなど、投資の期間を決定します。長期投資の場合、スプレッドで利益を得るために売る前に、買って市場トレンドが変化するのを待つことができます。短期取引の場合は、売った後、より低いレベルで購入し、価格が上昇するのを待って売ることを選択できます。


どのような決定にもリスクが伴うことを強調しておく価値があります。取引の決定を下す前に、市場と会社の状況を十分に理解することをお勧めします。投資家は、要因の組み合わせに基づいて、デッドクロストップダイバージェンスシグナルの信頼性と影響をより完全に評価することもできます。

デッドクロスでも株を買うことはできますか?
考慮事項 説明
トレンド 市場全体の傾向が弱気かどうかを確認します。
その他の指標 他のテクニカル指標と合わせて確認してください。
基本 会社の財務および事業上の立場を考慮してください。

免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、財務、投資、またはその他の信頼すべきアドバイスを意図したものではありません (また、そのようにみなされるべきではありません)。資料に記載されているいかなる意見も、特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の個人に適しているという EBC または著者による推奨を構成するものではありません。

需要と供給を理解する

需要と供給を理解する

需要と供給が取引の傾向、サポート/レジスタンス レベル、戦略にどのように影響するかを調べます。取引を成功させるために市場のダイナミクスをマスターします。

2024-05-27
Amazonのビジネスモデルと投資分析

Amazonのビジネスモデルと投資分析

Amazon は、キャッシュフローを優先するビジネスモデルを採用した、世界的な電子商取引およびクラウドの大手企業です。投資家は長期的な成長とキャッシュフローに注目しています。

2024-05-24
公開市場操作の役割と特徴

公開市場操作の役割と特徴

公開市場操作は、柔軟性と市場の透明性を備えた債券取引を通じて通貨供給を調整しますが、遅延と介入の問題を抱えています。

2024-05-24