資産運用会社は日銀よりも先を行く

2023-12-27
序章

日銀が金融緩和を終了し、円に対する楽観的な見方が広がった。対米ドルでは最高値を更新したものの、年間では8.5%下落した。

大手同業他社が利下げする中、日銀が2024年に超金融緩和政策を終了する可能性が高いため、資産運用会社は5月以来初めて日本円に対して強気な姿勢を見せた。


今月、同通貨は対ドルで7月末以来の高値を付けた。それでも年初からは8.5%近く下落しており、3年連続の下落となる見通しだ。

USDJPY

FRBは来年の利下げの可能性に備えているが、ECBとBOEはよりタカ派的な姿勢をとっているようだ。しかし、欧州諸国の政策立案者は、経済が景気後退の瀬戸際にある中、過剰な引き締めを誤るわけにはいかない。


ドル円リスクリバーサル(円を売るプットオプションと比較して、円を買うコールオプションの需要を示す契約)も、トレーダーが日本通貨に対して強気であることを示唆している。


三井住友のチーフ為替ストラテジスト、鈴木博文氏は「12月に政策変更がなかった後も、1月の日銀金融政策決定会合で政策決定が可能との憶測が続いており、資産運用会社は円のロングポジションを維持する可能性が高い」と述べた。銀行株式会社


ナイフエッジで終了

日銀の上田和夫総裁は月曜日、インフレ目標達成の可能性は高まっており、持続可能な物価上昇を示す証拠が増えれば政策転換を検討すると述べた。


同氏は、経済や市場の動向を巡る不確実性を踏まえ、中銀は超緩和的な金融政策を変更する具体的な時期は決定していないと述べた。


「経済動向や企業の賃金・価格設定行動を注意深く精査し、今後の金融政策を適切に決定していきたい」と述べた。


元日銀理事の正井貴子氏は、上田氏の議会でのタカ派的発言は、離脱に関する時期尚早な議論を警告する複数の理事らの最近のコメントとは対照的だと述べた。


同氏は「日銀の最近の一連のコミュニケーションは混乱を極めており、トレーダーらに差し迫った行動の可能性を織り込むよう促し、出口のタイミングに関する選択肢を狭める可能性がある」と述べた。


ロイターが11月に実施した調査では、エコノミストの80%以上が日本が来年マイナス金利政策を終了すると予想しており、半数は4月が最も可能性の高い時期だと予想している。


問題は、他の中央銀行が緩和を進めている中での利上げは、円高を引き起こし、大手製造業の利益を損ない、賃金引き上げを妨げる可能性がある、とアナリストらは指摘する。


ムーディーズ・アナリティクスのシニアエコノミスト、ステファン・アンリック氏は「日銀が政策金利を0%より大幅に引き上げるとは考えにくい」と述べた。


労働市場の逼迫

日本の労働市場は11月も比較的逼迫した状態が続いており、超高齢国家の中でポジションを埋めるために雇用主には賃金を引き上げるよう圧力が続いている。


火曜日のデータによると、求人倍率は1.28倍に若干低下した。就業者数は前年比56万人増加し、16年連続の増加となった。


岸田文雄首相は月曜日、企業に対し、2024年には今年よりも速いペースで賃金を引き上げるよう要請した。ボールは現在、消費者に高いコストを転嫁している日本企業の法廷にある。


多国籍企業は輸出促進のため円安の恩恵を受けてきたが、中小企業は価格を引き上げることができず、さらに厳しい状況に陥っている。


労働力不足はあらゆる業界、特にサービス部門でますます深刻になっています。最新の短観調査によると、非製造業は過去30年以上で最悪の人員逼迫を経験している。


帝国データバンクの報告書によると、人員不足による倒産件数は今年10月時点で206件に達し、2014年以来最多となった。

Japan jobs

それでも、有効求人倍率が予想を下回り、2022年6月以来の低水準となったことは、採用活動が軟化する前兆となる可能性がある。


ジェフリーズの外国為替グローバル責任者、ブラッド・ベクテル氏は、機関投資家が過去1年間に円に対して強気になったが、すぐに円が反落したため、上昇相場は終わりに近づいていると述べた。


免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、財務、投資、またはその他の依存すべきアドバイスを意図したものではありません (また、そのようにみなされるべきではありません)。資料に記載されているいかなる意見も、特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の人物に適しているという EBC または著者による推奨を構成するものではありません。

金曜日、リスク回避の波が市場に押し寄せた

金曜日、リスク回避の波が市場に押し寄せた

イスラエルがイランを攻撃しているという報道が浮上し、投資家が安全通貨を求める中、金曜日の市場ではリスク回避の波が広がった。

2024-04-19
木曜日も通貨圧力は続く

木曜日も通貨圧力は続く

木曜日、ドルは下落したが、他の通貨への圧力は続いた。好調なデータにより、FRBが6月に利下げを行うとの期待は弱まった。

2024-04-18
ポンドは下落から上昇へ

ポンドは下落から上昇へ

水曜日のパウエルFRB議長の発言はインフレ目標の進展が限定的であることを理由にドルを小幅上昇させた。トレーダーらは2024年までに40ベーシスポイントの利下げを予想している。

2024-04-17