米国株価指数の概要と特徴

2024-05-02
序章

ダウ・ジョーンズ、S&P 500、ナスダックなどの米国株価指数は多様な特性とセクターを表し、投資家が米国市場を理解するのに役立ちます。

金融システムが最も発達した国として、米国株式市場は常に多くの国際投資家のお気に入りの場所でした。そして、米国株について言えば、米国株式市場指数について語ることは避けられません。一般的に言えば、米国株への投資アイデアがある限り、米国株式市場指数を研究することは避けられません。初心者投資家が知っておくべき米国株式指数の概要とその特徴を具体的に見てみましょう。

U.S. Stock Indices米国の株価指数とは何ですか?

株価指数は、株式市場全体の価格水準の変化を表す重要な指標であり、個々の株式のボラティリティよりも市場のファンダメンタルズのより優れた尺度を提供します。米国株価指数は、米国株式市場の全体的な状況を反映する重要な指標です。投資家は、これらの指数を観察することで、米国株式市場の動向や市況について知ることができます。


米国の株式市場では、ダウ・ジョーンズ、S&P、NASDAQの3つの指数が最もよく使用されています。その中でも最も有名なダウ・ジョーンズ指数は、ダウ・ジョーンズ工業株平均(略称DJIA)で、1885年にダウ・ジョーンズ出版の創設者チャールズ・ダウ・ジョーンズによって作成され、米国株式市場で最も古く、最も有名な株価指数の1つです。


DJIA は米国の大手企業 30 社の株式で構成されており、米国株式市場の重要な指標として、また世界の株式市場を代表する指数の 1 つとして広く認識されています。工業、金融、テクノロジーなど、さまざまな分野の代表的な企業をカバーしているため、米国経済全体の健全性を示す指標と見なされています。


また、ダウ・ジョーンズ運輸株平均は、航空会社、鉄道、海運などの運輸業界の20社の株式で構成されており、経済運輸の状況を示す先行指標の一つとされています。一方、ダウ・ジョーンズ公共株平均は、電気、天然ガス、水道などの公益事業会社の15社の株式で構成されており、公益事業業界全体の業績を反映するために使用されています。


ダウ・ジョーンズ総合指数は、ダウ・ジョーンズ工業株30種平均、ダウ・ジョーンズ運輸株30種平均、ダウ・ジョーンズ公共株30種平均の組み合わせで構成され、米国株式市場の幅広いパフォーマンスを表しています。同時に、ダウ・ジョーンズは、ダウ・ジョーンズ米国大型株指数やダウ・ジョーンズ米国小型株指数など、米国のさまざまな市場やセクターをカバーする一連の指数も作成しています。


一方、S&P指数は、スタンダード・アンド・プアーズ・グローバル・レーティング・サービスがまとめた一連の株価指数であり、その中で最も有名なのは、米国の大手上場企業500社の株式を網羅したS&P500指数です。S&P500は、世界で最も重要な株価指数の1つであり、米国株式市場の最も代表的な指数の1つであり、米国株式市場全体のパフォーマンスを追跡するために広く使用されています。


S&P 100 指数は「ブルーチップ指数」とも呼ばれ、米国の上場企業上位 100 社で構成され、S&P 500 指数のサブセットが含まれています。S&P 1500 指数は、S&P 500 指数、S&P MidCap 600 指数、および S&P SmallCap 400 指数で構成され、米国株式市場の大企業、中規模企業、小規模企業をカバーしています。


ナスダック指数は、ナスダック株式市場がまとめた一連の株価指数で、ナスダック総合指数とナスダック 100 指数が含まれます。ナスダック総合指数はナスダック取引所に上場されているすべての株式をカバーし、ナスダック 100 指数はナスダック取引所の上位 100 社の非金融企業 (主にテクノロジー企業) の株式をカバーします。


一方、NASDAQ バイオテクノロジー指数はバイオテクノロジー部門の業績を追跡し、NASDAQ 取引所に上場しているバイオテクノロジー企業の株式を含んでいます。一方、NASDAQ 銀行指数は銀行業界の業績を追跡し、NASDAQ 取引所に上場している銀行および金融サービス企業の株式を含んでいます。


ナスダック コンピュータ インデックスは、コンピュータ テクノロジー業界の業績を追跡するもので、ナスダック取引所に上場されているコンピュータ ハードウェア、ソフトウェア、およびサービス企業の株式が含まれています。一方、ナスダック インターネット インデックスは、インターネットおよび電子商取引業界の業績を追跡するもので、ナスダック取引所に上場されているインターネットおよび電子商取引企業の株式が含まれています。


これ以外にも、ニューヨーク証券取引所指数、ラッセル 2000 指数、フィラデルフィア半導体指数など、重要な米国株価指数は数多くあります。最初の 3 つほど有名ではないかもしれませんが、特定のセクターや特定の市場で重要な指数は他にも多数あります。例としては、ダウ ジョーンズ運輸株平均、ウィルシャー 5000、NASDAQ 100 などがあります。

U.S. stock index chart注目すべき米国株価指数

米国株価指数は数多く存在しますが、それぞれの指数には特徴や重要性があり、投資家は自分の好みや投資戦略に応じて、1つまたは複数の指数に重点を置く必要があります。実際、これは投資目的、リスク許容度、投資戦略の観点から見る必要があります。


たとえば、米国の 3 大株価指数であるダウ工業株 3 種平均、S&P 500、ナスダック総合指数を例に挙げてみましょう。これら 3 つの指数は、米国株式市場におけるさまざまな業種や規模の株式を総合的に表しており、投資家に重要な市場参照と投資の選択肢を提供しています。同時に、それぞれに独自の特性と重要性があり、さまざまなタイプの投資家や投資戦略に適しています。


ダウ・ジョーンズ工業株平均(略称DJIA)は、比較的安定した構成銘柄を持つ米国の有名大企業30社で構成され、工業、金融、エネルギーなど幅広い産業分野をカバーしています。米国経済の全体的な状況を表し、米国産業の発展を反映する最も信頼できる指数です。


DJIAは米国株式市場で最も古く、最も有名な株価指数の一つであり、米国株式市場のバロメーターとして広く認識されています。対象企業は、収益性と市場地位が比較的安定している老舗企業です。また、価格加重平均を使用して計算され、継続的な調整と最適化を通じて、産業セクターの株式市場の状況をより正確に反映することができます。構成銘柄は30銘柄しかありませんが、長い歴史があるため、投資家に広く注目されています。


株式市場を理解し始めたばかりの投資家にとって、ダウ・ジョーンズ工業株平均は良い出発点です。この指数には有名企業や老舗企業がいくつか含まれているため、初心者が市場の基礎や仕組みをより簡単に理解するのに役立つ優れた方法となります。


他の米国株価指数と比較すると、ダウ工業株30種は比較的ボラティリティが低いです。ダウ工業株30種には30社しか含まれておらず、そのほとんどが確立した安定した企業であるため、より多くの企業を含む他の指数よりもリスクが少し低くなります。


また、ダウ工業株30種平均は米国経済のあらゆる分野の主要企業を代表するため、長期投資家にとっては、市場パフォーマンスの総合的な参考となり、長期的な意思決定に役立ちます。とはいえ、ダウ工業株30種平均は多くのタイプの投資家に適しています。


S&P 500 指数 (S&P 500) は、1967 年にスタンダード & プアーズによって作成および維持されており、米国の大手上場企業 500 社の株式で構成され、より広範な市場をカバーしています。カバーされている業界と企業はより包括的で、工業、テクノロジー、ヘルスケア、金融などの幅広いセクターが含まれます。ダウ ジョーンズ指数の 30 銘柄と比較すると、S&P 500 指数はリスクをより分散し、市場の変化をより幅広く反映できます。


また、構成銘柄は時価総額上位500位以内、4四半期連続の黒字など厳しい規制があり、時価総額加重方式で算出されています。米国株式市場の重要な代表銘柄とされ、米国株式市場全体の動向を素早く把握することができます。また、S&P500の重要性はSECにも認められており、近年では米国メルトダウンメカニズムの算出基準にもなっています。


株式市場を理解し始めたばかりの投資家にとって、S&P 500 は良い出発点です。投資家は S&P 500 指数を追跡することで、市場と業界分布の全体的な傾向を理解し、投資のアイデアとリスク認識を構築することができます。また、この指数は米国経済の幅広い範囲を表し、さまざまな業界の大企業をカバーしているため、長期投資家にとっては長期的に比較的安定した収益をもたらします。


また、パッシブ投資家にも人気があります。パッシブ投資家は、頻繁な売買を避け、株式を長期保有して市場全体のパフォーマンスを追跡する傾向があります。S&P 500 インデックス ファンドまたは ETF (上場投資信託) に投資することで、パッシブ投資家は幅広く分散されたポートフォリオにアクセスし、低コストで市場のパフォーマンスを追跡できます。


ナスダック総合指数は、ナスダック証券取引所が作成する株価指数で、ナスダック取引所に上場している普通株すべてが含まれています。構成銘柄は約3,000社で、上場や時価総額に関して厳しい条件が設けられており、時価総額加重方式で算出されています。


ナスダック総合指数は、テクノロジー、インターネット、バイオテクノロジー、成長企業などの新興産業を含むあらゆる業種と規模の企業を網羅する複合指数であり、米国株式市場全体の評価に広く利用されています。ニューヨーク証券取引所の上場企業と比較すると、ナスダックの上場企業はより自由であるため、多くの新興企業やテクノロジー企業を網羅しています。


米国経済がハイテク産業に転換していることを反映して、テクノロジー株指数とも呼ばれています。そのため、ハイリスク・ハイリターンを求める投資家にとって魅力的です。ただし、ハイテク企業や成長株が多く含まれているため、ボラティリティも高い可能性があります。


NASDAQ 総合指数には成長株が多く含まれているため、ボラティリティが高くなる可能性があります。リスクを負って高いリターンを求める投資家にとって、NASDAQ 総合指数は、幅広いテクノロジーおよび成長セクターをカバーする投資機会を提供します。


全体的に、初心者や低リスクを好む投資家は、ダウ・ジョーンズ工業株平均や S&P 500 に目を向ける傾向があるかもしれません。より高いリスク、より高いリターンを求める人、またはテクノロジー企業や成長企業に関心がある人は、ナスダック総合指数に目を向ける傾向があるかもしれません。もちろん、米国株価指数に直接投資するだけでなく、投資家は米国株価指数ファンドに投資することで同様の投資収益を得ることができます。

Which U.S. stock index to watch

米国株式インデックスファンド

これは、ダウ・ジョーンズ工業株平均、S&P 500、ナスダック総合指数などの特定の米国株価指数を追跡するように設計された投資手段です。これらのファンドは、構成銘柄を保有し、特定の指数のウェイトに従って資産を配分することで、指数のパフォーマンスを再現します。その結果、その投資戦略は通常、受動的であり、頻繁な売買操作を必要としません。


米国株式インデックスファンドは、幅広い市場指数(S&P 500、ダウ・ジョーンズ工業株30種平均など)、セクター指数(テクノロジー、金融、ヘルスケアなど)、規模指数(NASDAQ 100、ラッセル2000など)など、さまざまな種類の指数をカバーしています。


米国インデックスファンドは市場指数のパフォーマンスを追跡するように設計されているため、長期投資家に適しています。長期投資家は、長期にわたって保有し、市場全体の長期的な成長を得ることができます。アクティブに運用されるファンドと比較すると、米国株式インデックスファンドは、一般的に管理手数料と取引コストが低くなっています。手数料がより合理的であるため、投資家は低コストで市場のパフォーマンスにアクセスできます。


これらのファンドは、指数構成銘柄を保有することで特定の株価指数を追跡するため、投資家はファンドを購入して市場全体または特定のセクターに幅広く分散投資することができ、単一の銘柄または業界のリスクを軽減できます。


米国インデックスファンドのポートフォリオは通常公開されており、透明性も高く、投資家はファンドの保有資産、純資産価値、1株当たり純価値に関する情報に容易にアクセスできます。上場投資信託またはインデックスファンドとして、米国インデックスファンドは株式のように取引でき、投資家は取引日中いつでも売買できるため、高い流動性が得られます。


米国のインデックスファンドに投資するには、二次取引市場で対応する ETF を購入するのが、特定のインデックスへのエクスポージャーを得るための一般的な方法です。投資家は、投資目的、リスク許容度、市場の期待に基づいて適切な ETF を選択できます。たとえば、投資家が米国の大型株のリターンを得たい場合、S&P 500 インデックスを追跡する ETF を選択できます。テクノロジーセクターに重点を置きたい場合は、NASDAQ 100 インデックスを追跡する ETF を選択できます。


まとめると、米国株インデックスファンドは、シンプルで低コスト、分散化され、流動性が高い投資ツールであり、大多数の投資家が米国株式市場で長期投資または短期取引を行うのに適しています。投資家は、投資目的とリスク許容度に合ったインデックスファンドを選択することで、ポートフォリオの分散とリスク管理をより適切に実現できます。

2024年の米国株価指数一覧
米国株式インデックスファンド 資産管理規模 ETF価格 コスト比率 保有数 5年間の平均年率収益 配当利回り
スプリグ 250億ドル 55.49ドル 0.02% 503 12.60% 1.40%
RSP 480億ドル 156.41ドル 0.20% 504 10% 1.80%
SCHD 510億ドル 75.45ドル 0.06% 104 10.60% 3.70%
QQQE 9億1100万ドル 83.63ドル 0.35% 101 13.70% 0.80%
オーストラリア 45億ドル 50.39ドル 0.34% 1,894 2.30% 2.50%
IJH 770億ドル 274.59ドル 0.05% 405 6% 1.60%
170億ドル 52.09ドル 0.49% 100 12.30% 2.20%
IMCV について 5億9,300万ドル 67.69ドル 0.06% 310 5% 2.60%
フランス 20億ドル 36.83ドル 0.39% 1,450 7% 1.20%
AGGG 990億ドル 98.68ドル 0.03% 11,282 0.08% 4.30%

免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、信頼できる財務、投資、その他のアドバイスを意図したものではありません (また、そのように見なされるべきではありません)。この資料に記載されている意見は、EBC または著者が特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の個人に適していることを推奨するものではありません。

バークシャー・ハサウェイの時価総額と株式分析

バークシャー・ハサウェイの時価総額と株式分析

多様な投資、強力な経営、世界トップクラスの時価総額を誇るバークシャー・ハサウェイは、バフェットとマンガーの価値観を信頼されています。

2024-06-21
市場の深さの分析とその応用

市場の深さの分析とその応用

市場の深さは注文数量と価格を示し、市場の動向に関する洞察を提供し、取引の決定、コスト削減、リスク管理に役立ちます。

2024-06-21
銀行の流動性とリスク評価の概念

銀行の流動性とリスク評価の概念

銀行の流動性は、カバレッジや現金比率などの指標によって評価され、顧客の引き出しや支払いに対応するために資産を動員する能力です。

2024-06-21