テスラの歴史と投資の可能性

2024-05-02
序章

テスラの時価総額と株価は変動しますが、EV とエネルギーのリーダーシップは長期的な可能性を秘めています。投資家はリスクを慎重に評価する必要があります。

米国株に注目する投資家なら誰でも、テスラに注目しないわけにはいかない。電気自動車とエネルギーの会社として、その株価の変動はしばしば市場の注目を集めてきた。革新的なビジネスモデル、先進的な技術、そして同社の創業者であるイーロン・マスクの影響力により、テスラは注目度の高い銘柄となっている。今日は、テスラの歴史と投資の可能性について見ていこう。

Teslaテスラの創設者と歴史

多くの人は、その創業者はマスク氏だと思っている。しかし、実際にはシリコンバレーのエンジニアであるマーティン・エバーハード氏とマーク・ターペニング氏によって2003年に設立された電気自動車製造会社であり、交流電流の発明者であるニコラ・テスラにちなんで名付けられている。


創業者のマーティン・エバーハルトとマーク・ターペニングの目標は、電気自動車の可能性を示す高級電気スポーツカーを作ることでした。しかし、十分な資金がなかったため、彼らは投資を求めなければならず、最終的に億万長者のイーロン・マスクを見つけました。そして2004年、マスクはシリーズAの資金調達ラウンドで650万ドルを投資し、同社の最大株主兼会長になりました。


イーロン・マスクは、フィンガーに入社して以来、同社の方向性と戦略に大きな影響を与えてきました。投資家として資金援助を行っただけでなく、同社の設計とエンジニアリングの決定にも個人的に関与しました。2006 年 8 月、マスクは同社の開発ロードマップである「3 段階」戦略を提案し、これが同社の開発アプローチの中核となりました。


「3段階」戦略は、次のとおりです。フェーズ1: 高価なニッチなスポーツカー、ロードスターを製造し、その収益を使ってより安価なモデルを開発します。フェーズ2: フェーズ1の収益を使って、より安価な中型のモデルSとモデルXを製造します。フェーズ3: 手頃な価格で、ゼロエミッションのエネルギーオプションを備えたベストセラーのモデル3を開発します。


この 3 段階の戦略に基づき、2003 年から 2008 年にかけて、テスラは自動車業界への最初の参入として、高級ニッチ電気スポーツカーであるロードスターを発表しました。自動車業界は当時、新興企業にとって非常に困難な技術および資本集約型産業でした。


当時、同社は長年の歴史を持つ伝統的な自動車会社と比べて、製造プロセス、サプライチェーン管理、ブランディングにギャップがありました。さらに、バッテリーのコストは1kWhあたり1,000ドルと高く、業界は生産コストを高くできるほど成熟していませんでした。そこで同社は、電気自動車の航続距離の短さに対する人々の認識を大胆に覆すために、まずは高級電気スポーツカーを発売することを決定しました。


2006 年 7 月、テスラはロードスター スポーツカーを正式に発売しました。英国のロータス カーズと共同で開発されたロードスターは、100 キロメートルの加速時間が約 3.7 秒、航続距離が 400 キロメートルで、価格は 98,000 ドルからでした。発売後、この車は多くのハリウッド スターやシリコン バレーの幹部などの社交界の人々に愛用されました。


しかし、サプライチェーンとコア部品技術のボトルネックにより、ロードスターの生産コストは制御不能に陥り、生産量が低下しました。CEOのマーティン・エバーハルトのリーダーシップの下、同社のチームは技術開発と性能向上に集中しすぎて、生産手配と製品管理を怠ったため、製品スケジュールに深刻な遅延が生じました。


2007 年 6 月、ロードスターの生産開始のわずか 2 か月前に、同社はまだコア コンポーネントである 2 速トランスミッションの開発を完了していませんでした。さらに、サプライ チェーンの購買規模が小さかったため、最初の 50 台のロードスターの生産コストは平均 65,000 ドルから 100,000 ドル以上に上昇し、一部の先行予約がキャンセルされました。


創業者のエバーハードは、経営の失敗と制御不能な経費により、2007 年 8 月に CEO を解任されました。マスクが会社の日常業務を引き継ぎ、その後数年間で、モデル S、モデル X、モデル 3、モデル Y など、非常に人気のある電気自動車モデルをいくつか発売しました。同社の成功は世間に認められています。


これらのモデルは世界中の消費者に愛され、同社の急成長の原動力となった。一方、マスク氏はテスラへの投資を続け、同社が革新と拡大に十分な資金を確保できるようにしている。マスク氏のリーダーシップの下、同社は電気自動車で大きな成功を収めただけでなく、エネルギー貯蔵や太陽エネルギーにも進出している。


同社の急速な成長と並外れた業績にもかかわらず、マスク氏の経営スタイルと会社の運営方法は、いくつかの論争を引き起こしている。例えば、同氏は職場で高圧的な方針を採用し、高い生産目標を達成するために従業員に残業を要求している。このスタイルは従業員にとってストレスになることもあるが、場合によっては会社の成功に貢献している。


全体的に、テスラの歴史は、スタートアップ企業が世界的な電気自動車の巨人になった物語です。テスラの歴史は、成功と躍進に特徴づけられるだけでなく、課題や論争も伴ってきました。しかし、いずれにせよ、テスラは電気自動車と持続可能なエネルギーのリーダーの 1 つになりました。

Tesla's market capitalizationテスラの時価総額

世界で最も価値の高い自動車メーカーの 1 つであるテスラの時価総額は、市場の変動に応じて変動します。時価総額は、電気自動車事業の業績、生産量と納入量、市場の需要、技術革新、規制政策、マクロ経済状況、再生可能エネルギーに対するテスラの投資と研究開発など、さまざまな要因の影響を受けます。


2010 年 6 月 29 日、テスラは NASDAQ で新規株式公開 (IPO) を行い、株式公開企業となりました。このとき、同社の株価は 1 株あたり 17 ドルに設定され、IPO で総額約 2 億 2,600 万ドルが調達されました。当時、同社の時価総額は比較的低かったのは、高級電気スポーツカーであるロードスターの製造に注力する新興企業だったためです。


上場後数年間、同社の時価総額は低水準で推移した。これは、同社の生産およびサプライチェーン管理の難しさや、製品ラインナップの少なさによるものだった。生産面では、ロードスターは生産コストが高く、サプライチェーンの問題もあり、同社は長年にわたり収益性を達成するのに苦労していた。


同社がモデルS電気セダンを発売したのは2012年になってからで、市場で大成功を収めました。この車は、その優れた性能、航続距離、デザインで消費者を魅了し、電気自動車市場の革新的な代表として見られました。その成功により、同社の売上高と利益も増加し、同社に対する投資家の信頼も高まりました。同社の業績が改善し続けるにつれて、テスラの時価総額は着実に上昇し始めました。


2017 年には、より手頃な価格の電気自動車、モデル 3 が正式に発売されました。この車の発売は、同社にとって大衆市場における重要な躍進となりました。比較的手頃な価格と、同社のブランドの品質と技術により、この車は多くの注目を集め、消費者からの購入につながりました。


モデル 3 の販売が増加するにつれて、同社の収益と利益はさらに向上し、同社の時価総額の成長にプラスの影響を与えました。モデル 3 の成功により、投資家は同社の将来性についてより楽観的になり、その結果、同社の時価総額はさらに上昇しました。


その後、同社は中国やヨーロッパでの工場建設など、グローバル展開を積極的に進めていった。例えば、中国では中国市場における主要生産拠点となる上海スーパーファクトリーを建設し、ヨーロッパではベルリン工場を建設した。これらの工場建設により、同社の生産能力は大幅に向上し、世界市場での競争力が強化された。


全世界でTEの電気自動車の販売は引き続き伸びており、同社の時価総額はさらに上昇しました。同時に、持続可能なエネルギーと環境問題に対する世界的な関心が高まるにつれて、電気自動車と再生可能エネルギーにおける同社の主導的地位はさらに強化されました。また、バッテリー技術、自動運転、持続可能なエネルギーにおける革新的な能力により、市場における主導的地位を維持しています。


同社はこの数年間、急成長を遂げ、2021年には時価総額が1兆ドルの大台を超えました。この節目の瞬間は、同社にとって新たなレベルの成功を意味します。また、同社の将来の成長に対する投資家の信頼と、電気自動車業界および持続可能なエネルギー部門の急速な成長を反映しています。


時価総額の変動を経験した他の企業とは異なり、同社のCEOであるイーロン・マスクは、同社の意思決定、製品の発売、マーケティング戦略において主要な役割を果たし、製品の発売、ソーシャルメディアでのやり取りなどにおいて市場と投資家に大きな影響を与えてきました。この「マスク効果」は、同社の時価総額の成長にも貢献しています。


2022年から現在まで、テスラの時価総額は、電気自動車と再生可能エネルギーに対する市場の期待の調整により、浮き沈みを経験してきました。さらに、世界的なサプライチェーンの問題と市場での競争の激化も、時価総額に影響を与えています。2024年初頭の時点で、時価総額は約数千億ドルに落ち込んでいます。


しかし、重要なのは、北米の電気自動車市場でのシェアがわずか1%程度であるにもかかわらず、同社の時価総額は他のすべての自動車メーカーの時価総額の合計を上回っているという点だ。そして全体として、同社の時価総額は急速に成長し、何年も赤字が続いていたにもかかわらず、2010年の上場以来100倍に倍増している。


2019年の時価総額500億ドルと比較すると、テスラの時価総額はわずか数年で劇的に成長しており、電気自動車と持続可能なエネルギーに対する市場の大きな関心と投資信頼を反映しています。そのため、時価総額の変動にもかかわらず、全体として、電気自動車と再生可能エネルギーにおける同社のリーダーシップにより、同社は輸送およびエネルギー業界の将来における主要プレーヤーの1つと見なされています。

Tesla Revenue by Yearテスラ株

テスラの株価は過去10年ほどで大幅に上昇し、投資家の間で人気の投資対象となっている(ティッカー:TSLA)。しかし、同社の株価は過大評価されていると考える人は多く、同社CEOのイーロン・マスク氏自身も、株価が過大評価されている可能性があると示唆している。しかし、投資家は引き続き同社の株を買い続けており、株価は上昇を続けている。


これは、同社が電気自動車分野で優れた業績を上げているだけでなく、クリーンエネルギーや自動運転の分野でも重要な事業を展開しているという事実によるものです。これらのイノベーションと市場見通しは投資家の注目を集めています。同社の株価は過大評価されているかもしれませんが、電気自動車、クリーンエネルギー、自動運転などの分野での同社の可能性は有望です。


テスラの株価は、電気自動車やクリーンエネルギー分野に対する市場の楽観論と、これらの分野における同社のリーダーシップにより、パンデミック中に大幅な上昇を経験しました。しかし、2021年11月以降、株価は下落し始め、65%の下落を記録しました。今年に入ってから、同社の株価は41%も下落しています。


これは、2023年第4四半期の収益報告の不振により株価が13%急落したためである。時価総額は1か月で2,500億ドル減少し、約30%の下落となった。収益報告に見られるように、同社は収益と1株当たり利益の両方で予想を下回る業績となるなど、期待を下回った。同時に、同社の粗利益率は低下し、同社の収益性に影響を与えている。


また、同社は売上高の伸びを維持するために、長期にわたって値下げ戦略を採用しており、これが利益の圧迫につながっています。決算報告に見られるように、同社の売上高は2023年第4四半期に17%増加しましたが、収益は3.5%の増加にとどまっており、値下げに加えて値下げが同社の収益と収益性に大きな影響を与えていることを示しています。また、過去1年間、高マージンと需要の減少という課題に直面しており、値下げにさらなる圧力がかかり、その結果、粗利益率は低下し続けています。


同社の経営陣も将来については慎重で、2024年は成長が鈍化する年になると予想し、同社が多くの課題に直面していることを認識している。そのため投資家は、電気自動車、クリーンエネルギー、自動運転におけるイノベーションの可能性など、同社の潜在的な機会とリスクを、株価下落の大きな要因となっている現在の市場の課題と収益圧力と比較検討している。


とはいえ、テスラがイノベーションと成長の目標を達成できれば、投資家は長期的に大きな利益を得られる可能性がある。なぜなら、テスラは電気自動車分野のマーケットリーダーの1社であり、幅広い市場需要と、革新的なデザイン、強力なブランドプレゼンス、そして常に向上し続ける技術力に対する好評を得ているからだ。


そして市場では、電気自動車が現在の自動車販売の約 10% から、今後 5 年間で 50% 以上に成長すると予想されています。業界全体が 5 倍に成長するにつれて、この破壊的変化の最前線に立つ企業は大量の自動車を販売することになります。彼らは莫大な利益を生み出し、莫大な株主価値を引き出すでしょう。そしてこの分野では、テスラが最も確実なリターンを得られる投資先となるでしょう。


予想通り、先週、同社は2024年第1四半期の収益報告書を発表し、その結果、株価は劇的に上昇しました。また、同社の株価は現在不安定ではあるものの、真のバリュー投資家は同社の基本的な価値を認識しており、長期的に投資する価値のある株であると考えていることも示されました。


テスラの株価は、その高いボラティリティと大幅な価格変動で知られています。これは、事業の成長、財務実績、電気自動車市場とクリーンエネルギー部門における革新的な進歩だけでなく、市場の感情や全体的な経済状況にも影響されます。


総じて、テスラは電気自動車と持続可能なエネルギーのリーダーとして大きな投資可能性を秘めています。しかし、投資にあたっては、投資家は同社の事業、財務状況、市場動向、潜在的リスクを十分に理解し、自身のリスク許容度に基づいて判断する必要があります。一方、他の投資と同様に、投資家はリスクを分散するために、単一銘柄への過度な集中を避ける必要があります。

テスラの時価総額と株価
期間 時価総額 ストック
2010–2012 2010年に低いキャップでNASDAQに上場しました。 1株当たり1.7ドル(IPO時の価格)
2012–2017 モデルSの成功により時価総額は増加しました。 株価は2ドルから24ドルに上昇した。
2017-22020 モデルSの成功により時価総額は増加しました。 2020年12月のピークは239.57。
2020-22023 時価総額は1兆ドルを超え、自動車業界をリードした。 最高値は381.59ドルでした。
2023年現在 経済的、競争的な圧力によって変動します。 現在 168.29 ドル

免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、信頼できる財務、投資、その他のアドバイスを意図したものではありません (また、そのように見なされるべきではありません)。この資料に記載されている意見は、EBC または著者が特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の個人に適していることを推奨するものではありません。

Metaの株式分析と投資洞察

Metaの株式分析と投資洞察

メタの強固な財務と多様な事業は、競争や市場の変化にもかかわらず、長期投資家にとって同社の株式を魅力的なものにしています。

2024-06-14
購買力平価:理論の基礎と応用

購買力平価:理論の基礎と応用

購買力平価理論では価格に基づく為替レート評価を使用しますが、コストや政策により失敗する可能性があります。その外国為替の制限を理解してください。

2024-06-14
スタグフレーションの原因、影響、対応

スタグフレーションの原因、影響、対応

スタグフレーションとは、供給不足と需要低下によって生じるインフレであり、経済の減速と物価上昇を引き起こし、金融政策によって対処されます。

2024-06-14