西側諸国が新たな制裁を検討し、原油価格が上昇

2024-04-18
序章

木曜日、原油価格は供給懸念から上昇した。米国はベネズエラに対する原油制裁の再開を計画しており、EUはイランに対する新たな制裁について協議している。

供給不安が再燃したため、木曜日の取引開始早々、原油価格は上昇した。米国はベネズエラに対する原油制裁を再開すると発表し、EUはイランに対する新たな制限措置について協議した。

米政府高官によると、彼らは「非常に慎重な検討を完了」し、合意のいくつかの重要な分野でマドゥロ政権が「不十分な点があった」と判断した。


米財務省は昨年、この南米諸国のエネルギー部門との取引を一時的に許可した。制裁は45日以内に再び発効する。


一方、EUのジョセップ・ボレル外務政策担当長官は、週末にイスラエルがミサイルとドローンの集中攻撃を受けたことを受けて、一部の加盟国がイランに対する制裁の拡大を求めたと述べた。


シタデルは、米国の産油国が示した「規律」を理由に、OPECプラスが世界の供給を再び掌握したため、石油市場は今年後半に「極めて逼迫」する見通しだと述べた。


一部のアナリストは、原油価格が1バレル100ドルを超えた場合、カルテルは市場シェアのさらなる低下を避けるため、生産制限を緩和すると指摘している。

XBRUSD

ブレント原油は、今週の大幅な下落にもかかわらず、上昇ラインを上回ったままです。そのため、90ドルの抵抗に向けて上昇する可能性は高いでしょう。


免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、信頼できる財務、投資、その他のアドバイスを意図したものではありません (また、そのように見なされるべきではありません)。この資料に記載されている意見は、EBC または著者が特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の個人に適していることを推奨するものではありません。

絶望的な円安にもかかわらず日経平均は39,000円を回復

絶望的な円安にもかかわらず日経平均は39,000円を回復

火曜日、円は1ドル160円と34年ぶりの安値を付け、アジア株を圧迫した。日本の日経平均株価は3万9000円となり、6月11日以来の高値となった。

2024-06-25
テクノロジー疲れと市場の慢心が投資家を不安にさせる

テクノロジー疲れと市場の慢心が投資家を不安にさせる

S&P 500とナスダック100は金曜日に若干下落して取引を終えた。エヌビディア株は2日連続で下落し、大手テクノロジー企業の疲弊の兆候を示した。

2024-06-24
政策決定を受けてポンドはスイスフランに対して上昇を続ける

政策決定を受けてポンドはスイスフランに対して上昇を続ける

ポンドは、イングランド銀行とスイス中銀の政策の相違により、金曜日にスイスフランに対して3度目の上昇を狙ったが、市場の雰囲気が悪く、その上昇は抑制された。

2024-06-21