安全な通貨であるスイスフランにとっては地獄のような年となるだろうか?

2024-03-07
序章

スイス経済は好調だがインフレは鈍化しているため、中銀が早期に利下げに踏み切る可能性がある。

SNBのトーマス・ジョーダン会長は12年間の任期を終えて第3四半期末に退任する。このテクノクラートは、絶えず変化する環境の中で経済を舵取りしたことで称賛されている。


同氏は2007年に世界市場に打撃を与えた金融危機の直前に金利設定者となり、2012年にはスキャンダルに見舞われた前任のフィリップ・ヒルデブランド氏の後任となった。


ジョーダン氏は、クレディ・スイスの破綻は自身の決定にいかなる影響も与えていないと述べた。それにもかかわらず、彼の辞任は、今年主要な同業他社を下回るパフォーマンスを示したスイスフランの価値を高めることになった。

USDCHF

しかし、フラン高を抑制するために中銀が2014年末にマイナス金利を導入したにもかかわらず、通貨は過去10年間で対ドルや対ユーロで急騰した。


この超緩和政策は、世界的なインフレ危機によりSNBが2022年に方針変更を余儀なくされるまで実施されていた。市場は現在、インフレ鈍化を受けて今月下旬にSNBが低金利に戻ると予想している。


スイス中銀ジョルダン総裁は1月のインタビューで、中銀の最新のインフレ予測を踏まえるとさらなる利上げは必要ないとしながらも、「インフレとの戦いはまだ完全には勝利していない」と述べた。


同氏は、通貨高がスイス経済、特に輸出国に悪影響を及ぼしていることを認めた一方で、今後景気後退に陥る可能性は低いと強調した。


安全な避難所

先月のスイスのインフレ率は予想よりも鈍化し、コア指標はさらに低かった。この展開により、スイス中銀が早期に利下げに踏み切るのではないかという憶測が弱まる可能性がある。


スイス統計局によると、消費者物価は前年比​​1.2%上昇した。ブルームバーグ調査の予測中央値1.1%は下回ったものの、1月の1.3%からは低下した。

Swiss Consumer Price Index

ECBとは異なり、SNBは2023年5月以来目標を達成している。中銀は12月、予想物価上昇率を2024年に1.9%、2025年に1.6%の水準に引き下げ、物価圧力の解消を示唆した。


エコノミストらは、最新の統計はインフレ率が中銀の予想よりも低いことを示している可能性があると指摘した。 UBSは第2ラウンドの効果が予想より弱いとして、予想を1.4%に引き下げた。


同国の経済は2023年を通じて回復力を示し、ユーロ圏の0.5%成長に対し0.8%成長した。その最大の輸出部門である製薬およびバイオテクノロジー産業は、通常「反景気循環」にあります。

Franc and Pound Led G-10 Gains Against Dollar in 2023

スイスフランは昨年G10通貨の中で最もパフォーマンスが良かった通貨で、SNBが以前に購入した海外資産を大量に売却したこともあり、12月には対ユーロで過去最高値を記録した。


潜在的な景気後退や中東紛争の再燃などの地政学的リスクに対する懸念の高まりも、投資家が安全資産に群がり、その強さをさらに高めた。


有罪判決の呼びかけ

スイスフランはG10通貨の中で最も有力な取引となっている。ヘッジファンドや資産運用会社は4週連続でさらなる下落への見方を強めた。


最新のCFTCデータによると、ファンドは5月8日までの週に買い越しポジションを1万2000枚以上に増やし、2023年12月以来最も弱気な​​水準となった。


ヨーロッパ最大の資産運用会社であるTDと証券はショートポジションを推奨し、フランに対して弱気な姿勢に転じ、フランに対するポジションをアンダーウエートに切り替えた。


アムンディのグローバル為替部門責任者、アンドレアス・ケーニッヒ氏は、通貨は今年末までに対ユーロで等価に達するとみているが、この見方はブルームバーグ調査の予想中央値0.98よりもさらにネガティブだ。


同氏は「スイスのインフレ率がさらに低下し、中銀がそれを認めて通貨高の必要性がなくなったとなれば、スイスフランは容易にさらに下落する可能性がある」と述べた。


ブルームバーグがまとめたデータによると、第4・四半期の為替予測のトップであるジュリアス・ベアのエコノミスト、デビッド・アレクサンダー・マイヤー氏は「フランは再び過大評価されている」と述べた。


同氏の主張は、特にSNBが外貨準備の購入を再開する可能性が低いことを考慮すると、金利低下はフランにさらなる下落圧力を及ぼすだろうと主張した。


免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、財務、投資、またはその他の依存すべきアドバイスを意図したものではありません (また、そのようにみなされるべきではありません)。資料に記載されているいかなる意見も、特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の人物に適しているという EBC または著者による推奨を構成するものではありません。

月曜日の円は156円前後で取引された。

月曜日の円は156円前後で取引された。

ドルが安定する中、投資家は米国金利の手がかりを待っている。インフレの兆候が弱いにもかかわらず、FRB当局者は慎重だ。

2024-05-20
金曜日、ドルは対ユーロで2.5か月ぶりの大幅下落

金曜日、ドルは対ユーロで2.5か月ぶりの大幅下落

今週、インフレ率の低下と米国経済の軟化の兆候からドルは対ユーロで下落し、FRBの利下げ期待が高まった。

2024-05-17
ドルは木曜日に数ヶ月ぶりの安値に下落した

ドルは木曜日に数ヶ月ぶりの安値に下落した

米国のコアインフレ率が3年ぶりの低水準となったことでドルが急落。オーストラリアドルも雇用統計が弱かったことから4カ月ぶりの高値から下落。

2024-05-16