現先契約: 金融市場の重要なツール

2024-02-02
序章

有価証券を売却して資金を確保するレポは、金融市場における短期資金調達ツールであり、流動性と資産管理にとって極めて重要です。広大なレポ市場により、連邦準備制度は通貨供給を規制し、市場金利に影響を与えることができます。

一般の金融友達なら、自社株買いと逆自社株買いというこの2つの言葉をよく聞くと思います。特に近年はFRBとの関わりも多く、金融ニュースにも登場します。しかし、ほとんどの人はこの 2 つの単語を聞いたことがあるだけで、それが何を意味するのかわかりません。次に、それらを明確にするために、金融市場の重要なツールである現先契約について話さなければなりません。

Repurchase agreement

買戻し契約とは何ですか?

現先契約 (略して REPO) は、売り手が有価証券の売却から資金を受け取り、買戻し人が利息の買い戻しを犠牲にして短期投資を受け取る短期金融商品です。このタイプの契約は、市場の流動性を規制し、短期の資金ニーズを管理し、短期投資を行うためによく使用されます。


買戻し契約では、一方の当事者が有価証券 (通常は債券) を他方の当事者に売却し、将来の指定日にそれらの有価証券を若干高い価格で買戻すことに同意します。両当事者は、売却する有価証券の数量、取引価格、買戻し日、買戻し価格などの取引の詳細について合意します。


一方の当事者が証券を他方の当事者に売却し、対応する資金を受け取ります。将来の合意された日に、売り手は同じ数の証券を売却価格よりわずかに高い価格で買い戻します。この差額は買戻し金利として知られ、買戻し当事者が受け取る投資収益率を表します。


金融機関はその日の営業を終了する前に帳簿を結ぶ必要があり、このときに毎日の現金が必要になることを認識することが重要です。特に商業銀行は、準備金の管理が終了する前に事業を終了する際に、連邦準備制度の最低要件を満たさなければなりません。ポジションを維持するだけでなく、帳簿上の十分な現金を維持するために、多くのヘッジファンドもあります。


しかし、金融市場の変化は非常に早く、状況は毎日異なります。これらの機関が独自に十分な資金を持っている場合もありますが、場合によっては、これらの機関が保有する資金だけでは十分ではありません。帳簿を結ぶ前に十分なお金が手元にない場合は、短期融資を見つけるために金融市場に行かなければなりません。融資ですから担保が必要です。これらの金融機関が提供する担保は金融商品とも呼ばれ、通常は国債、社債、有価証券などが挙げられます。


そして短期金融市場にはマネー・マーケット・ファンドがあり、短期投資に重点を置いています。したがって、彼らは通常、これらの銀行の貸し手でもあり、困っている金融機関にお金を貸しています。貸し手と借り手が合意に達したら、売買契約を締結します。


この契約には、金融担保のおおよその市場価値と、それが貸し手にいくらで売却されるかが含まれます。もちろん。この販売価格は通常、市場価格よりわずかに低くなります。何日後、売り手は金融担保を売却時の価格よりわずかに高い価格で買い戻すのでしょうか?


しかし、両当事者の立場が異なるため、この協定の呼び方は異なります。売り手(銀行)の観点からはレポと呼ばれ、貸し手(マネー・マーケット・ファンド)の観点からはリバースレポと呼ばれます。つまり、一つの協定ではありますが、名前が二つありますが、実際には同じことを言っているのです。


買戻し契約には通常、担保ではなく質権が含まれます。この契約では、売り手は買い手に有価証券を売却し、将来の特定の日に少し高い価格で買い戻すことに同意します。その過程で、売り手は事実上、取引の担保として証券を買い手に差し入れます。売り手が合意した条件で証券を買い戻すことができない場合、買い手は損失を補うためにこれらの質入れされた証券を処分する権利を有します。


質権は、通常、ローンの担保として債務証書を使用する住宅ローンとは対照的に、取引において売主によって提供される担保です。現先契約では、債務条項が担保となります。所有権が一時的に変更された場合でも、担保の所有者は毎回変わります。


これは、売り手である借り手が返済日に支払不能になった場合に、買い手である貸し手がこれらの金融担保を自ら手に入れて市場で直接販売できるように、追加のリスクをヘッジするためです。なぜなら、厳密に言えば、これらの金融商品の所有権はすでに買い手のマネーマーケットファンドに属しているからです。

現先契約の特徴
特徴 説明
短期的な性質 買戻し日と価格が定められた短期取引。
融資 双方の短期的なニーズに柔軟に対応できる資金を提供します。
利息の返還 スプレッドはレポ金利として使用され、資金調達コストを表します。
双方にとってのメリット 売り手は資金を獲得し、買戻し者は短期投資のチャンスを獲得します。
流動性管理 金融機関が流動性リスクを柔軟に管理するために使用します。
市場手段 短期金融と投資のための一般的な手段。

買戻契約の機能

金融市場で幅広く使用されており、融資、投資、流動性管理などのさまざまな分野をカバーしています。たとえば、この契約により、売主は有価証券を買主に売却し、将来の日に売値よりわずかに高い価格で買戻すことで、短期資金を得ることができます。これは短期資金調達の手段を提供します。


同時に、金融機関はこれを利用して流動性ニーズを管理できます。レポ取引に参加することで、資金ポジションを柔軟に調整できます。また、投資家にとっては、短期的で比較的リスクの低い投資手段として利用できます。購入者は、契約内の証券を購入することで一定の収益を得ることができます。


また、現先市場は市場の流動性を提供する上でも重要な役割を果たしています。金融機関や投資家はこの市場を通じて売買できるため、市場の円滑な機能が確保されます。そして中央銀行はそれを金融政策のツールとして活用することもできます。中央銀行はリバースレポ・オペレーションを実施することで市場に流動性を注入することができ、一方、ポジティブ・レポ・オペレーションを通じて市場の過剰流動性を吸収することができます。


具体的には、連邦準備制度に目を向けることができます。長年にわたって、FRBはレポおよびリバースレポ・オペレーションを通じて、レポ市場において非常に積極的な借り手および貸し手となってきました。 FRBはこれら2つの手段を通じて通貨発行量を制御できる。例えば、現先取引を通じて銀行やその他の金融機関に手持ちの債券を売却し、市場に流れ込む現金を集めます。一定の水準まで待ってから債券を買い戻すことで、市場に現金が注入されます。


FRBはレポ金利も管理しており、リバースレポ機能はマネーマーケットファンドの資金の行き先として最適だ。それはFRBが固定金利を提供しているからです。プライマリーディーラーやその他の金融機関がこれほど高い金利を設定しない場合、マネーマーケットファンドは資金をFRBに保管するだけになります。


同時に、FRBの買戻しメカニズムは、買戻し時に金利が急激に上昇することを防ぎます。これはFRBのレポが金利に上限を設けているためだ。同氏はプライマリーディーラーであるため、FRBから直接借入する権限を与えられている。マネー・マーケット・ファンドの金利がFRBが設定する金利よりも高ければ、間違いなく誰もがFRBから直接借り入れをするでしょう。

Fed Uses Repurchase Agreements to Influence Interest Rates現先契約市場

参加者間で買戻し取引が行われる金融市場です。この市場は、短期の資金調達と資産の取引のためのメカニズムを提供し、通常は金融機関、中央銀行、その他の大規模組織が含まれます。


レポ市場は、現代の金融市場にとって非常に巨大で不可欠な部分です。不完全な統計によると、レポ市場は約3兆4000億ドルで、米国債を担保とする翌日物レポだけでも1日あたり1兆ドルに達する可能性がある。


レポ市場では、一方の当事者(通常は金融機関または中央銀行)が一部の資産(通常は債券)を売却することに同意し、将来の特定の日にそれらの資産を買い戻すことに同意します。相手方はこれらの資産を購入することで短期資金を提供します。このような取引の期間は非常に短く、通常は 1 日、1 週間、またはそれより少し長い場合があります。


レポ市場では、一般的な借り手は売り手としても知られています。通常、プライマリーディーラーという、連邦準備制度と直接取引する権限を持つ大手金融機関が存在します。借り手はプライマリーディーラーに加えて、他にも大規模な投資ファンドを抱えている。


そして貸し手側の主体はマネー・マーケット・ファンドである。短期投資のみに焦点を当てた特殊なタイプの投資ファンドです。マネー マーケット ファンドでは、投資家がいつでも資金を引き出すことができます (通常は 2 営業日)。


金融機関は、この市場を利用して短期流動性ニーズを管理できます。資産を売却したり買い戻したりすることで、キャッシュ フローを効果的に調整できます。中央銀行は通常、この市場を利用して金融政策を実施します。レポ金利を変更することで、市場の短期金利の水準に影響を与えることができます。


金融機関はこの市場をバランスシート調整に利用できます。四半期末や年末には、資産と負債のバランスを取る必要がある場合があり、レポ取引はそのための便利な方法です。参加者は転換市場を利用して短期資金を得ることができます。これは、短期的な責任と支出のニーズを満たすために不可欠です。


特に米国国債は、米ドルによるレポ取引が世界中の主要な金融センターで行われているため、非常に流動性が高いです。非常に大規模なレポ市場が背後にあるため、米国国債さえもお金とみなされます。


米国国債市場自体は非常に強力な流動性と非常に大規模なため、1日あたり1兆ドルのレポ規模により、投資家はいつでも財務省債を銀行の預金に変えることができ、コストはほとんどかかりません。そして希望すれば、翌日にはドルを財務省に戻すこともできる。


長期間借入する必要がある場合は、買戻契約を繰り越すことができます。米国国債が貨幣とみなせるのは、国債と銀行預金との間で容易に交換できることによってです。


レポ市場の流動性と規模に加えて、安価な財務レバレッジとしてよく使用されます。あなたがヘッジファンドで、別の資本管理会社から Apple 株を 1,000 ドル購入す​​ることを計画しているとします。それが到着したら、向きを変えてレポ市場で売ります。結局のところ、株式は国債ほど安全ではありません。


マネーマーケットファンドは価格をもう少し、たとえば 100 ドル割り引くかもしれません。そして実際に900ドルを受け取ります。そして、明日それらの株を900.05ドルで買い戻すことに同意します。そしてそのニッケルは翌日物の利息となります。


これは、わずか 100 ドルの場合と同じになります。 1.000ドル相当のApple株を購入する。翌日、正しい方向に目を向ければ、Apple の株価は上昇し、1.000 ドルの株は 1.100 ドルになります。株式を売却した後、マネー マーケット ファンドに 900.05 ドルを返済します。その間の 199.95 が利益です。


現先市場は金融システムにおいて重要な役割を果たしており、金融市場と経済全体の円滑な運営に影響を与えます。この市場は、その柔軟性と効率性により、あらゆる種類の金融機関にとって、短期融資と資産管理のための重要なツールとなっています。

現先市場の特徴
特徴 説明
高い機動性 資産は短期の資金調達ニーズを満たすために簡単に流動化されます。
柔軟性 バランスシートの変化に適応するための柔軟な資金調整が可能になります。
大規模 大規模で参加者が多く、金融市場における重要な流動性。
多様化 国債や社債などさまざまな選択肢があります。
規制政策 中央銀行のレポ金利調整は短期金利に影響を与える。

免責事項:この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、財務、投資、またはその他の信頼すべきアドバイスを意図したものではありません (また、そのようにみなされるべきではありません)。資料に記載されているいかなる意見も、特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の個人に適しているという EBC または著者による推奨を構成するものではありません。

貴金属の取引方法とチャネル

貴金属の取引方法とチャネル

貴金属取引の投資方法には、現物投資、ETF、先物などがあります。投資家は適切な方法を選択する必要があります。

2024-04-12
EBITDA の概念と応用に関するガイド

EBITDA の概念と応用に関するガイド

EBITDA は、利子、税金、減価償却、償却前の中核事業利益を反映します。欠点はあるものの、収益性と支払い能力を評価するのに役立ちます。

2024-04-12
銀価格の履歴 変化と今後の動向

銀価格の履歴 変化と今後の動向

銀価格は、供給、需要、価格操作の影響を受け、下落しました。現在、世界経済と産業需要により、価格は上昇しています。

2024-04-12