為替介入は苦境に陥った円の最後の藁

2023-06-07
序章

資産管理会社はヘッジファンドとともに円に対する弱気姿勢を強めており、日銀が超緩和的な金融政策の調整を急ぐ可能性は低いとの見方が出ている。

大きな販売圧力

資産管理会社はヘッジファンドに参加し、日銀が超緩和金融政策の調整を急ぐ可能性は低いとの見方が出ているポリシー


5月までの2カ月間、円は対ドルで4.7%下落した主要通貨同行で2番目の差を示した。

USDJPY

資産管理会社はこのようなポジションを2023年までの最大レベルに引き上げた米国商品先物取引委員会のデータによると、5月30日までの5日間。


これは、社長たちが解雇されてから2週間連続で純売人になったことを意味しています。11週連続で純買い手が現れた。


つい1週間前、レバレッジファンドは円の正味ヘッダーをここ1年で最も多い。


日本の4月の貿易赤字は21カ月連続赤字、一部は円安による輸入増が原因。


日銀は維持する可能性が高いマイナス金利政策であり、他の世界の中央銀行はすでに金利を引き上げているみずほ銀行(Mizho Bank)シニアマーケットストラテジストの鈴木研吾氏(Kengo Suzuki)は東京にある有限会社。


しかし、ドルの上昇幅は142円台にとどまる可能性があると予測した。米国の緊縮政策がピークに近づいていることを考えると、年末には130に近づくだろう。


時が介入したのか。

円が下落しているため、一部のトレーダーはより大規模な介入措置に賭けている政府関係者に行動支援を促した前回の水準に達した通貨。


昨年、日本財務省は円は150円以下に下落し、1990年以来の低水準となった。

当日の人民元対ドル為替レートが145に達した場合、介入する可能性があるHSBCアジア通貨研究責任者の周氏は言う。


年介入前の通貨の前月比変化彼女は9月の失業率が6%から8%の間にあると説明した。


ゴールドマンサックスのエコノミストは研究報告書でFRBの利上げはさらに円を弱めるだろう。


FRBが利上げを続ける場合、または日銀が政策を据え置く期間は我々が予想していたよりも長く、我々はこの2つの状況を考えている彼らは、今のところ、米国の景気後退よりも近いと述べた。


日銀、財務省、金融サービス機構は5月30日、最高通貨責任者の金田正人氏は3月以来、必要であれば、政府は行動する。


日銀の次の金融政策会合は6月15日と16.中央銀行は高金利の世界で手をこまねいていると予想されるおよび高インフレ。


周氏によると、市場は「緊迫感」などの言葉に注意しなければならないという。神田や岸田文雄首相でさえ

ドルは木曜日に2週間ぶりの高値を記録した。

ドルは木曜日に2週間ぶりの高値を記録した。

木曜日、ドルは好調な経済データと弱い国債入札により2週間ぶりの高値に急騰し、市場の波紋を示唆した。

2024-05-30
オーストラリアドルは水曜日には影響を受けなかった

オーストラリアドルは水曜日には影響を受けなかった

水曜日は、FRBが利下げを延期する可能性があるためドルが上昇した。オーストラリアドルは、インフレデータが好調だったため横ばいで推移した。

2024-05-29
ユーロ圏のインフレ率は火曜日に上昇

ユーロ圏のインフレ率は火曜日に上昇

火曜日はリスク選好度の高まりによりドルが若干下落し、アジアでは通貨の動きが最小限にとどまり安定していた。

2024-05-28