サポートとレジスタンスを利用してロングとショートを両立

2023-12-26
序章

金融の分野では、投資家は安定した利益を得る戦略を模索します。サポートとレジスタンスを特定することは、市場への参入と撤退の決定を導きます。

金融市場では、投資家は常に安定した利益を生み出す戦略を模索しており、サポートとレジスタンスのレベルはエントリーポイントとエグジットポイントを判断するための重要な基準となります。 「サポートレベルでロングし、レジスタンスレベルでショートする」という格言があります。サポートとレジスタンスを使用してロングポジションとショートポジションを行うことは、多くの注目を集めている中心的な概念です。この戦略の成功は、市場トレンドの正確な判断とサポートとレジスタンスの柔軟な使用にかかっています。この記事では、投資家が市場変動の中でチャンスを掴む方法をよりよく理解できるように、この概念の詳細な分析を提供します。

support and resistance

サポートとレジスタンスの基本概念

サポートとレジスタンスはテクニカル分析における 2 つの基本概念です。これらは市場価格の動きの重要なレベルを反映しています。


サポートは単一の価格帯ではありません。むしろサポートエリアともいえるエリアです。このエリアは実際の入札価格または潜在的な入札価格で構成され、一時的に価格下落を阻止するのに十分な強度のエリアを形成します。サポートレベルが突破される可能性があるため、ここでは一時的な抑制に重点を置いていることに注意することが重要です。


同様に、抵抗レベルは領域であり、抵抗領域と呼ぶことができます。実際の販売価格または潜在的な販売価格から形成され、一時的な価格上昇を防ぐために販売だけで十分な領域を形成します。


純粋にサポートレベルとレジスタンスレベルの定義から、サポートレベルは買いエリアを表すためロングにし、レジ​​スタンスレベルは売りエリアを表すためショートしなければならない理由を理解する必要があります。この理解は、取引においてより多くの情報に基づいた売買戦略を立てるのに役立ちます。


サポートとレジスタンス、ロング戦略とショート戦略の基本原則

トレンドの判断: サポートおよびレジスタンスのロングおよびショート戦略を使用する場合は、まず市場のトレンドを正確に判断する必要があります。トレンドは投資家の友人であるため、ロングまたはショートを選択するときは、現在の市場が上昇トレンドにあるのか、下降トレンドにあるのか、あるいは横ばいにあるのかを知る必要があります。


サポートレベルの使用: 市場が下降傾向にある場合、投資家の焦点はサポートレベルになります。サポートレベルは、多くの場合、過去の価格が反発したポイントです。株価がサポートレベルを下回った場合、市場はさらに下落する可能性があり、投資家は利益を得るために空売りすることを選択できます。


抵抗レベルに焦点を当てる: 逆に、市場が上昇傾向にあるとき、投資家は抵抗レベルに焦点を当てる必要があります。レジスタンスレベルは、過去に価格上昇が阻止されたポイントです。株価が抵抗線を突破すると、さらに多くの買い注文が入る可能性があり、投資家は利益を得るためにロングを選択することができます。


横ばい市場への対応: 横ばい市場では、サポートとレジスタンスの使用も同様に重要です。投資家は、価格がサポートレベルに近い場合はロング、レジスタンスレベルに近い場合はショートして、統合の変動から利益を得ることができます。


事例分析

ロング・ショート・サポート・レジスタンス戦略の適用をよりよく理解するために、例を見てみましょう。過去数か月間株価が下落傾向にあり、投資家はそれを空売りすべきかどうか検討し始めます。テクニカル分析を通じて、彼らは明確なサポートレベルを発見し、株価は過去にこのレベルで繰り返し反発しており、市場の強力なサポートを示しています。

これに基づいて、投資家は株価がサポートレベルを下回るのを待ってからショートポジションを始めることにします。案の定、株価がサポートレベルを下回ると、市場ではさらに売りが現れ、株価は下落を続け、投資家は利益を上げることに成功しました。この事例は、空売りの決定におけるサポートレベルの重要な役割を示しています。


サポートとレジスタンスを使用してロングとショートを行うための重要な手順と考慮事項:

  1. ロング(買い)戦略:

    サポートレベルを特定する: トレンドライン、移動平均などのテクニカル分析ツールを使用して、株価のサポートレベルを決定します。サポートレベルは通常、株価が一定のレベルまで下落したときに買い手が市場に参入する意欲のあるポイントです。

    トレンドの確認: 現在の市場トレンドが上昇トレンドであることを確認すると、サポートが機能する可能性が高くなります。サポートがトレンドの位置にあることを確認してください。

    検証シグナルを待つ: 株価がサポートレベルに近い場合、強気シグナルなどのリバウンドシグナル、またはサポートレベル付近の価格によって形成される陽線があるかどうかを観察します。

    ストップロスとターゲットを設定する: リスクを制御するためにポジションをオープンするときに明確なストップロスを設定します。同時に、予想利益目標を設定することで利益を確定することができます。


  2. ショート(売り)戦略:

    抵抗レベルを特定する: テクニカル分析ツールを使用して、株価の抵抗レベルを特定します。レジスタンスレベルは通常、株価が一定のレベルに上昇したときに売り手が売りたいと思うポイントです。

    トレンドの確認: 現在の市場トレンドが下降トレンドであることを確認すると、レジスタンスレベルが影響する可能性が高くなります。抵抗レベルがトレンドにあることを確認してください。

    検証シグナルを待つ: 株価がレジスタンスレベルに近づいたら、弱気シグナルやレジスタンスレベル付近の価格によって形成される陰線など、反発の兆候があるかどうかを観察します。

    ストップロスとターゲットを設定する: リスクを制御するためにポジションをオープンするときに明確なストップロスを設定します。同時に、予想利益目標を設定することで利益を確定することができます。


  3. 予防:

    出来高の検証: 売買操作を実行する前に、取引高のパフォーマンスに注意してください。ボリュームが大きいと、サポートまたはレジスタンスレベルの妥当性を検証するのに役立ちます。

    慎重な突破: 株価がサポートレベルまたはレジスタンスレベルを突破するときは、十分なシグナルサポートがあるかどうかを確認する必要があります。誤った判断を避けるために、誤った突破口の可能性に注意してください。

    全体的な市場リスク: 取引に影響を与える外部要因を回避するために、世界的な経済要因、業界動向などを含む全体的な市場リスクに注意を払います。


  4. リスク管理とメンタルコントロール

    サポートレジスタンス戦略を使用する場合、リスク管理は重要な側面です。投資家は、価格がサポートレベルまたはレジスタンスレベルを突破した後のトレンドの不確実性を防ぐために、合理的なストップロスレベルを設定する必要があります。同時に、市場心理に振り回されず、冷静な心を保ち、合理的な判断を下さなければなりません。

サポートとレジスタンスを利用してロングとショートを両立

長期戦略 ショート戦略
サポートレベル サポートレベルは買いの関心を表すため、ロングします。 サポートレベルは買いの関心を表すため、サポートレベルでの空売りには適していません。
抵抗レベル レジスタンスレベルは売りの関心を表すため、レジスタンスレベルでロングするのには適していません。 レジスタンスレベルは売りの関心を表すため、レジスタンスレベルで空売りします。
サポートとレジスタンスの戦略 市場トレンドを評価し、サポートレベルに焦点を当て、長期戦略を選択します。 市場の傾向を評価し、抵抗レベルに焦点を当て、ショート戦略を選択します。
トレンド分析 上昇トレンドではロング戦略を選択してください。 下降トレンドではショート戦略を選択してください。
サポートレベルの使用 下降トレンドではロング戦略を選択する際の焦点となります。 サポートレベルは買いの関心を表すため、空売りには適用されません。
抵抗レベルに注目 上昇トレンドにおいてロング戦略を選択する際の焦点となります。 上昇トレンドにおいてロング戦略を選択する際の焦点となります。
長い戦略のステップ サポートレベルを利用し、トレンドを確認し、検証シグナルを待ち、ストップロスとターゲットを設定します。 ショート戦略には適用されません。
ショート戦略 サポートレベルは購入意欲を表すため、サポートレベルには適用されません。 レジスタンスレベルを利用し、トレンドを確認し、検証シグナルを待ち、ストップロスとターゲットを設定します。

また、ポジションや資金配分をタイムリーに調整することも効果的なリスク管理方法です。市場が大きく変動した場合、ポジションを適切に削減し、十分な資本準備金を保持することで、潜在的なリスクを回避できます。サポートとレジスタンスを使用してロングとショートを行うことは、テクニカル分析に基づいた効果的な戦略です。市場のトレンドと主要なレベルを正確に把握することで、投資家はより的を絞った方法で取引計画を立てることができます。ただし、これは絶対的な成功への特効薬ではありません。投資家は学びと練習を続け、経験を積み上げ、徐々に取引スキルを向上させる必要があります。


今後、市場環境が変化し続けるにつれて、サポート戦略とレジスタンス戦略が新たな展開や変化を遂げる可能性があります。投資家は、サポート戦略とレジスタンス戦略を深く理解することで知識システムを常に更新し、実際にそれらを磨き続け、柔軟に使用する必要があります。市場の変化にうまく適応し、複雑で変化し続ける金融市場でより良い利益を獲得し、富の増加を達成するために、さまざまなツールや方法が存在します。


免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、財務、投資、またはその他の依存すべきアドバイスを意図したものではありません (また、そのようにみなされるべきではありません)。資料に記載されているいかなる意見も、特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の個人に適しているという EBC または著者による推奨を構成するものではありません。

貴金属の取引方法とチャネル

貴金属の取引方法とチャネル

貴金属取引の投資方法には、現物投資、ETF、先物などがあります。投資家は適切な方法を選択する必要があります。

2024-04-12
EBITDA の概念と応用に関するガイド

EBITDA の概念と応用に関するガイド

EBITDA は、利子、税金、減価償却、償却前の中核事業利益を反映します。欠点はあるものの、収益性と支払い能力を評価するのに役立ちます。

2024-04-12
銀価格の履歴 変化と今後の動向

銀価格の履歴 変化と今後の動向

銀価格は、供給、需要、価格操作の影響を受け、下落しました。現在、世界経済と産業需要により、価格は上昇しています。

2024-04-12