場内取引とはどういう意味ですか。

2023-06-22
序章

現場取引では、双方は証券取引所の取引システムを通じて取引を行う。取引価格と数量は市場の需給関係によって決定され、取引過程は透明、公開、規範化される。

多くの投資家が彼らの投資の過程では、多くの投資家はそれが何を意味するかを完全に理解していない。今日は、みなさんに説明します。

場内取引とは?

取引所取引とは、取引所取引とも呼ばれ、すべての供給者が取引所に集まる方法競合取引。


この取引方式は取引所が保証金を受け取る特徴がある取引参加者から、清算を担当し、責任を負う約束履行保証責任


取引所では、取引も正常な取引時間を指す取引量が相対的に高く、取引が活発である。


市場では、トレーダーは通常、ブローカーが指定する取引所の席、売買注文書の提出などを担当しています。会社全体、これは通常タンクトップと呼ばれています。


場内取引には以下の特徴がある:

1.透明な取引プロセスの規範化:取引所では、取引は証券取引所内で行われ、取引プロセスは証券取引所取引プロセスの規範が透明であり、取引情報は公開されている。投資家は取引情報を照会することができる証券取引所を通じた取引システム。


2.取引価格の開示:取引所取引の取引価格市場の需給関係と取引によって決定される価格はオープンで透明です。投資家は市場に応じて取引することができる条件、情報の非対称を避ける。


3.取引コストは相対的に低い:取引所の取引コスト取引手数料、切手を含む比較的低い取引関税など。場外取引に比べて取引コストはより透明で標準化されています。


4.取引効率が高い:取引所取引の取引効率ハイ、トランザクションシステムは自動的に2つの購入者の注文にマッチします売り手と。取引速度が速く、取引プロセスが簡単投資家は迅速に取引を完了することができます。


5.取引リスクは相対的に低い:取引所取引の取引リスク比較的小さく、双方の取引情報が公開されている透明性、取引プロセスの標準化、取引リスク制御可能。


6、取引品種の多様化:場外取引の取引品種株式、債券、ファンドなどが含まれます。投資家は異なる取引を選択することができます品種は自分の必要に応じて。


7.取引量が多く、取引時間が長い:取引量と取引取引所の時間は長く、投資家は取引開始時間に取引を行うことができる異なる投資家のニーズを満たすために。


全体的に言えば、オンライン取引は取引を規範化する利点があるプロセス、透明性、高い取引効率、比較的低い取引リスクは、証券の中で最も重要な取引方法の1つになる市場

需要と供給を理解する

需要と供給を理解する

需要と供給が取引の傾向、サポート/レジスタンス レベル、戦略にどのように影響するかを調べます。取引を成功させるために市場のダイナミクスをマスターします。

2024-05-27
Amazonのビジネスモデルと投資分析

Amazonのビジネスモデルと投資分析

Amazon は、キャッシュフローを優先するビジネスモデルを採用した、世界的な電子商取引およびクラウドの大手企業です。投資家は長期的な成長とキャッシュフローに注目しています。

2024-05-24
公開市場操作の役割と特徴

公開市場操作の役割と特徴

公開市場操作は、柔軟性と市場の透明性を備えた債券取引を通じて通貨供給を調整しますが、遅延と介入の問題を抱えています。

2024-05-24