ユーロはドル回復に対してメリットがほとんどない

2024-02-07
序章

米ドルとユーロのボラティリティは安定しており、市場は米国のCPIデータを注意深く監視しています。ロイターの調査では、潜在的な米ドル高が示唆されているが、ユーロは上昇の勢いを維持している。ユーロ対米ドルはいくらかの反発が見られますが、技術的な圧力には注意が必要です。

ドルは水曜日、対ユーロでほとんど変わらず、11月中旬以来の高値から後退した。来週発表される米国の消費者物価指数は、金利の進路に関する手掛かりとなるか注目されるだろう。


ECBの世論調査では、ユーロ圏の消費者が今後12カ月間のインフレ期待を引き下げていることが示された。ただ、3年物は2.5%と若干上昇し、中銀の目標を上回った。


理事会メンバーのボリス・ブイチッチ氏は、政策立案者は利下げを急ぐ必要はない、と述べた。 「サービスやいわゆる国内インフレには依然としてかなりの回復力が見られます。」


同氏は、利下げは域内経済の停滞を助けるだろうが、ドイツの業績の遅れや不安定なエネルギー市場といった大きな構造問題は利下げでは解決できないと付け加えた。


ロイターの調査によると、ドルの回復は今後数カ月間、強さを維持する可能性が高い。ストラテジストらは、今後3カ月、6カ月、12カ月で米ドルが現在の水準から下落すると予想した。


彼らは、単一通貨が12カ月間で1.12ドルと4%以上上昇し、円が1ドル当たり135.50ドルまで9%以上上昇すると予想した。予想は12月とほぼ同じだった。

EURUSD K Chart

ダブルボトムパターンが形成された後、ユーロは上昇した。リスクはやや上向きに傾いているが、継続的な上昇は1.0780と200 SMAによって試されるだろう。


免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、財務、投資、またはその他の依存すべきアドバイスを意図したものではありません (また、そのようにみなされるべきではありません)。資料に記載されているいかなる意見も、特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の人物に適しているという EBC または著者による推奨を構成するものではありません。

カナダドルの車輪に油を注ぐためのオイルはまだある

カナダドルの車輪に油を注ぐためのオイルはまだある

カナダ銀行が金利を据え置き、近いうちに金融政策を緩和する可能性を示唆したことを受けて、カナダドルは下落した。

2024-04-19
AI熱が冷めるにつれウォール街は沈静化

AI熱が冷めるにつれウォール街は沈静化

中東紛争中に安全資産が上昇したため、アジアの株価と債券利回りは下落した。ナスダック100指数は5営業日中4回目の下落となった。

2024-04-19
西側諸国が新たな制裁を検討し、原油価格が上昇

西側諸国が新たな制裁を検討し、原油価格が上昇

木曜日、原油価格は供給懸念から上昇した。米国はベネズエラに対する原油制裁の再開を計画しており、EUはイランに対する新たな制裁について協議している。

2024-04-18