インフレの原因とその対応

2024-01-03
序章

インフレとは、過剰な需要、コスト圧力、通貨供給量の増加による通貨の下落です。政府は政策を調整します。個人はインフレリスクに対抗するために収入を増やし、貯蓄し、投資します。

人々はいつもお金の管理について話しますが、それは自分の富に不満があり、それを改善したいということだと思われるかもしれません。しかし真実は、それは手元の富の目減りを避けるための手段に過ぎないということです。問題の根源はインフレです。人々はそれを知っており、心配していますが、それが現れる理由は必ずしも知っているわけではありません。今回はインフレの原因とその対処法を見ていきましょう。私たちはそれを理解しつつ、それに対処する適切な方法も見つけられることを願っています。

inflationインフレとは何ですか

実際、これは一定期間にわたる一般的な物価水準の一般的な上昇を指し、その結果、同じ金額の購買力が低下します。インフレーションが流通通貨を表し、インフレーションが量の増加を表す場合、この組み合わせはお金の量の増加を意味します。これはお金の価値の低下を反映しています。つまり、購買力の観点からお金の価値がいくらか失われています。もっと一般的な用語で言えば、お金の価値が下がっていることを意味します。


つまり、インフレにより、同じ金額で購入できる商品やサービスが減少します。商品の価格が上昇したため、人々は同じ商品に対してより多くのお金を支払う必要があります。また、貨幣の供給が実需を上回り、通貨安や物価上昇が起こる状況でもあります。


経済学には、MV イコール PT と呼ばれる特別な公式があります。 m は貨幣の総量、v は貨幣の流通速度、p は価格水準、t は経済における総生産量である交換総額です。


通常、国家はより多くの貨幣を印刷し始め、貨幣の総計 m が増加し、貨幣の流通速度 v が増加します。等号を動かすために、右側の価格水準 p と総生産量 t が上昇します。単純に理解すると、水位は上昇しますが、インフレと物価上昇の関係も同様に上昇します。


インフレの一般的な尺度は消費者物価指数 (CPI) です。これは、私たちが通常使用する商品やサービスの価格動向の尺度であり、消費者が支払った総コストを反映しています。CPI は社会全体の住宅価格を反映しています。そして、その成長率も、ほとんどの人にとって直接的かつ単純にインフレ率と見なされます。


また、中程度、ハイパーインフレ、デフレなどさまざまなタイプがあります。一般に、適度なインフレは経済成長を促進すると考えられていますが、過度のインフレは不安定を招く可能性があります。


そして、インフレの種類が異なれば、原因と結果も異なる可能性があります。原因は、需要の過熱、コストプッシュ、マネーサプライの増加など多岐にわたります。需要の過熱は、急速な経済成長と供給が需要に追いつかないことが原因である可能性があります。コストプッシュは、企業が消費者に転嫁する生産コストの上昇が原因である可能性があります。


そしてその影響は広範囲かつ広範囲に及び、個人や企業だけでなく政府にも複数の影響を及ぼします。具体的には、購買力の低下、金利の変化、投資決定、財務計画などが影響します。また、富の再分配にもつながり、程度の差はあれ、人口のさまざまな層に影響を与える可能性があります。


消費者にとって、購買力の低下は生活費の上昇につながる可能性があります。企業にとっては、より高い賃金や原材料費を支払わなければならない可能性があるため、コストが上昇する可能性があります。政府にとって、インフレが悪循環に向かうと、経済システム全体が崩壊することになる。


したがって、政府や中央銀行は金融引き締め、財政政策の調整、規制措置を含むさまざまな対応策を講じることができます。多くの国の中央銀行は目標インフレ率を設定し、安定した水準を維持するために金融政策を採用しています。インフレ水準が高すぎるか低すぎる場合、中央銀行は金利やその他の金融政策手段を調整して目標水準に達します。


インフレは経済学の重要な概念であり、個人と社会の生活に広範な影響を及ぼします。したがって、経済学者や政策立案者は通常、その動向を注意深く監視し、経済のバランスを維持するために適切な政策を採用します。

インフレとデフレの違い
特徴 インフレーション デフレ
意味 価格の上昇、購買力の縮小。 価格は下がり、購買力は高まります。
価格動向 毎年継続的な価格上昇。 継続的な年間価格の下落。
原因 需要、資金の増加、コストの圧力。 需要の低下、資金の減少、信用収縮。
経済的影響 成長は不平等を拡大する可能性があります。 生産量の減少、経済的ストレス、失業。
関心度 通常は金利の上昇を伴う 通常は金利の低下を伴う

何がインフレを引き起こすのか

経済内で流通するお金の量が経済規模を超えると、あまりにも多くのお金があまりにも少ない財を追い求め、当然のことながら物価は上昇します。この原因には通常、需要と供給、コスト圧力、マネーサプライ、期待などの要因が関係します。


これは、経済が過度に好況で需要が供給を上回ると、価格の上昇につながる可能性があることを意味します。消費者は必要な商品やサービスを得るために高い価格を支払っても構わないと考えているため、需要が高いと企業は価格を引き上げる可能性があります。簡単に言えば、これはデマンドプルインフレです。総需要が経済の総生産能力を超えると、超過需要により企業が価格を引き上げるようになり、インフレが発生します。


たとえば、政府は経済を刺激して支出を増やし、消費者や企業の購買力を高め、総需要を押し上げます。これは金融危機の余波で一部の国が大規模な財政刺激策を採用し、インフラ投資や社会福祉支出を増加させ、総需要を押し上げた際に起きた。


コストプッシュインフレは、原材料費、人件費、エネルギー費などの生産コストの上昇によって引き起こされます。生産コストが上昇すると、企業はそのコストを消費者に転嫁することを選択する可能性があり、その結果、商品やサービスの価格が上昇します。


原材料、労働力、エネルギーなどの生産コストの上昇により、企業は製品の価格を引き上げるようになります。例えば、近年の原油価格の高騰により、エネルギーコストが増加しています。企業は利益を維持するために生産コストを上げなければならず、商品価格が上昇し、インフレ懸念が生じている。


また、賃金が生産性の伸びよりも早く上昇し、企業がより高い賃金を支払うために製品の価格を引き上げる場合も同様です。戦争や自然災害などの要因も価格を押し上げる可能性があります。たとえば、ロシアでは、戦争のせいで輸入品の価格が 30% 上昇しました。これに、西側諸国の制裁により多くのハイテク製品が輸入できなくなり、供給が崖から落ちているという事実もある。供給の減少と価格の上昇はコストプッシュインフレを引き起こします。


マネーサプライの増加もインフレの主な原因です。財やサービスの供給が比較的安定しており、貨幣の供給が過剰な場合。当然物価は上昇し、インフレが起こります。これは主に、政府や中央銀行による過剰な紙幣の印刷、あるいは緩和的な金融政策の実施によって引き起こされます。例えば、危機の最中にある国政府が通貨を過剰発行したことにより、インフレが起こり、市場の通貨が急速に下落し、物価が高騰しました。


もう一つの重要な理由は、過度の期待もインフレを引き起こす可能性があることです。人々がインフレが来ると予想している場合、それに応じて行動する可能性があります。たとえば、自分で消費を増やしたり、後から高くなるかもしれないという理由で、浪費して物を買いだめしたくなることもあります。


経済に関わる全員がこのように考えれば、お金が全員の手に残る期間が短くなり、実際にお金の流通速度が上がります。そして、お金の速度が上がると、お金の総量は変わらないのに、流通するお金の量が増えます。したがって、そのサイクルは延々と続きます。たとえ中央銀行が1セントも印刷しなくても、インフレは勝手に起こります。


また、通貨が安くなると輸入品の価格が上昇し、インフレが起こる可能性もあります。これは、自国通貨の購買力が他の通貨と比較して低下するためです。また、原材料価格の変動、為替レートの変動、地政学的な出来事など、国の物価水準に直接的または間接的に影響を与える可能性のある外部要因である国際的要因によってインフレが引き起こされるケースもあります。


通常、これらの複数の原因は絡み合っており、経済のインフレは多数の要因によって同時に影響を受ける可能性があります。政府と中央銀行は、インフレに対処する際にさまざまな要因を考慮し、インフレの安定を維持するために適切な金融政策と財政政策を採用する必要があります。インフレの影響は国ごと、地域ごと、期間ごとに異なることに注意することが重要です。

Types and causes of inflationインフレの影響は何ですか?

インフレは幅広い経済的および社会的影響を引き起こす可能性があり、その深刻さと性質はインフレの程度と経済の特定の状況によって異なります。


それは同じ金額の購買力の低下につながる可能性があり、人々は同じ量の商品やサービスに対してより多くのお金を支払う必要があります。これは、個人や家族、特に固定収入や低所得者の生活水準に影響を与える可能性があります。


世の中に通貨が増えれば増えるほど、通貨自体の価値はどんどん下がっていきます。当初、牛肉麺の一杯が 50 ドルだったとしましょう。そして、あなたは2杯食べるために100ドルを持っていました。今は物価の高騰で牛肉麺も一杯100元になってしまった。今、? 100元あれば一杯食べるのに十分だ。牛肉麺を一杯失うことは、現金の価値が下がっていることの最大の証拠であり、購買力の低下とも言えます。


インフレ率が高いと、人々は将来の物価水準を予測することが難しくなり、不確実性が高まる可能性があります。これは企業の投資決定に影響を与え、投資の延期や事業戦略の調整を引き起こす可能性があります。インフレを抑制するために、中央銀行は金融引き締め政策を採用し、金利を引き上げる可能性があります。これは借入コストを増加させ、企業や個人による融資や投資に影響を与えるだろう。


インフレは、債券に依存している人々に特に大きな影響を与える可能性があります。これは、彼らの所得が通常、インフレの水準に応じて上昇しない、またはインフレと同じ水準で上昇しないためです。物価の上昇に所得の上昇が追いつかず、それに比べて貧困になる。


月収が30万円だとしましょう。そして今年、上司は給与を 31,500 ドルに調整しました。収入の増加を見てみます。その結果、夕食を買うときに、ゴマヌードルが 1 杯 40 ドルから 50 ドルに値上がりしていることがわかります。これは 25 パーセントの増加ですが、給与は 5 パーセントしか増えていません。インフレで物価が上がっているときに給料を上げても意味がありません。


そして、これは依然として収入が増加した人々を指します。もし彼らの収入が上がらなければ、それは社会によって偽装された給料削減に等しい。所得が固定的で不変であればあるほど、成長率は低くなり、インフレによる打撃が大きくなります。資産を所有する人々はインフレ時にその価値を維持する可能性が高いため、これは富裕層と貧困層の間の格差の拡大につながります。


インフレは不動産市場や株式市場などの資産価格の上昇につながる可能性があります。これにより、投資家はインフレに対するヘッジとして実物資産に資金を投資する意欲が高まる可能性がある。インフレ率が他国よりも高い場合、自国の通貨が下落し、輸出品の価格が高くなり、国際市場での国の競争力が低下する可能性があります。


ほとんどの人は現金を手元に残しており、そうした人はインフレが起きると大きな影響を受けることになる。世界のお金は増えるだけで減らないため、現金を保持することは、時間の経過とともにゆっくりと溶けるアイスキャンディーを手に持つようなものです。インフレは太陽のようなものです。熱くなればなるほど、アイスキャンディーは早く溶けます。したがって、どのくらいの現金を手元に置いておくべきかを決定することは、すべての投資家が細心の注意を払う必要があるジレンマです。


全体として、インフレの影響は多くの要因に依存し、マクロ経済レベルと個人レベルの両方に影響を与える可能性があります。それでは、バランスのとれた持続可能な経済成長を確保するために、政府や中央銀行は通常どのような対応をとっているのでしょうか?

Impact of inflation on the cost of living

対応方法

インフレは通常、政府または中央銀行によって金融政策、財政政策、構造政策の組み合わせを通じて対処されます。たとえば、中央銀行は金利を上げることで通貨供給を引き締めることができます。通常、金利が上昇すると借入と支出が減少し、その結果過熱する需要が減退し、インフレを抑制する効果があります。


政府はインフレを抑制するために財政措置を講じることができます。これには、財政の均衡を図るための政府支出の削減、増税、または構造的な財政改革が含まれる場合があります。民間部門の借入需要は、投資家を呼び込むために国債の金利を引き上げることによって減らすことができます。これにより、消費と投資が減り、インフレが抑制されます。


市場規制を改善し、市場での競争を激化させることで、政府は企業が市場での支配的な地位を乱用する可能性を減らすことができ、それが価格上昇の抑制につながる可能性がある。通貨の価値を高める政策を実施することで、輸入品の価格を下げ、インフレを抑制することができます。


技術革新、教育、訓練に投資することで生産性が向上し、インフレのコスト要因を和らげることができます。人件費の過度の上昇を避けるために、賃金交渉が生産性の伸びと一致するようにしてください。場合によっては、政府は特定の商品やサービスの価格上昇を制限するために価格管理措置を採用することがあります。ただし、これは通常、短期的で持続不可能な手段であると考えられています。


インフレの時代に個人が対処できる方法は何でしょうか? 1つ目の選択肢は収入を上げることです。例えば、収入を増やすためにスキルやキャリアの向上に努めること。インフレ環境では、より高い収入レベルがあれば、生活費の上昇に対処することができます。同時に、合理的な予算と支出計画を立て、支出を賢くすることで不必要な出費を避け、財政を健全に保つことができます。


次のオプションは資産を保護することです。これは、貯蓄と投資の 2 つの領域に分けることができます。貯蓄の場合は、定期預金や債券など、リスクが低くリターンが安定しているものにお金を預けることができます。不動産、金、その他の貴金属などの物理的資産を所有することもできます。これらは通常、インフレ時に価値が維持または増加し、インフレに対するヘッジとして機能します。


投資は、株式(原材料、エネルギーなど)、債券、商品などの一部セクターなど、インフレ時に価値を維持できる資産に行うことができます。また、株式、債券、不動産、商品など、さまざまな資産クラスに投資を分散することを検討してください。分散化はリスクを軽減し、特定の資産に対するインフレの影響を防ぐのに役立ちます。


また、インフレが経済や個人の財政に及ぼす影響をより深く理解し、より良い投資や財務上の意思決定を行うために金融市場や経済動向に対する敏感さを維持する必要もあります。そして、それを見越して、インフレ環境にさらに適合するようにポートフォリオを調整します。たとえば、株式などのインフレに敏感な資産の割合を増やし、債券の割合を減らします。

インフレと失業
特徴 インフレーション 失業
意味 価格は上昇し、購買力は低下します。 雇用が足りず、かなりの労働力が休んでいる。
経済的影響 生産量の増加、不平等、支出への影響。 成長の鈍化: 収入の減少、支出の減少。
原因 需要、資金の増加、コストの圧力。 不況、テクノロジーの変化、構造的な問題。
金利 通常は金利の上昇を伴う 通常、より低い金利をもたらします。
社会的影響 貧富の差が拡大し、債券収入に影響を与える。 社会混乱: 不平等、緊張。

免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、財務、投資、またはその他の信頼すべきアドバイスを意図したものではありません (また、そのようにみなされるべきではありません)。資料に記載されているいかなる意見も、特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の個人に適しているという EBC または著者による推奨を構成するものではありません。

証券会社のビジネスと選択

証券会社のビジネスと選択

証券会社は、法的ライセンスを持ち、株式、債券、およびアドバイザリーサービスを提供しています。選択する際には、手数料とセキュリティを考慮してください。

2024-04-19
紙銀のリスクとメリット

紙銀のリスクとメリット

紙の銀は、柔軟で流動性のある非物理的な銀金融商品ですが、価格操作と流動性リスクには注意してください。

2024-04-19
プラチナ価格の動向とその影響要因

プラチナ価格の動向とその影響要因

プラチナ価格は、供給の増加と需要の減少により下落しました。プラチナの価値が金に対して低いのは、投資家の関心の低下と流動性の問題によるものです。

2024-04-19