ボックス理論とは何ですか?

2023-11-22
序章

ボックス理論とは、価格変動を正方形のボックスに分割してサポート、レジスタンス、価格ブレイクアウトのシグナルを特定し、将来のトレンドを予測することです。価格のブレイクアウトに重点を置いた価格変動を分析するために使用されるテクニカル分析手法です。

あらゆる分野に独自の理論があります。物理学には量子論があり、経済学にはインフレーション理論があります。株式市場にもさまざまな理論があり、その中の一つにボックス理論と呼ばれるものがあります。

Box theoryボックス理論とは、価格帯の値動きを四角いボックスに形成し、株価の動向を予測し、テクニカル理論の実際の運用をガイドする理論です。具体的には、ある期間の株式の K チャート上で、最高値がボックスの上部、安値がボックスの底となり、四角いボックスとして描かれます。


通常、一部の投資家が株式を売却して一時的に値を戻すことにより、株価がボックスの上部まで上昇すると、ボックスの上部が株価の上昇圧力レベルの段階になります。同様に、株価がボックスの底まで下落すると、買い手の力に支えられて反発します。現時点ではボックスの下限が株価下落のサポートレベルとなっている。


ボックス内での値動きの時期が株式統合の段階であると考えられます。そして、株価がボックスの上値圧力レベルを突破してボックスのより高いレベルに達したら、購入するのに良い時期となります。逆に、株価がボックスサポートレベルを下回ると、売りポイントに対応する次のボックスに移動します。株式の全体的な値動きはボックスの組み合わせに分割できます。前のボックスの上部が次のボックスの下部になる場合もあり、その逆も同様です。


実際には、この理論は強気市場でより価値があります。その理論によれば、上向きのブレイクアウトが発生するたびに株価が上昇し続ければ、買いシグナルを出すことができ、投資家がエントリーする機会が増えます。そして、株価がボックスの底を下回ると、投資家は利益確定のために間に合うように売却することができます。対照的に、弱気市場での適用はより限定的です。

ストックボックス理論
タイプ 説明
株式の価格は、一定期間にわたって水平範囲内で交互に変動することがあります。
ボックストップ 一定期間にわたってボックス内で切り替わる最大価格
ボックス底部 一定期間にわたってボックス内で切り替わる最低価格。
起こる ボックスを超えるブレイクアウトは買いのチャンスです。逆に、それを下回った場合はセールスポイントを示します。

誰が発明したのですか?

この理論は、1960 年代初頭にダンサーのニコラス ダヴァスによって考案されました。


1920年にハンガリーのブダペストに生まれたニコラス・ダヴァスは、ドイツのナチスに対抗して1943年にトルコに亡命し、その後異母妹とともにヨーロッパでダンスをして生計を立てていた。


1952 年、彼が 32 歳のとき、彼はスミス兄弟のクラブの 1 つに踊りに行きました。彼らはダンスのために彼に6,000株の株を支払った。当時、その株価は1株あたり0.50ドルだった。その後、株を交換するのを忘れてしまい、しばらくしてから株が1.90ドルまで上昇していることに気づきました。またはほぼ3倍になります。その後、彼はそこから直接 8,000 ドルを稼ぎました。


このとき、彼は株で儲けることができることに気づきました。彼は株式市場について無知で、それが何であるか全く知りませんでしたが、1957 年から狂ったように本を読み、学び始めました。1958 年には、この 2 年間で株式市場で 200 万ドルを稼ぎました。


これはウォール街に旋風を巻き起こし、タイム誌はそれについて彼にインタビューした。私はたくさんの質問をしましたが、彼が 200 万ドル稼いでいるという話の信憑性については懐疑的でした。彼が本書『株式市場で200万ドルを稼いだ方法』(私が株式市場で200万ドルを稼いだ方法)を執筆した後、この本は彼のボックス理論の投資戦略をまとめたものです。


ボックス理論の図解

一定期間における株価の変動に注目し、その値動きを分析することで将来の株価の動向を予測しようとするテクニカル分析の手法です。グラフに示すように:

Box Theory Illustration

時間軸:横軸は時間を表し、通常は日、週、または月で測定されます。各点は異なる期間を表します。


価格軸:縦軸は株式の価格を表します。


ボックス:図では、特定の期間にわたって価格が水平範囲内で変動する青い領域が表示されます。この水平範囲はいわゆる「ボックス」です。


上限と下限:ボックスは通常、価格の上限 (ボックスの上部) と下限 (ボックスの下部) によって定義されます。価格はこれら 2 つのレベルの間で変動します。


ブレイクアウト:価格がボックスの上限または下限を突破すると、これは重要なシグナルとみなされます。チャートには、上昇ブレイクアウト (価格がボックスの上限を突破) と下降ブレイクアウト (価格がボックスの下限を突破) の 2 種類のブレイクアウトがあります。


ブレイクアウトが発生すると、アナリストやトレーダーは通常、テクニカル指標や分析を使用して、ブレイクアウト後の上昇または下落の可能性など、価格の目標レベルを予測します。この理論に基づいて、トレーダーは、ブレイクアウトが行動を起こすのを待ったり、意思決定を支援するために他のテクニカル分析ツールを使用したりするなど、さまざまな戦略を採用できます。


ボックス理論の本質とは何ですか?

この理論の本質は、市場の重要なトレンドと主要なサポートとレジスタンスのレベルを特定するために、価格の動きを観察および分析することです。一定の期間にわたる価格変動を強調し、将来の価格変動についての洞察を提供しようとします。コアポイント:


ボックスの監視:価格ボックスを分析の基本単位として使用し、これらのボックスは通常、水平の支持線と抵抗線によって定義されます。価格はこれら 2 つのレベルの間で変動し、ボックスを形成します。


ブレイクアウトシグナル:価格がボックスの上限または下限を上または下にブレイクアウトする価格ブレイクアウトに注目します。これらのブレイクアウトは、価格に重要な変化が起こったことを示すシグナルとして見られることがよくあります。上向きのブレイクアウトは価格が上昇する可能性を示し、下向きのブレイクアウトは価格が下落する可能性を示します。


目標価格:ブレイクアウトが発生すると、アナリストは通常​​、さまざまなテクニカル指標や分析手法を使用して目標価格レベルを推定し、投資家に売買の決定の基礎を提供します。


取引戦略:この理論に基づいて、トレーダーは、ブレイクアウトが発生した後に行動を起こしたり、他のテクニカル分析ツールを組み合わせて意思決定を支援したりするなど、さまざまな取引戦略を開発できます。


リスク管理:すべてのテクニカル分析手法と同様に、リスク管理はこの理論にとって非常に重要です。投資家は、リスクを制御し資本を保護するために、ストップロスとテイクプロフィットのレベルを設定することが求められることがよくあります。


それは、市場価格の変動を一連のボックスとして分析し、価格ブレイクアウトに焦点を当てて将来の傾向を予測することにあります。これは、株式、先物、その他の金融市場の価格を分析するために使用できるテクニカル分析の効果的な方法です。

ボックス理論の 8 つの描画方法
タイプ 説明
横型ボックス 価格は一定期間にわたって比較的安定した水準の範囲内で変動します。
インクリメンタルボックス 価格帯の拡大は潜在的な上昇傾向と価格上昇の可能性を示しています。
減少ボックス 価格帯が縮小し、下降トレンドを形成し、下落につながる可能性があります。
チープボックス 不確実な市場でよく見られる、明確なトレンドのない価格の不安定。
ボックス連続体 特定の価格帯に繰り返しエントリーすることは、永続的な市場特性を意味します。
フラグボックス 狭いレンジに続く急速な価格変化は、短期的なトレンドのサポートを示します。
決定論的ボックス 明確なサポートラインとレジスタンスラインを備えた長期トレンドにおける水平方向の価格変動。
ウェーブボックス 明確な傾向のない価格の変動は、潜在的な市場の不確実性を示しています。

役に立ちますか?

株価の変動を分析し、将来の価格動向を予測するために多くの投資家が利用しているテクニカル分析手法です。これはいくつかの有用な洞察を提供しますが、限界もあり、その利点と限界を以下に示します。


その強みは、複雑な数学や計算を必要としない理論の単純さにあります。投資家は手書きまたはコンピューター化されたグラフィック ソフトウェアを使用して箱ひげ図を簡単に描くことができるため、初心者や非専門のトレーダーにとって実行可能なテクニカル分析方法となります。そしてこのレートは、重要な価格変動のシグナルとして見られることが多い価格ブレイクアウトを強調しています。投資家が市場にいつ参入し、市場から撤退するかを決定するのに役立ちます。また、市場センチメントや価格変動の周期的な性質を把握するのにも役立ちます。投資家はボックスの変化を観察することで、市場参加者間の力のバランスを理解できます。


限界は、理論の解釈と分析が主観的な場合があることです。アナリストが異なれば、同じグラフについて異なる結論に達する可能性があり、それが一貫性のない取引決定につながる可能性があります。そして、財務データや経済指標などの企業のファンダメンタルズに関連する要素を無視し、主に価格変動に焦点を当てます。これにより、市場の全体像に対する理解が制限される可能性があります。


また、正確な価格予測は提供されません。おおよその価格帯しか提供できません。したがって、完全に正確なツールではなく、リスクを完全に排除することはできません。したがって、すべての市場およびすべての期間に適用できるわけではありません。特定の市場には典型的なボックス パターンがない場合があり、急速に変化する市場状況ではボックス理論の有用性が低下する可能性があります。


免責事項:この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、財務、投資、またはその他の信頼すべきアドバイスを意図したものではありません (また、そのようにみなされるべきではありません)。資料に記載されているいかなる意見も、特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の個人に適しているという EBC または著者による推奨を構成するものではありません。

証券会社のビジネスと選択

証券会社のビジネスと選択

証券会社は、法的ライセンスを持ち、株式、債券、およびアドバイザリーサービスを提供しています。選択する際には、手数料とセキュリティを考慮してください。

2024-04-19
紙銀のリスクとメリット

紙銀のリスクとメリット

紙の銀は、柔軟で流動性のある非物理的な銀金融商品ですが、価格操作と流動性リスクには注意してください。

2024-04-19
プラチナ価格の動向とその影響要因

プラチナ価格の動向とその影響要因

プラチナ価格は、供給の増加と需要の減少により下落しました。プラチナの価値が金に対して低いのは、投資家の関心の低下と流動性の問題によるものです。

2024-04-19