公開市場操作の役割と特徴

2024-05-24
序章

公開市場操作は、柔軟性と市場の透明性を備えた債券取引を通じて通貨供給を調整しますが、遅延と介入の問題を抱えています。

金融市場では、資金が多すぎたり少なすぎたりすると、一連の問題が発生する可能性があります。これは、自然界で雨が多すぎると洪水が発生し、雨が少なすぎると干ばつが発生するのと同じです。したがって、これらの問題を回避するには、資金の流れを調整するための貯水池のようなツールを構築して、金融市場の安定と経済の健全な発展を確保する必要があります。そして、これが公開市場操作です。雨季に水を貯め、乾季に水を放出する貯水池のように、金融市場が洪水や干ばつにならないようにします。ここで、公開市場操作の役割と特徴を認識しましょう。

Open market operations公開市場操作とは何を意味するのでしょうか?

公開市場操作(略してOMO)とも呼ばれ、国債などの金融商品を売買することで通貨供給量や市場金利を規制する中央銀行(連邦準備制度理事会、中国人民銀行など)の操作を指します。


この制度は1950年代に始まり、ヨーロッパの先進国の代表としてアメリカがマクロ経済の規制と管理のために公開市場操作を利用し始めました。アメリカでは、経済成長の安定とインフレの抑制という目的を達成するために、公開市場操作によって通貨供給量と金利の水準を調整しています。


中国では、公開市場操作の歴史は比較的浅い。1996 年 4 月に中国が国債取引を再開して以来、公開市場操作は金融政策の実施のために徐々に導入されてきた。国債やその他の証券の売買を通じて、中国の中央銀行は市場の流動性と通貨供給を調整し、短期金融市場の金利と経済環境全体に影響を与えている。


公開市場とは、国債などの有価証券が自由に取引され、取引情報が公開され、市場の公正性と透明性が確保される、開かれた透明な金融市場です。中央銀行は公開市場操作を通じて、市場の流動性と通貨供給を柔軟に調整し、短期金融市場の金利と経済環境全体に影響を与えることができます。また、中央銀行が景気循環の変動に効果的に対応し、金融の安定と経済成長を維持するのに役立ちます。


例えば、中央銀行が通貨供給を引き締めたり、市場金利を引き上げたり、インフレを抑制したりしたい場合、国債などの金融商品を売却して市場の流動性を減らし、市場金利を引き上げ、資金供給を低下させます。逆に、中央銀行が経済成長を刺激したり、雇用を促進したり、不況に対処したりしようとする場合、国債などの金融商品を購入して市場の流動性を高め、市場金利を下げ、資金供給を増加させます。


公開市場操作は、中央銀行が公開市場で市場性のある証券を売買して、通貨供給量と市場流動性を調整する金融政策手段です。この手段には、ポジティブ レポ、リバース レポ、中央銀行手形 (中央銀行券)、短期流動性調整手段 (SLO)、中央銀行手形スワップ (CBS) が含まれます。


ポジティブ レポとは、中央銀行がプライマリー ディーラーに市場性のある証券を売却し、特定の将来の日付で買い戻すことです。通常、満期は 7 日、14 日、28 日、91 日です。このような取引により、中央銀行は流動性を一時的に本国に送還し、市場における資金供給を調整し、金融市場の流動性レベルと金利に影響を与えることができます。柔軟な満期オプションにより、中央銀行は金融政策の目的を達成するために政策ニーズに応じてレポ取引を調整できます。


リバース レポとは、中央銀行がプライマリー ディーラーから市場性のある証券を購入し、将来の特定の日付にプライマリー ディーラーに売り戻す取引です。通常、満期は 7 日、14 日、28 日、91 日です。この操作により、中央銀行は市場に流動性を注入し、マネー サプライを規制し、金融市場の流動性レベルと金利に影響を与えて金融政策の目的を達成できます。満期の柔軟性により、中央銀行は必要に応じてリバース レポ取引を市場の変化に合わせて調整できます。


中央銀行手形は、商業銀行の余剰準備金を規制するために発行される債務証券であり、通常、満期は 3 か月から 3 年です。これらの手形は、商業銀行の準備金の水準に影響を与え、それによってマネー サプライと流動性を規制し、中央銀行が設定した金融政策目標を達成するために短期金融市場の金利に影響を与えるために発行されます。


短期流動性調整手段(SLO)は、銀行システムで一時的な流動性変動が発生した場合に使用される手段であり、満期はレポ取引よりも短く、通常は2日から6日です。中央銀行はSLOを使用することで、銀行システムの短期流動性を柔軟に調整し、一時的な資金調達ニーズや変動に対応し、金融市場の安定性を維持することができます。


中央銀行手形スワップ(CBS)制度により、オープンマーケットのプライマリービジネスディーラーは、保有する適格な銀行発行の永久債を中央銀行の中央銀行手形と交換して、商業銀行の資本制約を緩和することができます。このようにして、商業銀行は中央銀行と永久債を交換することで中央銀行手形を入手することができ、中央銀行の資産の流動性を高め、資本要件への対応を改善し、金融システムの安定した運営を維持することができます。


全体として、公開市場操作は現代の金融政策において重要な役割を果たしています。公開市場操作は、オープンで透明な市場環境に依存しており、中央銀行に通貨供給量と金利水準を管理し、健全な経済成長を促進するための強力なツールを提供します。

Is open market business tightening or expanding?公開市場操作の目的

中央銀行は、国債やその他の市場性のある証券を売買することで、市場のマネーサプライと流動性を調整し、市場金利と経済活動に影響を与えて金融政策の目的を達成することができます。これらの目的には、マネーサプライの調整、金利水準の平滑化、金融の安定性の維持、資産価格の向上などが含まれ、最終的な目標は安定した健全な経済を維持することです。


公開市場操作は、マネタリーベースに直接影響を与えることを認識することが重要です。これは、中央銀行が国債やその他の金融資産の売買を通じて公開市場操作を実施し、それが銀行の預金や貸出行動に影響を与え、ひいては経済システム全体の資金の流れと経済活動に影響を与えるためです。


たとえば、債券を購入すると市場に資金が注入され、マネタリーベースが増加します。一方、債券を売却すると市場から資金が回収され、マネタリーベースが減少します。このプロセスは、中央銀行がインフレの抑制や経済成長の刺激などの金融政策の目的を達成するのに役立ちます。


また、公開市場操作は、市場の債券価格を変更し、ひいては市場の金利水準を変更することで、市場の金利水準に影響を与える可能性があります。これは、債券の購入により債券価格が上昇し、その利回り(金利)が減少するためです。債券金利は通常、他の市場金利に影響を与えるため、この影響は他の金利に広がる可能性があります。


中央銀行は、市場の流動性が過剰または不足に偏っている場合には、公開市場操作を通じてこれを調整することができる。これは、中央銀行が国債などの金融資産を購入したり売却したりすることによって、市場に流動性を注入または吸収し、市場の資金需要を満たしたり、資金供給を調整したりして、短期金融市場の安定的な運営を維持するためである。


中央銀行は、公開市場操作を利用して、景気循環の変化や金融市場の変動に対応することができます。たとえば、景気後退時には、中央銀行は流動性を増やして経済活動を刺激し、信用と投資を促進することができます。また、インフレリスクが高まっている時には、中央銀行は金融政策を引き締め、市場の流動性を減らすことでインフレ圧力を抑えることができます。このようにして、中央銀行は市場の流動性を調整して金融市場の過度な変動を防ぎ、金融の安定と経済成長を維持することができます。


中央銀行は金融資産の売買を通じて資産価格に影響を与え、不良資産の価格バブルの発生を防ぎながら市場の健全な発展を促進することができます。金融資産を購入することで、中央銀行は追加的な流動性支援を提供し、健全な市場機能を促進し、市場にストレスが発生した場合に安定性を提供することができます。


逆に、中央銀行は金融資産を売却することで、市場における過剰な流動性を減らし、不当な資産価格バブルを防ぎ、市場を適正な水準に戻すことができます。このような操作は、金融市場の安定を維持し、過度のリスクへの露出を回避して、持続可能な経済成長を支えるのに役立ちます。


中央銀行が特定の公開市場操作を採用する目的を理解することは、金融政策の将来の方向性をより正確に予測し、個人や機関の投資戦略をより適切に計画するのに役立ちます。同時に、中央銀行にとっても、公開市場操作の目的を理解することは、金融政策の目標をより効果的に達成し、金融市場の安定と経済の健全な発展を維持するのに役立ちます。

Purpose of open market operations

公開市場操作の利点と欠点

公開市場操作は、市場における通貨供給と流動性を調整し、市場金利と経済活動に影響を与えることで、金融政策の目的を実現することができます。しかし、中央銀行の金融政策の中心的なツールとして、一定の利点がある一方で、欠点もあります。


その利点は、運用の柔軟性が高く、経済状況や政策目標に応じて、中央銀行が国債の売買量と頻度を迅速に調整できることです。この柔軟性により、中央銀行は経済の変化や市場変動にタイムリーに対応し、必要な金融政策措置を講じることができます。国債の売買量と頻度を柔軟に調整することで、中央銀行はマネーサプライを効果的に管理し、金融市場を安定させ、インフレの抑制や経済成長の促進などの金融政策の目的を達成できます。


他の金融政策手段と比較すると、公開市場操作は比較的操作が容易で、実行コストが低く、市場の変化やショックに迅速に対応できます。金融市場における取引の流動性と透明性が高いため、中央銀行は金融政策の目的を達成するために、市場の流動性レベルと金利をより柔軟に調整できます。対照的に、他の金融政策手段は実行がより複雑で、効果が遅れて現れる可能性があります。このように、公開市場操作は中央銀行の金融政策手段の中で独特の利点を持っています。


さらに、これはオープン市場で行われるため、取引情報は公開され、透明性があり、市場参加者は中央銀行の運営をリアルタイムで理解でき、市場の透明性と予測可能性が高まります。この透明性により、市場参加者は中央銀行の金融政策の意図と予想される行動をよりよく理解し、より効果的に投資および取引戦略を策定することができ、市場の安定と健全な発展が促進されます。


同時に、公開市場業務操作の影響範囲は実に広範囲です。中央銀行は銀行間市場の金利に影響を与えることで、経済全体の貸出金利と投資行動に間接的に影響を及ぼすことができます。中央銀行が債券を購入して流動性を高めると、銀行間市場の金利が下がり、銀行の借入コストが低下し、貸出活動と投資需要が高まります。


逆に、中央銀行が債券を売却して金融政策を引き締めると、銀行間市場の金利が上昇し、銀行の借入コストが増加し、貸出や投資活動が抑制される可能性があります。このように、公開市場操作は市場金利に影響を与えることで、経済全体の信用および投資環境に直接影響を与え、経済活動と成長に大きな影響を与える可能性があります。


しかし、欠点がないわけではありません。まず、その効果は通常すぐには現れず、実体経済に伝わるまでに時間がかかります。この遅れは「伝わり遅れ」と呼ばれます。これは、公開市場操作がまず市場金利の影響を通じて銀行の貸出および投資活動に影響を与え、その後、銀行の貸出および投資活動を通じてのみ実体経済の消費、投資、生産行動に影響を与えるためです。


この伝達プロセスには、経済のさまざまな部門が中央銀行の金融政策の変更に適応し、反応するのに時間がかかるため、数か月、あるいはそれ以上かかる場合があります。その結果、中央銀行は通常、経済データと市場の変化を注意深く監視し、金融政策が望ましい効果をもたらすように適時に調整する必要があります。


一方で、公開市場操作による市場への過度な介入は市場の自由競争を阻害し、市場価格を歪め、資源配分を歪める可能性があるとの批判もある。金融資産の売買を通じて中央銀行が市場金利や通貨供給に影響を与えることで市場の自主規制機能が阻害され、市場が需給を効果的に反映できなくなるのではないかと懸念する声もある。


また、公開市場操作が過度に頻繁であったり、不規則であったりすると、市場のボラティリティを誘発し、投資家の不確実性を高め、市場の安定と健全な発展に影響を及ぼす可能性があります。したがって、中央銀行は公開市場操作を行う際に、その長所と短所を慎重に比較検討し、市場への悪影響を最小限に抑えるための適切な措置を講じる必要があります。


したがって、正確な市場分析と判断は、中央銀行の公開市場業務の運営にとって非常に重要です。中央銀行の情報が不正確であったり、判断が間違っていたりすると、市場が不安定になったり、制御不能になったりする可能性があります。これにより、市場パニックが引き起こされ、投資家の信頼が低下し、資産価格が急激に変動し、金融危機につながる可能性があります。


最後に、オペレーションの誤り、予想を超える市場の反応、またはオペレーションの不適切な頻度は、金融市場のボラティリティと望ましくない結果につながる可能性があります。たとえば、中央銀行のオペレーションが市場の期待と一致しない場合、投資家の市場に対する不確実性が高まり、市場のボラティリティにつながる可能性があります。さらに、中央銀行がオペレーションを頻繁に実行したり、オペレーションの規模が大きすぎると、市場の正常な動作が妨げられたり、市場の失敗を引き起こしたりする可能性があります。


まとめると、金融政策手段としての公開市場操作は、柔軟な操作と市場の透明性という利点があるが、伝導遅延、市場介入、情報の非対称性、潜在的リスクという欠点もある。したがって、中央銀行は公開市場操作を行う際に市場の反応を慎重に考慮し、潜在的なリスクを軽減するための適切な措置を講じる必要がある。

公開市場操作の役割とその特徴
役割 特徴
通貨供給量の規制 運用の柔軟性
市場金利に影響を与える 透明な市場情報
金融の安定の維持 高い市場流動性
経済成長を刺激する。 実行コストが低い
インフレを抑制する 市場の変化への迅速な対応

免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、信頼できる財務、投資、その他のアドバイスを意図したものではありません (また、そのように見なされるべきではありません)。この資料に記載されている意見は、EBC または著者が特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の個人に適していることを推奨するものではありません。

バークシャー・ハサウェイの時価総額と株式分析

バークシャー・ハサウェイの時価総額と株式分析

多様な投資、強力な経営、世界トップクラスの時価総額を誇るバークシャー・ハサウェイは、バフェットとマンガーの価値観を信頼されています。

2024-06-21
市場の深さの分析とその応用

市場の深さの分析とその応用

市場の深さは注文数量と価格を示し、市場の動向に関する洞察を提供し、取引の決定、コスト削減、リスク管理に役立ちます。

2024-06-21
銀行の流動性とリスク評価の概念

銀行の流動性とリスク評価の概念

銀行の流動性は、カバレッジや現金比率などの指標によって評価され、顧客の引き出しや支払いに対応するために資産を動員する能力です。

2024-06-21