銅価格の動向と世界経済分析

2024-05-10
序章

銅価格は世界経済、需要、供給、地政学によって変動します。長期的な傾向は、新しいエネルギーと持続可能性により上昇します。

空気が一般の人々の目に見えないのと同じように、銅はあまりにもありふれた金属であるため、多くの人が銅が世界経済に重要な貢献をしていることを見逃しています。実際、銅は世界で3番目に多く使用されている金属であり、現代の産業で重要な役割を果たしています。銅は「ドクター銅」とも呼ばれ、世界経済の健全性のバロメーターと見なされています。それでは、銅価格の変動と世界経済の動向を詳しく見てみましょう。

Copper Price Chart銅価格の変動と経済の関係

銅は人類が知る最も古い金属の 1 つです。銅は優れた延性、導電性、耐腐食性を備えています。これらの特性により、銅は電気製品、建築材料、家庭用機器などの重要な製品の製造において重要な材料となっています。これらの特性により、銅は電気製品、建設、輸送、通信、エネルギー、医療など、幅広い用途で使用されています。


たとえば、建設業界では、銅は電線、ケーブル、水道管、暖房システムなどの製造によく使用されています。製造業では、銅は電気モーター、変圧器、回路基板、その他の電子機器の重要な部品です。銅の幅広い用途は現代社会における銅の重要性を反映しており、銅の価格は長期的に上昇傾向にあります。


世界経済の継続的な成長により、電力、建設、通信などの主要産業における銅の需要が増加しているだけではありません。電気自動車、太陽光発電、風力発電などの新エネルギー分野の急速な発展により、これらの産業における銅の需要により銅価格がさらに上昇しています。


供給面では、世界には豊富な銅の埋蔵量があるものの、実際に採掘可能な資源は地政学的要因と環境的要因によって制限されており、これも銅価格を支えています。生産コストの上昇と、投資家の注目を集める商品としての銅の経済的特性が、銅価格をさらに押し上げています。


もちろん、長期的には全体的に上昇傾向にあるにもかかわらず、銅の価格は短期的には需給の変化、地政学的イベント、その他の要因の影響を受け、変動する可能性があります。そして、銅の価格の全体的な歴史的傾向から見ると、経済全体が不況にあるとき、銅は大幅な価格下落を経験します。同時に、銅の価格がピークに達すると、経済の状態は不況に陥ります。


下のグラフに示すように、銅価格は 1970 年代から 1980 年代にかけて大きな変動を経験しました。この時期はエネルギー危機が特徴で、世界経済の不安定化を招き、銅価格にも大きな影響を与えました。エネルギー危機によってもたらされた高インフレと経済の不安定化により、銅価格は大きく変動し、時折大幅な上昇と下落が見られました。


1990 年代初頭、銅価格は比較的安定していました。1997 年までに、アジア通貨危機によりアジア地域で経済が大きく不安定になり、銅に対する世界市場の需要に影響が及び、価格が一時的に下落しました。しかし、この期間、全体的には価格変動は比較的安定していました。


21 世紀初頭までに、銅価格は持続的に上昇しました。特に 2003 年から 2008 年にかけては、中国やその他の新興市場からの需要の急増と世界的な経済成長により、銅価格は上昇し続けました。2008 年までに、銅価格は世界的な金融危機により大幅に下落しましたが、その後、世界的な経済回復に後押しされて、価格は急速に回復しました。


この回復は2011年頃にピークを迎え、その後下落し始めました。これは主に、中国の経済成長の減速、世界の銅供給量の増加、米ドル高、世界的な貿易摩擦に関連しています。この期間中、銅価格は複数の要因の影響を受け、より顕著な変動傾向を示しました。


そして、2020年に新型コロナウイルスの流行が起こり、それに伴い世界経済が弱体化したため、この時期に銅価格も下落しました。その後、世界経済の緩やかな回復、各国の景気刺激策の導入、サプライチェーン問題による銅供給の逼迫により、銅価格は2020年後半から2021年初頭にかけて急回復し、史上最高値を超えました。これは、銅価格が世界経済の回復と需給の変化に敏感であることを示しており、世界経済のバロメーターと見なされるのも不思議ではありません。

Reasons for the rise and fall of copper prices銅価格の上昇と下落の理由

銅は、主に現代の経済と産業におけるその重要性から、各国で短期から中期にかけての主要金属の 1 つとして挙げられています。銅は通常、世界的な経済回復とインフレ上昇局面で最もパフォーマンスの高い商品資産の 1 つです。2024 年には、銅価格は供給の不確実性と環境需要の影響を受ける可能性があります。


一般的に、銅の価格は主に需要と供給によって左右されます。供給側では、銅鉱山の生産量と製錬所の処理料金が価格に直接影響を及ぼします。処理料金が高いということは、通常、銅の供給が十分であることを意味します。鉱山ストライキ、政情不安、自然災害などの供給の混乱も価格を押し上げる可能性があります。


需要面では、製造業、インフラ建設、不動産、運輸、電力、新エネルギーなどにおける世界の銅需要の変化が銅価格に直接影響を及ぼします。世界最大の銅消費国である中国の経済状況と需要の変化は、銅価格に大きな影響を与えます。また、在庫水準の低下も銅価格の支えとなります。


銅鉱山の世界的分布は不均衡で、埋蔵量と生産量は地域間で不均等に分布しており、これらすべてが世界の銅サプライチェーンの変化に影響を与えています。2023年の米国地質調査所(USGS)のデータによると、世界の銅埋蔵量は約8億9000万トンで、銅生産量が最も多い地域は中米地域です。


チリ、オーストラリア、ペルーは世界の銅埋蔵量が最も多い3か国であり、総埋蔵量は世界の約41%を占めています。その中でも、チリは銅資源が豊富で、世界で最も豊かな国の一つであり、世界の銅市場の安定と供給に重要な役割を果たしています。


一方、中国の紫金鉱業は、銅生産量が100万トンを超え、世界第5位の銅会社となったと発表した。これは、世界最大の銅消費国の一つである中国が、銅鉱山産業の発展に重要な影響を与えてきたことを示している。中国は銅の輸入への依存度が高く、世界の銅取引が非常に活発であるため、世界の銅需要は主に中国の経済発展と政策変更の影響を受ける。


過去5年間の銅価格の動向を見ると、銅価格は2回大幅な上昇を経験していることがわかります。1回目は2020年、新型コロナ流行の際、銅供給に対する市場の懸念が高まり、中国経済が徐々に回復したことから、価格が上昇し始めました。


これは、サプライチェーンの問題と中国の需要が銅価格に影響を与えていることを反映しています。この期間中、世界中の銅生産は疫病の影響で減速しましたが、世界最大の銅消費国である中国の経済回復と相まって銅の需要が回復し、価格が上昇しました。


同時に、国内外の政策調整、経済データなど、マクロ経済も銅価格に大きな影響を与えます。銅価格と米ドルの動向は通常、負の相関関係にあります。ドルが弱い場合、銅価格は上昇する傾向があります。これは、ドルの下落により、国際市場で非ドル建ての銅が安くなり、需要が刺激されるためです。


さらに、米国と中国の金融政策の方向性も銅の価格に影響を与えます。たとえば、連邦準備制度理事会やその他の主要中央銀行による金融政策の調整により市場の流動性が変わり、銅の価格に影響を及ぼす可能性があります。流動性が高まると、銅などの商品に対する市場の需要が高まり、銅の価格が上昇する傾向があります。


2022年第2四半期、中国での感染拡大の激化と連邦準備制度理事会の金融政策の引き締めにより景気後退リスクが高まり、銅価格が大幅に下落した。同年第4四半期、中国は感染予防・抑制政策を最適化し、連邦準備制度理事会は金利引き上げのペースを緩め始め、銅価格が再び急上昇した。


これら 2 回の銅価格上昇は、世界のサプライ チェーンの不確実性、中国の需要の変化、および銅市場に対する世界の金融政策の影響を反映しています。中国の政策調整と Fed の金融政策の変更により、銅価格の動向はこれらの要因の影響を受け続ける可能性があります。


不確実な出来事は、通常、市場心理に混乱を招き、銅の価格に影響を及ぼします。政治、経済、地政学、自然災害などの不確実な出来事が発生すると、市場参加者は将来の銅の供給や需要について懸念を抱くことがあります。このような気分の変動は、銅価格の短期的な大幅な変動につながる可能性があります。特に、不確実な出来事が主要な銅生産国や消費国に影響する場合、市場への影響はより大きくなる可能性があります。


たとえば、2023年11月末、カナダのファースト・クォンタム・マイニングは、巨大な銅鉱山を運営するためにパナマ政府と契約を結びました。ファースト・クォンタムは、世界最大級の露天掘り銅鉱山であるコブレ・パナマを所有しており、35万トン、つまり世界の銅供給量の1.5%を生産しています。パナマの住民による抗議活動によりコブレ・パナマ鉱山が閉鎖され、銅価格が2か月ぶりの高値に上昇したため、ファースト・クォンタムの株価は下落し続けています。


この操業停止は、地政学と大衆の活動が銅のサプライチェーンに及ぼす影響を反映している。バリック・ゴールドはファースト・クォンタムの買収に関心を示しており、買収が成立すれば同社は世界最大の銅生産者の1つとなる。同様の動きとしては、アングロ・アメリカンが2024年の銅生産目標を100万トンから73万~79万トンに削減する計画がある。この生産削減の動きは、世界の銅サプライチェーンにさらなる影響を及ぼすだろう。


全体として、銅価格は2024年もこれらの要因の組み合わせの影響を受け続けると予想され、不安定な動きを見せるでしょう。したがって、投資家は銅価格の変化をより適切に予測し、対応するために、世界経済の状況、サプライチェーンの問題、政策の変更に細心の注意を払う必要があります。

The latest copper prices

銅価格市場分析

銅価格の歴史的傾向と価格影響の理由の観点から見ると、ファンダメンタルズとマクロの共同影響により、短期的には銅価格は比較的狭い範囲内で変動する可能性があります。銅の需給バランスと比較的安定した市場期待により、値上がりと値下がりの余地は通常限られています。


プラス面では、銅のサプライチェーンの問題、生産者の生産削減、需要の増加により銅価格が上昇する可能性がありますが、マイナス面では、世界的な経済減速、供給の増加、需要の減少により銅価格が下落する可能性があります。ただし、全体的には、銅価格は比較的安定した範囲内で変動する可能性があります。


銅の需要と供給は、ある程度、銅の価格変動を決定します。供給側には、銅鉱山の生産量、製錬所の処理費、在庫レベルなどの要因が含まれます。これらの要因は銅の供給量とコストに影響し、銅の価格にも影響を及ぼします。需要側では、製造業やインフラ開発による銅の世界的な需要が重要な要因であり、特に中国やその他の新興市場からの需要は、経済状況や開発目標が銅の需要量に直接影響を及ぼします。


マクロ経済政策、国際貿易政策、金利の変化、世界経済の成長期待、その他のマクロ要因は銅価格に大きな影響を与える可能性があります。米ドルの動向や世界の主要経済国の金融政策の調整も銅​​価格の大きな変動を引き起こす可能性があります。米ドルと銅価格は通常、負の相関関係を示しています。つまり、米ドルの下落は銅価格を押し上げる可能性があり、米ドルの上昇は銅価格に下押し圧力をかける可能性があります。


したがって、ファンダメンタルズとマクロの複合的な影響により、銅価格は一定の範囲内で変動する可能性があります。上昇の余地は、十分な供給、高い加工費、低い需要などの要因によって制限され、下降の余地は、供給が逼迫し、在庫が少なく、強い需要などの要因によって支えられています。したがって、短期的には、銅価格は明らかな一方的な傾向を示しているように見えるかもしれませんが、それはむしろ衝撃的な傾向です。この振動傾向は、市場がファンダメンタルズとマクロの側面のバランスを求めていることを反映しており、価格の上昇または下降傾向に影響を与えます。


中期的には、銅価格が反転するかどうかを見極めるには、国内需要が回復しているかどうか、そして連邦準備制度理事会の金融政策がいつ利下げサイクルに入るかを観察することが鍵となる。この2つの方向性は、銅価格の今後の動向に大きな影響を与えるだろう。国内需要が引き続き改善し、連邦準備制度理事会の金融政策が利下げサイクルに入った場合、銅価格は上昇トレンドから反転する可能性がある。


銅は、建設、インフラ、電力、製造業など、多くの業界で重要な用途があることを認識することが重要です。したがって、国内の経済成長と需要回復、特に不動産と製造業の需要回復は、銅の需要を直接的に促進し、価格を押し上げます。世界最大の銅消費者需要が引き続き増加する中、特に中国で国内需要が引き続き増加すれば、銅の価格が上昇する可能性があります。


また、FRBの金融政策、特に金利決定は銅価格に直接影響を及ぼします。FRBが利上げペースを緩めたり、利下げサイクルに入ったりすれば、米ドルが下落し、世界的な流動性が高まり、銅価格にとってプラス要因となる可能性があります。FRBの金融政策が緩和サイクルに入った場合、銅価格をさらに支える可能性があります。


長期的には、銅価格は間違いなく上昇傾向にあります。その理由の 1 つは、銅鉱山会社の設備投資が近年大幅に減少しており、将来的に銅の供給不足につながる可能性があることです。銅鉱山が投入から産出まで移行するには長い時間 (通常 5 ~ 7 年) がかかるため、今後数年間で銅の供給不足が明らかになる可能性があります。これにより、銅価格に上昇圧力がかかります。


2つ目の理由は、世界的に新エネルギーが注目され、発展するにつれて、新エネルギー産業の銅需要が大幅に増加したことです。例えば、新エネルギー車に使用される銅の量は従来の車の数倍であり、充電スタンド、太陽光発電、風力発電などの新エネルギー施設も大量の銅を必要とします。新エネルギー産業のさらなる発展に伴い、銅の需要は引き続き増加し、銅全体の価格を押し上げるでしょう。


これら両方の論理は、銅価格が長期的に上昇し続けると予想されることを示唆しています。銅鉱山会社の設備投資の減少であろうと、持続可能性とエネルギー転換への世界的な関心の高まりであろうと、主要金属の 1 つである銅の需要は引き続き増加し、それが長期的な強気見通しを支えることになります。


したがって、銅価格は長期的には上昇傾向を維持する可能性が高いですが、短期・中期的には世界経済の変動、地政学的リスク、市場心理など不確実性に直面する可能性があります。したがって、投資家は銅などの商品への投資には注意を払い、市場の変化に細心の注意を払い、リスク管理戦略を検討する必要があります。

銅価格の動向と世界経済分析
期間 銅価格の動向 関連する経済要因
1970年代から1980年代 大きな変動 エネルギー危機、高インフレ、世界経済の不安定化
1990年代初頭 比較的安定 より安定した世界経済
1997 短期的な衰退 アジア通貨危機
2003年から2008年 継続的に上昇 中国と新興市場が世界経済の成長を牽引しています。
2008 急激な減少 世界金融危機
2009年から2011年 リバウンド、ピーク 世界経済の回復に伴う需要増加
2011年から2019年 下降、変動 中国の成長鈍化、ドル高、世界貿易摩擦
2020 急激な減少 新型コロナウイルス流行による世界経済の弱体化
2020年後半から2021年初頭 急激な反発 銅の供給は不確実性と需要の増加に伴って変化します。
2022年第2四半期 急激な減少 中国で感染拡大が深刻化、FRBが金融政策を引き締め
2022年第4四半期 急上昇 中国は感染症対策を最適化、FRBは利上げを減速
2024 変動する傾向 銅の供給は不確実性と需要の高まりによって変化します。
長期的見通し 上昇を続ける 新エネルギー産業の発展、銅需要の増加

免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、信頼できる財務、投資、その他のアドバイスを意図したものではありません (また、そのように見なされるべきではありません)。この資料に記載されている意見は、EBC または著者が特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の個人に適していることを推奨するものではありません。

Metaの株式分析と投資洞察

Metaの株式分析と投資洞察

メタの強固な財務と多様な事業は、競争や市場の変化にもかかわらず、長期投資家にとって同社の株式を魅力的なものにしています。

2024-06-14
購買力平価:理論の基礎と応用

購買力平価:理論の基礎と応用

購買力平価理論では価格に基づく為替レート評価を使用しますが、コストや政策により失敗する可能性があります。その外国為替の制限を理解してください。

2024-06-14
スタグフレーションの原因、影響、対応

スタグフレーションの原因、影響、対応

スタグフレーションとは、供給不足と需要低下によって生じるインフレであり、経済の減速と物価上昇を引き起こし、金融政策によって対処されます。

2024-06-14