ユーロが特別なものである理由

2024-01-05
序章

ユーロはユーロ圏加盟 19 か国の共通通貨であり、経済統合、共通の金融政策、欧州中央銀行と加盟国の経済データに対する敏感性などの特徴を備えています。

歴史は常に驚くほど似ています!地域間の経済交流を促進するため、古くは秦の始皇帝が同一の鉄道と貨幣を保有し、現在ではユーロ圏諸国は統一通貨を使用している。世界で最も安全な通貨と考えられているドルとは異なり、投資家からはリスクの高い投資とみなされています。ただし、誕生直後に世界で 2 番目に重要な通貨となったため、これは影響しません。投資家に広く支持されているため、取引量も非常に多いです。なぜそうなるのでしょうか?この記事ではユーロの特徴に焦点を当てます。

Euroユーロの特徴

通貨記号は欧州通貨同盟によって設計された「ユーロ」です。国際標準化機構 (ISO) の標準では、世界規模で通貨を一意に識別するために、通貨コードは通常 3 文字で構成されています。通貨コードはEURで、5~5007紙幣の種類があります。


その歴史は、欧州連合 (EU) 加盟国の通貨経済統合の基礎を築いた 1992 年のマーストリヒト条約にまで遡ります。同時に、その設立を促進するために欧州通貨同盟(EMU)が設立されました。


1994年、EU加盟国は、加盟国が一定のインフレ率、債務水準、金利、その他の経済指標を満たすという要件を含む、「マーストリヒト基準」として知られる一連の条件を採用した。これらはユーロ圏創設メンバーの要件であり、これにより同じ金融政策を共有する通貨同盟が形成されました。


1998 年、地域で金融政策を実施するために、ドイツのフランクフルトに本部を置く欧州中央銀行 (ECB) が設立されました。 1999 年 1 月 1 日、この通貨は銀行振込や電子決済などの非現金取引用の電子マネーとして導入されました。ただし、紙幣と硬貨は 2002 年まで正式に流通しませんでした。


2002 年 1 月 1 日、その紙幣と硬貨がこの地域の加盟国で正式に流通し始め、徐々に元の国の通貨に取って代わりました。そして合法的に流通している唯一の共通通貨として、欧州中央銀行(ECB)によって管理される欧州連合内の共通通貨です。


時間が経つにつれて、この地域は徐々に拡大し、より多くの加盟国が含まれるようになりました。当初の加盟国は 11 か国でしたが、後に 12.16 か国に増加しました。これらには、オーストリア、ベルギー、フェメン、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、ポルトガル、スロベニア、スペイン、マルタ、キプロス、スロバキア、エサニーリャ、ラソヴィアリ、アングロ・オーストラリアが含まれます。


これらの欧州連合 19 か国に加えて、この通貨はフランス領ギアナやティエネヴァンなどの加盟国の外国領土でも使用されます。これに加えて、ヨーロッパにはアンドラ、モナコ、バチカン、サンマリノの 4 つの小国家があります。これらの国々は名目上EU加盟国ではありませんが、近隣諸国もEU加盟国であるため、便宜上この法案も利用しています。


EU離脱前の英国はスターリングポンドを使用していましたが、スウェーデンとデンマークは、国内人口のほとんどが当分の間EU離脱に参加することを選択していないため、独自の通貨を採用しています。ただし、ヨーロッパ以外では、モンテネグロのコソボ地域など、EU 加盟国の多くの特別地域でも通貨として使用されています。


2019 年の時点で、約 3 億 4,300 万人がこの通貨を使用しています。世界中で 2 億人以上の人がユーロに固定された通貨を使用しており、そのためユーロは米ドルに次いで世界で 2 番目に取引されている通貨と言われています。したがって、まだ設立されてからわずか 20 年ですが、外国為替投資の分野では重要な位置を占めています。

ユーロの最低為替レートはいくらでしたか
コンバーチブル 最低 最高 平均
米ドル 1.0723 1.1123 1.0918
中国人民元 7.6792 7.9435 7.7982
日本円 153.24 162.96 157.63
英国ポンド 0.8547 0.8699 0.862
オーストラリアドル 1.6140 1.6609 1.6330
カナダドル 1.4549 1.4950 1.467
スイスフラン 0.9336 0.9658 0.9459
ニュージーランドドル 1.7379 1.8005 1.7572

ユーロファンダメンタルズの特殊な特徴

この通貨の主な特徴は、加盟 19 か国が同じ金融政策を共有し、その実施を担当する欧州中央銀行 (ECB) によってすべて管理されているため、加盟 19 か国の共通通貨であることです。独立した金融政策をとっている他の国とは異なり、金融政策の決定は比較的一貫したものにしてください。


したがって、一部の加盟国の財政状況も共通通貨に影響を与えることになります。例えば、高い債務水準と過度の財政赤字を抱えている国は、共通通貨の全体的な安定性について投資家の懸念を引き起こす可能性があります。


それはまた、地域内の加盟国の経済統合や加盟国の政治的安定とも密接に関係しています。これは、加盟国間の貿易と金融の結びつきが比較的強いためであり、それによって域内の経済が相互に結びついています。その結果、通貨のパフォーマンスは通常、地域経済全体の状態に影響されます。同時に、特に政治的不確実性が高まった場合には、政治的出来事、選挙結果、政権樹立などの要因が通貨に影響を与える可能性があります。


また、この地域に参加する国は、妥当なインフレ率、健全な財政政策、低いインフレ期待などの条件を含む一連のいわゆる「マーストリヒト基準」を満たす必要があるという事実もある。これらの基準は、共通通貨を導入する際に加盟国が比較的健全な経済基盤を確保できるように設計されています。


他に留意すべき点は、ユーロ圏では共通通貨の為替レートに直接影響を与える経済データです。これらには、国内総生産 (GDP)、インフレ、雇用データ、貿易データなどが含まれます。好調な経済指標は通常、通貨を支援する一方、経済の減速は通貨安につながる可能性がある。


一方、欧州中央銀行(ECB)の金融政策は、共通通貨の動きにおいて重要な役割を果たしています。 ECB の決定や政策声明、特に金利や量的緩和の水準、金融システムの規制などは、投資家の期待に影響を与えます。


そして、世界準備通貨の一つとして、そのファンダメンタルズは国際投資家や中央銀行にとっても興味深いものです。世界的な経済および金融状況は、国際的な地位と業績に影響を与えます。たとえば、世界経済成長の減速または加速は、共通通貨地域における輸出入に影響を与える可能性があり、それが通貨の価値に影響を与える可能性があります。


共通通貨地域内の貿易状況、および他の国や地域との国際関係も、共通通貨の価値に影響を与える可能性があります。貿易黒字または赤字、および主要貿易相手国との関係は重要な考慮事項です。商品価格の変動、自然災害、公衆衛生上の出来事などの外部要因も通貨のファンダメンタルズに影響を与える可能性があります。


地政学的な出来事や緊張は、安全な資産への需要を引き起こし、その動きに影響を与える可能性があります。投資家心理と市場の期待は通貨のファンダメンタルズに影響を与えます。市場センチメントは、世界の金融市場のボラティリティ、地政学的な緊張など、さまざまな要因によって影響を受ける可能性があります。


全体として、共通通貨のファンダメンタルズは要因の複雑な組み合わせです。投資家やアナリストは通常​​、通貨の将来の動きを評価するためにこれらの要因に焦点を当てます。

Euro To Dollar Chartユーロ対ドルの特徴

最も一般的に使用されている 2 つの通貨として、これらは両方とも世界中の中央銀行の準備通貨です。その結果、ユーロ対ドルが最も人気があり、現在世界の外国為替市場で最も取引されている通貨となっています。そして、その膨大な取引量により、個人や機関がそれを操作することが困難になります。取引は比較的公正で信頼できます。さらに、為替レートの短期的な変動トレンドが小さく、従うべきルールが存在する場合もあり、収益を守るという投資家の判断に非常に役立ちます。


しかし、その誕生は加盟国を基礎として成り立っているため、この地域のどの国でも経済的・政治的混乱が生じ、地域全体の経済の安定に影響を与える可能性があり、同時期の物価変動も影響を受けることになります。したがって、投資家の目から見ると、これはリスクのある通貨です。しかし、高利回りの機会にはリスクが隠れていることが多いため、依然として投資家に好まれています。


外国為替市場で最も人気があり活発な通貨ペアの 1 つである EUR/USD は、毎日大量に取引されるという点で独特です。この高い流動性により、トレーダーは市場への出入りが容易になり、取引時の価格変動も比較的小さくなります。


さらに、これらは主要な通貨ペアの 1 つであると考えられており、その為替レートはユーロ圏と米国という 2 つの経済の相対的な強さと弱さを直接反映します。世界最大の経済大国が関与しているため、このペアは世界中の投資家から大きな注目を集めています。そして、どちらも世界の主要基軸通貨の一つであるため、その取引は両方の世界的な地位に影響されます。通常、2 つのうちのいずれかに変化が生じると、世界市場のボラティリティが引き起こされ、それがペアに影響を与えます。


欧州中央銀行と連邦準備制度は、2 つの通貨のそれぞれの国の金融政策に責任を負い、2 つの中央銀行の決定は為替レートの変動に直接影響します。たとえば、金利決定と金融政策の方向性は、この通貨ペアの売買に対する市場の関心を引き起こします。また、GDP成長率、インフレ率、雇用統計など、両国・地域のマクロ経済指標にも直接影響を受ける。投資家は両国経済の健全性に関する情報を得るために、これらの指標を注意深く監視している。


両国間のパフォーマンスは世界的なリスク選好と密接に関係しています。市場のリスク選好度が高い場合、投資家は高利回り通貨を購入する傾向にある可能性があります。そして、市場のリスク選好度が低下すると、比較的安全な米ドルを購入することを好む可能性があります。これは両国間の為替レートに直接的な影響を及ぼし、市場のリスク圧力によりユーロ/米ドルが下落する可能性があります。


地政学的な出来事や緊張もこの通貨ペアに影響を与える可能性があります。たとえば、地政学的緊張、政治的不確実性、米国と欧州間の貿易紛争は市場でリスク懸念を引き起こす可能性があり、それがこの通貨ペアのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。


全体として、外国為替市場におけるユーロのこうした特徴は、ますます多くの投資家を惹きつけています。初心者トレーダーは、EUR/USD への外国為替投資に挑戦することもできます。世界 5 大通貨の 1 つであり、同時に外国為替投資家に好まれているということは、その通貨が世界に与える影響を無視できないことを証明しています。しかし、国家間のつながりは密接に結びついています。賢明な投資家は、各国の通貨間の新たな変化に注意を払い、自分の投資に有利な判断を下すために、変化から繭を引き出す方法を学ぶ必要があります。

ユーロからドルへの予測 2024
開ける 低-高 近い
1月 1.229 1.179~1.229 1.197
2月 1.197 1.196~1.232 1.214
行進 1.214 1.214~1.267 1.248
4月 1.248 1.248~1.304 1.285
5月 1.285 1.277~1.315 1.296
六月 1.296 1.244~1.296 1.263
7月 1.263 1.223~1.263 1.242
8月 1.242 1.193~1.242 1.211
9月 1.211 1.164~1.211 1.182
10月 1.182 1.182~1.221 1.203
11月 1.203 1.149–1.203 1.167
12月 1.167 1.134~1.168 1.151

免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、財務、投資、またはその他の信頼すべきアドバイスを意図したものではありません (また、そのようにみなされるべきではありません)。資料に記載されているいかなる意見も、特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の個人に適しているという EBC または著者による推奨を構成するものではありません。

証券会社のビジネスと選択

証券会社のビジネスと選択

証券会社は、法的ライセンスを持ち、株式、債券、およびアドバイザリーサービスを提供しています。選択する際には、手数料とセキュリティを考慮してください。

2024-04-19
紙銀のリスクとメリット

紙銀のリスクとメリット

紙の銀は、柔軟で流動性のある非物理的な銀金融商品ですが、価格操作と流動性リスクには注意してください。

2024-04-19
プラチナ価格の動向とその影響要因

プラチナ価格の動向とその影響要因

プラチナ価格は、供給の増加と需要の減少により下落しました。プラチナの価値が金に対して低いのは、投資家の関心の低下と流動性の問題によるものです。

2024-04-19