利下げの反発を受け、フランは対ユーロで下落

2023-12-15
序章

金曜日はタカ派政策当局者主導で欧州通貨が上昇した。スイスフランは今年に入って対ユーロで5%上昇し、2015年1月以来の高値を記録した。

欧州通貨は金曜日、政策当局者のタカ派化を受けておおむね小幅上昇した。中でもスイスフランは今年に入って対ユーロで5%近く上昇し、先週は2015年1月以来の高値を付けた。

ECBは木曜日、インフレ期待の低下にも関わらず借入コストは過去最高にとどまるとの見方を再確認し、差し迫った利下げへの見方を押し戻した。


クリスティーヌ・ラガルド氏は、インフレは間もなく回復し、物価圧力は依然として強いと述べた。また中央銀行は債券買い入れ制度を段階的に廃止することを計画していた。


同氏は第2・四半期まで利下げの可能性は低いとの考えを示唆し、2024年上半期はインフレ経路に関する更なる手がかりを得るデータが特に豊富になるだろうと述べた。


ECBは成長とインフレの見通しを下方修正し、引き締めサイクルの終焉を示唆した。スイス中銀は他の地域でもインフレ見通しを引き下げ、金利を据え置いた。


トーマス・ジョーダン議長は経済の不確実性が続いていることを強調することで削減期待を和らげようとしたが、エコノミストらは今回の発表をハト派的な方向転換とみなした。

EURCHF

ユーロ/スイスフランは日足チャートで二番底パターンを形成しており強気のようです。 50 SMA は突破するために必要な最初のレジスタンスであり、心理的な 1.00 マークが長期的な下降トレンドを逆転させる鍵となる可能性があります。


免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、財務、投資、またはその他の依存すべきアドバイスを意図したものではありません (また、そのようにみなされるべきではありません)。資料に記載されているいかなる意見も、特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の人物に適しているという EBC または著者による推奨を構成するものではありません。

水曜日の英国株式市場は大混乱

水曜日の英国株式市場は大混乱

大手企業2社の買収提案の締め切りが近づいたため、FTSE100指数は火曜日に急落した。外国人投資家が割安な株を買い漁っている。

2024-05-29
投資家は休暇前に米国株に強気の姿勢を強める

投資家は休暇前に米国株に強気の姿勢を強める

アジア株は火曜日、世界的なインフレデータを待って横ばい。ウォール街はメモリアルデーのため休場。投資家はインフレ抑制の兆候をみて買いを入れている。

2024-05-28
日本はG7とともに円支援を新たに推進

日本はG7とともに円支援を新たに推進

円は月曜日に上昇したが、納得のいく反発には至らなかった。政策の収束が予想されるにもかかわらず、トレーダーらは年間11%の下落に困惑した。

2024-05-27