銀は2年ぶりの高値付近で輝きを取り戻した

2024-04-09
序章

金価格は、好調な雇用統計を無視して、中央銀行の買い入れと地政学的緊張により8日連続で上昇した。

金価格は火曜日、中央銀行による金購入と地政学的緊張により上昇し、8営業日連続で上昇する見通しだった。金曜日の雇用統計は好調だったが、勢いを弱めることはできなかった。

中国人民銀行は3月に金準備高を16万トロイオンス増やしたと発表した。トルコ、インド、カザフスタン、一部の欧州諸国も、依然として高まるインフレと戦争の中、今年に入って金を購入している。


ロンドンのスポット金利と3か月先物金利の利回りは、数週間にわたってFRB金利を下回っている。歴史的に、このような状況が持続するのは、金利が低いか、大幅に低下しようとしているときだけだ。


一方、インドの銀輸入量​​は2月に過去最高を記録したと当局者がロイター通信に語った。シルバー協会は、2024年は銀価格が10年ぶりの高値に達する可能性があり、銀にとって絶好の年になると予想している。


世界の需要は今年12億オンスに達すると予想されており、工業用最終用途の継続的な好調と、宝飾品や銀製品の需要の回復を考慮すると、過去2番目に高い水準となるだろう。


この白金属は2年ぶりの高値である28ドル付近で推移し、一部アナリストの予想通り、特に世界経済の改善の恩恵を受けて2024年にはより高値の金を上回るパフォーマンスを示した。

XAGUSD

銀は、ゴールデンクロスの形成後、4月に長期にわたる取引範囲から決定的に抜け出しました。これは、RSIが引き戻しを示しているにもかかわらず、さらなる上昇の確固たる基盤があることを示す証拠です。


免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、信頼できる財務、投資、その他のアドバイスを意図したものではありません (また、そのように見なされるべきではありません)。この資料に記載されている意見は、EBC または著者による、特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の個人に適しているという推奨を構成するものではありません。

絶望的な円安にもかかわらず日経平均は39,000円を回復

絶望的な円安にもかかわらず日経平均は39,000円を回復

火曜日、円は1ドル160円と34年ぶりの安値を付け、アジア株を圧迫した。日本の日経平均株価は3万9000円となり、6月11日以来の高値となった。

2024-06-25
テクノロジー疲れと市場の慢心が投資家を不安にさせる

テクノロジー疲れと市場の慢心が投資家を不安にさせる

S&P 500とナスダック100は金曜日に若干下落して取引を終えた。エヌビディア株は2日連続で下落し、大手テクノロジー企業の疲弊の兆候を示した。

2024-06-24
政策決定を受けてポンドはスイスフランに対して上昇を続ける

政策決定を受けてポンドはスイスフランに対して上昇を続ける

ポンドは、イングランド銀行とスイス中銀の政策の相違により、金曜日にスイスフランに対して3度目の上昇を狙ったが、市場の雰囲気が悪く、その上昇は抑制された。

2024-06-21