BOEの利下げに投資家が反発しポンド下落

2024-03-27
序章

火曜日のポンドは、先進国間の経済格差によるドル高により勢いを失い、薄商いの中で小幅安となった。

薄商いとなった火曜日、英ポンドは小幅に下落した。米国と他の先進国との間の経済不均衡によってドルが上昇したため、同通貨はこれまでの勢いを失っている。

アンドリュー・ベイリー イングランド中央銀行(BOE)総裁は先週、英国はインフレとの戦いについて「勝利に向かっている」と述べた。同氏は、英中銀がインフレの高騰を予測できなかったことが、金融政策の転換への警戒感につながることはないと付け加えた。


短期金融市場では次回5月会合での金融緩和政策変更が予想されており、市場参加者は利下げの確率は20%と見ている。それに対し、FRBとECBは政策変更の確率は10%未満とみている。これらの見方は英国の金融政策に対するポジショニングの大きな変化を示唆している。


英国は昨年インフレ率が高止まりしたため、他国に後れをとると予想されていた。今年初め時点では、BOEは2024年中に1回の利下げ、FRBとECBは2回の利下げが予想されていた。


それでもJPモルガンのストラテジストらは、次回会合までに判断に必要な経済データが不足していることを考慮して、5月の利下げに戦術的に賭けることを支持している。 BofAはECBが早期に利下げするとの見方を堅持している。


キャサリン・マンは月曜日、消費低迷を理由に今月は利下げを一時停止するというハト派的な投票に転じたものの、市場は利下げが多すぎると考えていると述べた。

GBPUSD

ポンドは200SMAによってサポートされており、金曜日のPCEレポートまでに決定的なブレイクアウトが起こる可能性は低い。したがって、1.2760付近での潜在的な出口ポイントではレンジ取引が効果的であると見られる。


免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、財務、投資、またはその他の依存すべきアドバイスを意図したものではありません (また、そのようにみなされるべきではありません)。資料に記載されているいかなる意見も、特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の人物に適しているという EBC または著者による推奨を構成するものではありません。

原油価格は夏に向けて週ごとに上昇する見込み

原油価格は夏に向けて週ごとに上昇する見込み

原油価格は金曜日に下落したが、高い米金利と堅調な需要見通しのバランスを取り、4週間ぶりの週間上昇を目指した。

2024-06-14
金は中国の買いと米国の金利の間で揺れ動く

金は中国の買いと米国の金利の間で揺れ動く

金価格は、インフレ報告が好調だったことと、FRBが今年の利下げ予想を3回から1回に引き下げたことを受けて、木曜日に下落した。

2024-06-13
​米国CPI5月 - 米国のインフレ率は4月にわずかに低下

​米国CPI5月 - 米国のインフレ率は4月にわずかに低下

米国のインフレは4月に若干緩和し、家計にいくらかの安心感を与えた。消費者物価指数は前年比3.4%上昇し、予想通りとなった。

2024-06-12