熱いCPIを受けて金価格は過去最高値から反落

2024-03-13
序章

水曜日の金価格は、米国債利回りの上昇を受けて変動し、1%下落した。 CPIは予想の3.1%を上回る3.2%上昇し、インフレが持続していることを示唆した。

水曜日の金価格は、米国債利回りの上昇を受けて1%以上下落した後、蛇行した。データによると、CPI上昇率は予想の3.1%を上回る3.2%上昇し、インフレのある程度の粘り強さを示唆した。

しかし、CMEのフェドウォッチ・ツールによると、FRBの最初の利下げ時期に関する市場の予想はほぼ変わらず、6月に少なくとも25ベーシスポイントの利下げが行われる可能性が69.8%織り込まれている。


ウクライナとガザで続く戦争、次期大統領選挙、世界的な金利経路を巡る不確実性を背景に、安全資産は2カ月連続で上昇した。


ウォール街の一部の専門家は、現在の上昇相場が今後も続くと予想し、今後12~16カ月間で価格が2,300ドル以上に上昇すると予想している。この金属は、前世紀において平均して年間 1% しか成長しませんでした。


CFTCのデータによると、資産運用会社は3月5日までの1週間で金の買いポジションを増やし、純買いポジションは前週比35%増加した。


1月、中央銀行は世界の公的金準備を39トン増加させたと報告した。これは12月の純購入量17トンの2倍以上で、8か月連続の純購入となった。

图片1.png

地金は、現在の強気トレンドを支える 50 SMA で約 2,150 ドルのサポートを見つけました。しかし、RSIが通常の範囲に戻るまでは利益確定売りが増える可能性がある。


免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、財務、投資、またはその他の依存すべきアドバイスを意図したものではありません (また、そのようにみなされるべきではありません)。資料に記載されているいかなる意見も、特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の人物に適しているという EBC または著者による推奨を構成するものではありません。

絶望的な円安にもかかわらず日経平均は39,000円を回復

絶望的な円安にもかかわらず日経平均は39,000円を回復

火曜日、円は1ドル160円と34年ぶりの安値を付け、アジア株を圧迫した。日本の日経平均株価は3万9000円となり、6月11日以来の高値となった。

2024-06-25
テクノロジー疲れと市場の慢心が投資家を不安にさせる

テクノロジー疲れと市場の慢心が投資家を不安にさせる

S&P 500とナスダック100は金曜日に若干下落して取引を終えた。エヌビディア株は2日連続で下落し、大手テクノロジー企業の疲弊の兆候を示した。

2024-06-24
政策決定を受けてポンドはスイスフランに対して上昇を続ける

政策決定を受けてポンドはスイスフランに対して上昇を続ける

ポンドは、イングランド銀行とスイス中銀の政策の相違により、金曜日にスイスフランに対して3度目の上昇を狙ったが、市場の雰囲気が悪く、その上昇は抑制された。

2024-06-21