OPEC+の原油価格引き上げの試みは失敗に終わる

2023-12-01
序章

原油価格は金曜日のアジア取引序盤に下落し、OPECプラスが来年第1四半期の自主的な減産に合意したことを受けて損失が拡大した。

原油価格は金曜日のアジア取引序盤に下落し、OPECプラスが来年第1四半期の自主的な減産に合意したことを受けて損失が拡大した。

計画されている日量220万バレルの減産のうち、少なくとも130万バレルはロシアとサウジアラビアがすでに実施している減産の延長だった。これは日量90万バレルの追加減産に相当する。


ヘッドラインニュースを受けて原油価格は2%付近で落ち着いた。投資家らは会合でさらなる削減をおおむね織り込んでおり、自主的な削減により市場を下支えする取り組みの意義はさらに薄れている。


この水準の削減は、今年の世界的な需要の伸びが強気であることを裏付けるにはほとんど役立たない。 EIAによると、9月の米国の原油生産量は1.7%増加し、月間最高の日量1324万バレルとなった。


中国の原油輸入量は、今年最初の10カ月で日量121万バレル増の日量1136万バレルとなったが、インドでは日量46万2000バレル増の日量462万バレルとなった。


しかし、アジアの他の地域では輸入の増加はほとんど見られず、米国の減速を示す兆候が増えており、実需要がおそらくOPECとEIAの予測よりも低いことを示している。

XBRUSD

ブレント原油は再び80ドル台まで下落した。 EMA 200を超える試みが失敗したことで弱気の構造が強固となり、78に向けてさらに深い反落が予想されます。


免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、財務、投資、またはその他の依存すべきアドバイスを意図したものではありません (また、そのようにみなされるべきではありません)。資料に記載されているいかなる意見も、特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の人物に適しているという EBC または著者による推奨を構成するものではありません。

水曜日の英国株式市場は大混乱

水曜日の英国株式市場は大混乱

大手企業2社の買収提案の締め切りが近づいたため、FTSE100指数は火曜日に急落した。外国人投資家が割安な株を買い漁っている。

2024-05-29
投資家は休暇前に米国株に強気の姿勢を強める

投資家は休暇前に米国株に強気の姿勢を強める

アジア株は火曜日、世界的なインフレデータを待って横ばい。ウォール街はメモリアルデーのため休場。投資家はインフレ抑制の兆候をみて買いを入れている。

2024-05-28
日本はG7とともに円支援を新たに推進

日本はG7とともに円支援を新たに推進

円は月曜日に上昇したが、納得のいく反発には至らなかった。政策の収束が予想されるにもかかわらず、トレーダーらは年間11%の下落に困惑した。

2024-05-27