日本株パーティーはいつまで続くのか?

2023-11-23
序章

日経平均株価は33,000を超え、1990年の高値に達しています。バークシャーは日本株保有拡大を検討し円債を発行。

日経平均株価は33,000円を超えて堅調となった。今月、米国債利回りとドルが下落し始めたため、東京市場の基準値は月曜に一時的に1990年以来の高値を付けた。

225JPY

日本株は30年間にわたって偽りの夜明けをもたらしてきたが、バフェット氏のお墨付きを得て人気株となった。バークシャー・ハサウェイは商社の株式を設立して以来、莫大な利益を積み上げてきた。


同社は今年2度目となる円債を売却したばかりで、伝説的な投資家がさらに日本株を買い占めようとしているのではないかとの憶測が広がっている。


この市場は世界的に見ても群を抜いて好成績を収めているものの、日本の上場企業の半数は依然として簿価以下で取引されており、合計すると時価総額よりも20%多い現金を保有している。


この上昇は、堅調な決算シーズンによって部分的に推進された。日本企業は円安と消費者へのコスト転嫁の恩恵を享受した。


飽くなき食欲

アナリストらは、日本の企業収益見通しの上方修正が株価を支えていると指摘している。ロイター調査によると、同指数は今年も2024年まで激しい上昇が続くだろう。


2024年半ばの日経平均株価の予想中央値は3万5,000ドルで、回答数は3万1,143~3万9,500件だったが、来年後半は株価のある程度の停滞が予想される。


三井住友DSアセットマネジメント(東京)のチーフマクロストラテジスト、吉川雅之氏は、日経平均株価が6月に3万9500円、2024年末までに4万900円に達すると予想した。


最も強気な予測担当者は、事業投資と消費者需要、特にサービス需要の両方におけるペントアップ需要がEPSの伸びを促進すると指摘した。


回答者の多くは、日銀が超緩和的な刺激策の終了に近づき、FRBの引き締めサイクルがピークアウトしたことで、円は底を打ったのではないかと疑っている。

JPY Bil

モーニングスター・ダイレクトのデータによると、日本への純流入額は先月9,463億円に達し、今年最大となり、昨年12月の過去最高額に迫っている。


特に株式ファンドは好調な勢いを記録し、日本株と世界株の純流入額は6月と比べて2倍以上に増加した。


利益確定の理由

すべての資産運用会社がバフェット氏のようなバイ・アンド・ホールド戦略を採用しているわけではないため、ラリーが著しく行き過ぎているように見える場合には、海外資本がいつでも資金をテーブルから外す可能性がある。


JPモルガンのチーフ日本株式ストラテジスト、西原理恵氏の分析によると、4月の今会計年度開始以来、アナリストの予想を下回った企業の株価下落は過去10年間の平均を上回る約6%となっている。


BofA証券のチーフ株式ストラテジスト、阿久津将志氏は、市場に詳しくない人々のせいで「表面的な決算数字にやや過剰反応した」と述べた。


政策の正常化も投資家を不安にさせている。日本の大手雇用主は2024年も給与の引き上げを続ける予定で、日銀に対し早期に行動を起こすよう圧力を強めている。


日本最大の労働組合総連合会である連合は、来年は「5%以上」の賃上げを要求すると発表した。一方、岸田氏は支持率が急落する中、賃上げを主張している。


これは、日本の多国籍企業にとって円安による追い風が消え始める可能性があることを意味する。そして日銀は最終的には肥大化したバランスシートを縮小しなければならないだろう。

The Bank of Japan

同中央銀行は、積極的な資産購入プログラムを通じて2020年末に日本株の最大の保有者となり、現在は巨額の売却が必要な資産を有しています。


元日銀当局者の山岡氏は「J-REITやETFの売却は金融市場に大きなショックを引き起こす可能性がある」と述べた。 「上田知事の任期中にそういう形で退場するのは厳しいだろう」。


免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、財務、投資、またはその他の依存すべきアドバイスを意図したものではありません (また、そのようにみなされるべきではありません)。資料に記載されているいかなる意見も、特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の人物に適しているという EBC または著者による推奨を構成するものではありません。

金曜日、ドルは対ユーロで2.5か月ぶりの大幅下落

金曜日、ドルは対ユーロで2.5か月ぶりの大幅下落

今週、インフレ率の低下と米国経済の軟化の兆候からドルは対ユーロで下落し、FRBの利下げ期待が高まった。

2024-05-17
ドルは木曜日に数ヶ月ぶりの安値に下落した

ドルは木曜日に数ヶ月ぶりの安値に下落した

米国のコアインフレ率が3年ぶりの低水準となったことでドルが急落。オーストラリアドルも雇用統計が弱かったことから4カ月ぶりの高値から下落。

2024-05-16
ドルはユーロに対して1ヶ月ぶりの安値

ドルはユーロに対して1ヶ月ぶりの安値

米国のインフレ報告前に、ドルはユーロに対して1か月ぶりの安値を記録。第1四半期の消費者物価の高騰により、FRBは利下げの見直しを迫られる。

2024-05-15