スイスフランの通貨の歴史

2024-02-23
序章

CHF スイスの公式通貨は、中立的な立場に裏付けられており、その安定性と安全な逃避先として外国為替の注目の的となっています。近年、為替レートが高騰し、スイス経済や米ドル関連取引に影響を与えている。

今日の外国為替市場では、意識的か無意識的に見落とされている通貨が 1 つあります。その通貨はスイス フラン、別名 CHF です。これは世界で最も安全な安全通貨であるはずであり、その人気は米ドルに匹敵するほどでした。しかし、2015 年のブラック スワン イベント以来、それは非常に特別なものになりました。ここでスイスフランの通貨の歴史をよく見てみましょう。

CHF

スイス フランはどこの国の通貨ですか?

英語名はスイス・フラン、略称CHFです。スイスの公式通貨単位であり、主にスイスとリヒテンシュタインで使用されています。さらに、CHF は、フランス、ドイツ、イタリア、オーストリアなどの一部の近隣諸国の国境地域でも受け入れられます。これらの地域、特にスイス国境近くの店舗やサービスでは通常、スイスフランでの支払いも受け付けています。


紙幣と硬貨の両方で構成されており、紙幣はスイス国立銀行(SNB)によって発行および管理されています。通常、10、20、50、100、200、1,000 など、さまざまな額面で発行されます。各金種には、偽造を防止し通貨の安全性を確保するための独自のデザインとセキュリティ機能が備わっています。


スイスの紙幣のデザインには、スイスの有名なランドマーク、歴史上の人物、自然の風景、文化的シンボルが含まれることがよくあります。たとえば、2016 年のリリースでは、スイスを望ましい国にするために自然をテーマにしています。各紙幣の裏面にはスイスの実際の自然風景が描かれており、それぞれが国の特徴や経験を表し、その豊かな歴史と文化を紹介しています。


スイスフランの宗派ごとに異なるテーマがあり、10ドルは時間、20ドルは光の物語、50ドルは風、100ドルは水、200ドルは物事に焦点を当て、1,000ドルは言語をテーマとしています。人類。このバージョンのテーマはすべてより抽象的であり、第二に、これらのテーマは人間の生活と生息地に広く関係しています。


紙幣のテーマは、創造性、経験、人間性、科学、さまざまなレベルのコミュニケーションなど、より抽象的なものになっています。たとえば、額面50スイスフランは風をテーマにしています。表面のデザインはタンポポを持つ手の形を表現しています。風に吹かれてタンポポの種が空中に飛ばされます。手の塊は紙幣の中央にあり、風に関連する羽根を象徴する矢印のグラフィック要素で構成されています。


紙幣の表面のもう 1 つの主要なグラフィック要素は地球であり、その表面上の赤と緑の矢印は、スイスと他の地域や大陸を結ぶ風の方向を示しています。背景パターンの下部も抽象的な矢印で表され、地球上の周囲の気流と気圧を示しています。


紙幣の裏面には、風によってグライダーが山々の中で空高く舞い上がり、背景の山々や等高線がスイスの多様な風景と地形を表している。


スイス フランは偽造に対する耐性も高く、各紙幣には 7 つのセキュリティ マークが付いています。世界の紙幣コレクションとして、最先端の技術と一流のデザインコンセプトを兼ね備えており、このバージョンの紙幣がほとんどの国より少なくとも10年先を行っていることは周知の事実であり、多くのコレクターからも支持されています。紙幣の。


さらに、スイスフランは国際金融市場でも投資通貨および準備通貨として広く使用されています。スイスの金融システムは堅牢であるため、特に民間銀行と国際金融機関との間の取引では、多くの国際金融取引と決済がスイスの金融システムを利用して行われています。一部の国の中央銀行は、外貨準備ポートフォリオのバランスをとり、外貨準備の多様性と堅牢性を維持するために、外貨準備の一部としてスイスフランを使用しています。


外国為替取引における主要通貨の一つでもあります。スイスは、公式通貨の流動性が比較的高い重要な金融センターであるため、外国為替市場で広範な取引活動が行われています。また、スイスは重要な金融センターであるため、スイスフランは比較的流動性が高く、外国為替市場で広範な取引が行われています。


このように、2015 年のユーロとの出来事は為替レートに重大な影響を与え、市場流動性の急激な低下により金融市場を混乱とパニック状態に陥れました。しかし、全体としては、依然として世界経済の混乱や地政学的不安定の際の安全な通貨とみなされています。

Swiss Franc to Chinese Yuan Exchange Rateスイス フランの為替レート

スイスの政治的安定と金融市場の成熟による恩恵 スイスフランは一般に安全通貨とみなされており、市場が荒れた場合でも比較的強い。世界の金融市場で重要な役割を果たしており、為替レートの動きはスイス国内経済、金利、さらには世界的なリスクセンチメントと密接に関係しています。


スイス国内経済の実績はスイスの価値に直接影響し、インフレ、雇用統計、経済成長率などの経済指標は為替レートに直接影響を与える可能性があります。通常、経済指標の好調はスイスフランの価値を支えますが、経済指標が弱ければスイスフランの下落につながる可能性があります。例えば、スイスの特に金融セクターにおける急成長はスイスフランの上昇を促す可能性がある。


金利は投資家がスイスの資産から受け取る収益率を決定するため、通貨価値の大きな鍵となります。スイスの金利が他の国よりも高ければ、投資家はより高いリターンを求めてスイスフランを購入し、スイスフランの価値がさらに上昇する可能性があります。逆に、金利が低下すると資金が流出し、スイスフランが下落する可能性があります。


安全通貨としてのその価値は、通常、地政学的緊張、戦争のリスク、テロの脅威などの要因によって影響を受けます。世界的な混乱や不確実性の高まりの際には、投資家はスイスフランなどの安全資産に資金を移す傾向があり、スイスフランの為替レートを支えている。価格に影響を与える世界経済の状況もあります。たとえば、世界経済の成長が鈍化している時代には、市場は価格を押し上げるためにリスク回避に向かう可能性があります。


スイスは輸出経済であるため、対外貿易の状況も為替レートに影響を与えます。スイスの輸出が増加するとスイスフランの為替レートに有利となる一方、スイスの輸入が増加すると為替レートにマイナスの影響を与える可能性があります。同時に、外国為替市場におけるスイスフランの需要と供給の関係も為替レートに直接影響します。多数の投資家がスイスフランを購入すれば、スイスフランの価値が上昇する可能性があります。逆に、多くの投資家がスイスフランを売った場合、その価値は下落する可能性があります。


全体として、スイスフランの為替レートは、経済のファンダメンタルズ、地政学的リスク、金融政策、外部の需要と供給などの要因の組み合わせによって影響を受けます。投資家は、十分な情報に基づいて投資決定を行うために、これらの変数を慎重に検討する必要があります。

Swiss franc to United States dollar exchange rate

スイスフランから米ドルへ

2015年にスイスがユーロ対スイスフランの為替レートで維持していた1.2下限を撤廃するとの突然の発表により、ユーロの価値は20%上昇した。その結果、スイス中央銀行はその後数年間、スイスフランの需要を抑制するためにさまざまな措置を講じた。しかし、市場混乱のリスクが高まっていることから、安全資産としての需要が最近増加しています。


これはスイスが特別中立国としての地位にあるためであり、スイスフランは長年の憧れの通貨となっている。そして過去のデータを見ると、スイスフランは実際に米ドルを上回っています。その結果、欧州や米国で何らかの動きがあれば、あるいはより大きな危機や混乱があれば、スイスへの安全資金の流入も刺激され、当然スイスフランも上昇するだろう。


実際、近年ではスイスフランの対米ドル相場も上昇傾向にあり、スイス経済や金融市場に一連の影響を与えている。例えば、輸出は困難に直面するかもしれないが、輸入コストの低下は貿易収支の改善に役立つ可能性があり、したがって経済にある程度のバランス効果をもたらす可能性がある。


第一に、外国の買い手が同じ量のスイス製品に対してより多くのドルを支払わなければならないため、スイスの輸出品はより高価になる。外国の消費者がより安価な代替品に乗り換える可能性があるため、これはスイスの輸出部門に衝撃を与える可能性がある。


同時に、1ドルの価値が上昇するにつれて、スイスが輸入品に支払わなければならないドルも減ることになる。スイスは同じ量の商品をドルで購入するのに使用するスイスフランが減り、輸入品のコストが下がり、価格水準のコントロールに役立ち、国内の消費者や企業を助けることになる。


米国の旅行者にとって、同じスイスフランに対してより多くの米ドルを支払わなければならないため、スイスの目的地はより高価になります。しかし同時に、より少ないスイスフランで米ドルを購入できるため、スイス居住者が米国に旅行する費用も安くなります。ドルを購入するにはより多くのスイスフランを使用する必要があるため、これはスイスでの旅行支出の増加につながり、観光業にプラスの影響を与える可能性がある。


米国の投資家にとって、米ドルに対するスイスフランの上昇は、スイスの資産をより高いコストで購入することを意味する。これにより、スイスの資産の魅力が低下し、資本流入が減少し、経済成長に悪影響を及ぼす可能性がある。米国の投資家にとって、米ドルに対するスイスフランの上昇により、スイスの資産をより低コストで購入できるようになる。これにより米国の資本流入が増加し、経済成長が促進される可能性がある。


全体として、対米ドルでのスイスフランの上昇はスイス経済に複雑な影響を与える可能性が高く、安定した経済成長を確保するために政府と中央銀行はこれらの影響のバランスを取るための措置を講じる必要がある。

スイスフランの為替レートの歴史
平均為替レート 最大為替レート 最低為替レート
2019年 1 スイスフラン = 1.01 米ドル 1 スイスフラン = 1.03 米ドル 1 スイスフラン = 0.98 米ドル
2020年 1 スイスフラン = 1.04 米ドル 1 スイスフラン = 1.08 米ドル 1 スイスフラン = 1.00 米ドル
2021年 1 スイスフラン = 1.08 米ドル 1 スイスフラン = 1.12 米ドル 1 スイスフラン = 1.05 米ドル
2022年 1 スイスフラン = 1.10 米ドル 1 スイスフラン = 1.15 米ドル 1 スイスフラン = 1.07 ドル
2023年 1 スイスフラン = 1.15 ドル 1 スイスフラン = 1.20 ドル 1 スイスフラン = 1.10 ドル

免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、財務、投資、またはその他の信頼すべきアドバイスを意図したものではありません (また、そのようにみなされるべきではありません)。資料に記載されているいかなる意見も、特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の個人に適しているという EBC または著者による推奨を構成するものではありません。

貴金属の取引方法とチャネル

貴金属の取引方法とチャネル

貴金属取引の投資方法には、現物投資、ETF、先物などがあります。投資家は適切な方法を選択する必要があります。

2024-04-12
EBITDA の概念と応用に関するガイド

EBITDA の概念と応用に関するガイド

EBITDA は、利子、税金、減価償却、償却前の中核事業利益を反映します。欠点はあるものの、収益性と支払い能力を評価するのに役立ちます。

2024-04-12
銀価格の履歴 変化と今後の動向

銀価格の履歴 変化と今後の動向

銀価格は、供給、需要、価格操作の影響を受け、下落しました。現在、世界経済と産業需要により、価格は上昇しています。

2024-04-12