バーナード・マドフのねずみ講

2023-11-08
序章

2008年12月11日、ウォール街のアイコンであるバーナード・マドフがFBIに逮捕され、数十億ドルの損失を認め、懲役150年の判決を受けた。

2008 年 12 月 11 日の午後、CNBC ニュース ラジオは重大な出来事を報道しました。この事件には、ナスダック元会長のバーナード・マドフというウォール街の伝説的な人物が関与していた。彼は、数百億ドルが関与したネズミ講の陰で、自身の投資ファンドが事実上破産したことを認めた後、FBIに逮捕された。この速報は世界に衝撃を与え、すぐに幅広い注目を集めました。

Bernard Madoff's Ponzi scheme

わずか2週間のうちに、突然の経済的損失に耐えられず自殺を選んだ投資家もいた。 3か月後、何百万人もの抗議の末、マドフは米国金融史上最も重い懲役150年の判決を受けた。


史上最大かつ最長のネズミ講を創設、指揮し、実行したナスダックの元会長バーナード・マドフは、どのようにして20年以上もこのネズミ講を制御し、世界の残りの部分を闇に隠し続けることができたのでしょうか?この記事では、バーニー・マドフの生涯と、金融スキャンダルの舞台裏に迫る彼のポンジ・スキームについて詳しく掘り下げます。


バーナード・マドフは 1938 年 4 月 29 日に生まれ、ニューヨーク州クイーンズの普通のユダヤ人家庭で育ちました。才能は突出しているわけではないが、常に強い意志を持っていた。 1960年、当時22歳のマドフは法学修士課程の1年目だった。しかし、義父からの 5,000 ドルの融資と、自分の収入からのさらに 5,000 ドルをもとに、彼は学校を中退し、半世紀後に無数の人々にとって悪夢となる会社、マドフ セキュリティーズ インベストメンツを立ち上げることを決意しました。


当初、同社は株式市場にサービスを提供する「マーケットメーカー」とも呼ばれるマーケットメーカーでした。マドフ氏の会社では、投資家がコカ・コーラ株10株などを電話で注文できるようにしていた。マドフは見積もりを出し、価格が正しければ取引を終了し、その差額とスプレッドを計算します。これが映画で見られる取引シーンで、実際にマーケットメーカーが実行している取引です。


時間の経過とともに、マドフの会社は特に競争の激しい証券市場で成長しました。しかし、彼は証券取引の電子化という会社の地位を高める重要な決断を下しました。彼は、電話による従来の取引方法を完全に変える電子株価情報システムの開発に貢献し、この取り組みにより、彼はすぐに市場を支配することができました。マドフは電子株式取引の先駆者として知られています。このテクノロジーは後に、現在ナスダックとして知られる世界初の電子株式取引プラットフォームに発展しました。


しかし、マドフ氏はそこで止まらず、ナスダック最大のマーケットメーカーの地位まで上り詰めた。


ウォール・ストリート・ジャーナルによると、1992年には米国の全株式取引の90パーセントがマドフの会社を経由したという。彼は、ナスダックの会長、米国証券業協会の会長、国際証券清算会社の会長、SIA 取引委員会の全米企業行動委員会の委員長など、数多くの重要な役職を歴任してきました。そのうち政府に関係するもの。マドフは金融界で非常に尊敬される人物となり、ウォール街の大手投資銀行のCEOたちはマドフの前では気を緩めなかった。取引が必要でそれができなかった場合、彼らはマドフに頼ることになるだろう。彼は自分の会社を秘密に包まれた資産管理機関に成長させることに成功したため、マドフに資金を預けることを名誉の勲章と考える人もいた。マドフに関しては、キャッシュフローを制御し、資金の流れを維持するという当初の目標を達成しました。


マドフは自分が何をしようとしているのか知っていた。高い利益を追う必要はなかったが、お金を失うわけにはいかなかった。彼の投資収益率は、まるで定規のように、ほとんど変動することなく成長を続けています。こうして彼はウォール街に名を残した。投資収益を測定する際には、利回りだけでなくリスクも考慮する必要があるため、マドフの収益は驚異的です。同氏は、成功の秘訣は裁定取引戦略の利用にあると主張しており、リスクのない利益を得るためにさまざまな市場で関連資産を売買するという。


これはマドフの大規模な計画の背後にある舞台裏の物語であり、マドフは自分の投資戦略が裁定取引に基づいており、実際にはネズミ講であると主張した。


ポンジスキームは金融詐欺の一種で、通常、投資家に高い利益を約束しますが、その利益は実際には、新しい投資家から資金を集めることで初期の投資家に支払われます。ポンジ・スキームの名前は、1920 年代にこのスキームを開発したアメリカの投資家チャールズ・ポンジに由来します。


ポンジ・スキームの基本原理は、詐欺師が投資家に高い利益を約束し、その後、新しい投資家の資金を使って以前の投資家の利益を返済し、見かけ上の成功物語を作り出し、それがさらに多くの投資家を引き寄せることです。このプロセスは、投資家による資金の大量償還が発生するか、詐欺師が収益をカバーするのに十分な新しい資金を集められなくなるまで続きます。最終的にポンジスキームは崩壊し、初期の投資家は損失を被ります。


実際には、マドフは実際の投資を行わず、ポンジスキームのモデルを採用しました。彼は継続的に新しい投資家から資金を調達し、その新しい投資家からの資金を古い投資家の利益に返済するために使用しました。これはポンジ・スキームの典型的な特徴です。このパターンは、マドフがそれ以上の利益を支払うことができなくなり、彼の不正行為が最終的に暴露されるまで続きました。


2008 年 12 月 11 日、FBI がバーナード・マドフを逮捕したとき、彼はついに自分の投資ファンドには事実上何も残っておらず、合計 650 億ドルの損失があったことを認めた。この事件は金融界に衝撃を与え、アメリカ金融史上最大規模となる大規模なポンジスキームが明らかになった。この詐欺は巨額の経済的損失をもたらし、その後数週間で数人の投資家が経済的困難を理由に自殺した。最終的にバーナード・マドフは懲役150年の判決を受け、これはアメリカ金融史上最も重い刑の一つとなった。


この事件は、金融セクターにおける規制のギャップと、投資家がネズミ講やいかがわしい投資スキームに警戒する必要性を浮き彫りにした。また、これは金融界にとって、あまりにもバラ色の投資の約束に騙されず、適切なデューデリジェンスとリスク評価を行うべきという教訓としても機能した。バーナード・マドフ事件はまた、金融規制当局に、投資家の利益をより良く保護するために規制制度を改善するよう促すきっかけとなった。


免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、財務、投資、またはその他の依存すべきアドバイスを意図したものではありません (また、そのようにみなされるべきではありません)。資料に記載されているいかなる意見も、特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の人物に適しているという EBC または著者による推奨を構成するものではありません。

証券会社のビジネスと選択

証券会社のビジネスと選択

証券会社は、法的ライセンスを持ち、株式、債券、およびアドバイザリーサービスを提供しています。選択する際には、手数料とセキュリティを考慮してください。

2024-04-19
紙銀のリスクとメリット

紙銀のリスクとメリット

紙の銀は、柔軟で流動性のある非物理的な銀金融商品ですが、価格操作と流動性リスクには注意してください。

2024-04-19
プラチナ価格の動向とその影響要因

プラチナ価格の動向とその影響要因

プラチナ価格は、供給の増加と需要の減少により下落しました。プラチナの価値が金に対して低いのは、投資家の関心の低下と流動性の問題によるものです。

2024-04-19