崖崩れとは?

2023-07-28
序章

断崖的な暴落は、通常、市場のパニック、インシデント、または投資家の感情の激しい変動によって引き起こされる。このような激しい価格下落は市場のアンバランスを招き、投資家の富に大きな損失をもたらす可能性があり、断崖的な崩壊は金融市場と経済に広く影響を与えるだろう。

崖崩れとは用語であり、説明のために使用される金融市場または特定資産価格。それは崖から落ちるように、価格はほぼ垂直に下がっています。この鋭い下落は様々な要因によるものかもしれませんが、市場恐慌、景気後退、政治的不確実性など。

断崖的な暴落は通常、強い市場感情の変動、投資家のパニック、または重大な事件。これは突然価格下落は市場のアンバランスを招き、取引活動が急激に減速する可能性があり、連鎖反応を起こし、他の関連商品の価格にも影響を与える資産


歴史的に典型的な断崖式崩壊は2008年に発生し、「ウォール街崩壊」とも呼ばれ、金融危機の始まりを示している。その間、米国株式市場は大きな損失を受けた。マイルストーン的な意味を持つのは、米ダウ工業株平均が25%超下落し続けていることだ。さらに、スタンダード500指数は大幅に下落し、1週間で下落幅は20%を超え、史上初のベアとなった。


この崖のような崩壊は金融市場と投資家。これは投資家の財産損失、市場下落を招く可能性がある自信、ひいては経済全体にマイナスの影響を与える。これにはこの場合、規制当局と政府は通常、措置をとる市場を安定させ、市場の動揺の影響を軽減する。


株価が暴落した場合、投資家は何らかの措置を講じることが考えられるリスク制御戦略。例えば、投資リスクの制限ポートフォリオ、現金比率を高め、投資中の株式比率を下げるポートフォリオ、バランスのとれたポートフォリオ戦略を採用することで削減可能投資家のコスト。また、投資家は空振りを取ることもできます資産投資リスクを低減するための戦略。口先だけの策略断崖的な下落が発生した場合に投資家が資産を売却すること、そして市場が落ち着きを取り戻すまで投資を一時的に放棄する再投資。


崖崩れの発生で投資家に注意喚起市場リスク、そして適切なリスク管理戦略をとる。長期の場合投資家、理性的な意思決定、多元化されたポートフォリオ、および長期価値資産の保有は崖のようなものに対応する有効な方法である崩壊し、資産の安定的な切り上げを確保し、過度なパニックを回避する。にある同時に市場動態の変化にも注目する必要があり、経済指標と政治事件を適時に調整するためにおよび対応策。


免責事項:投資はリスクに関連する。本文の内容は投資提案ではなく、投資製品の要約や招待や推薦を構成するものでもありません。

ドル還流-真実と噂を分析する

ドル還流-真実と噂を分析する

米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げとテーパリング政策を通じて世界経済に与えた影響が米ドルの本国還流につながったという主張は、国際資本移動のメカニズムを単純化している。海外直接投資、海外ポートフォリオ投資、銀行貸出を含むドル還流の影響は、複数の要因に支配されている。

2023-09-18
クレディ・スイス - 事件の発端と終息

クレディ・スイス - 事件の発端と終息

クレディ・スイスは、運用資産1兆5,000億ドルを超える世界のシステム上重要な銀行のひとつであるにもかかわらず、320億ドルでUBSに買収された。この低価格での買収の背景には政府の援助という要素もあるが、クレディ・スイスに対する市場の信頼喪失も反映している。

2023-09-15
スイスの金融 - クレディ・スイスの複雑な歴史

スイスの金融 - クレディ・スイスの複雑な歴史

クレディ・スイスとUBSというスイスを代表する2大銀行は、長い歴史を持ち、スイスと密接な関係にある。1856年の創業以来、クレディ・スイスはその銀行機密法で知られ、プライバシーを重視する世界中の顧客を惹きつけてきたが、同時に不浄な資金も絡んでいる。

2023-09-15