スウェーデンクローナはハト派の金利設定者らの圧力に晒され続けている

2024-05-09
序章

スウェーデンクローナは、リクスバンクが主要金利を引き下げたことを受けて3日連続で下落した。物価上昇圧力が緩やかなままであれば、さらなる引き下げが行われる可能性がある。

スウェーデンクローナは木曜日、予想通りスウェーデン中央銀行が主要金利を引き下げ、物価圧力が引き続き穏やかであれば今年後半にさらに2回の利下げを行う可能性があると述べたことを受けて、3日連続で下落した。

ノルウェークローネは今年に入って約8%下落しており、主要通貨の中で最もパフォーマンスが悪い通貨の一つとなっている。ノルウェークローネも原油価格の上昇にもかかわらず、約7%下落するなど、苦境に立たされている。


中央銀行は3月に、5月か6月に利下げの好機が訪れると述べており、それ以降のデータはインフレ率が2%目標付近で安定すると確認している。


スウェーデンでは8年ぶりの利下げとなり、焦点は今後の金融政策の方向性に移った。それでも、早期の緩和はインフレを再燃させる恐れがあるとの懸念がある。


対照的に、ノルウェー銀行は先週、金利を据え置くことを決定した。イダ・ウォルデン・バチェ総裁は「政策金利は今後しばらく、現在の水準に維持される可能性が高い」と述べた。


スウェーデン経済は第1四半期に4四半期連続で縮小したが、ノルウェー本土のGDPは0.2%増加した。両国は、他の欧州諸国よりも生活費の上昇の影響を大きく受けている。

USDSEK

スウェーデンクローナは4月中旬から安定しており、11のサポートがさらなる下落を食い止めている。現在の下降トレンドを反転させるには、10.68を下回る必要があるかもしれない。


免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、信頼できる財務、投資、その他のアドバイスを意図したものではありません (また、そのように見なされるべきではありません)。この資料に記載されている意見は、EBC または著者が特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の個人に適していることを推奨するものではありません。

政策決定を受けてポンドはスイスフランに対して上昇を続ける

政策決定を受けてポンドはスイスフランに対して上昇を続ける

ポンドは、イングランド銀行とスイス中銀の政策の相違により、金曜日にスイスフランに対して3度目の上昇を狙ったが、市場の雰囲気が悪く、その上昇は抑制された。

2024-06-21
中国のデータに失望、原油価格が下落

中国のデータに失望、原油価格が下落

原油価格は水曜日、需要の楽観と紛争への懸念が米国の原油在庫の増加を相殺したため、7週間ぶりの高値から下落した。

2024-06-20
フランス市場は不調、一方英国株は急回復

フランス市場は不調、一方英国株は急回復

フランス代表のユーロ2024のスター選手、ムバッペが若者に政治に参加するよう呼びかける中、フランスの株価とユーロは不安定となっている。

2024-06-19