カナダドルはエネルギー価格と乖離

2024-04-08
序章

4月8日、カナダドルは4か月ぶりの安値付近。雇用統計が弱いためカナダ銀行の利下げにつながる可能性がある。原油は下落、米ドルは上昇、カナダドルは下落。抵抗は1.3430。

カナダドルは月曜日、予想を下回る雇用統計を受けてカナダ銀行が6月に利下げを開始するとの見方が強まったため、4カ月ぶりの安値付近で取引された。

カナダ経済は3月に2,200人の雇用が減り、25,000人の増加という予想を下回った。一方、失業率は26か月ぶりの高水準となる6.1%に上昇した。現在、市場では第2四半期に75%の確率で削減が行われるとみられている。


原油価格は2%近く下落し、カナダドルにさらなる打撃を与えた。イスラエルがガザ南部から兵士をさらに撤退させ、停戦の可能性について新たな協議を行うことを約束したことで、中東の緊張は緩和された。


ゴールドマン・サックスのアナリストは、すでに堅調な需要、地政学的緊張の緩和、余剰生産能力の増加によりOPEC+が第3四半期に生産量を増やすことを前提とした基本シナリオでは、ブレント原油が100ドルを下回ると予想している。


原油価格の高騰にもかかわらず、カナダドルは今年2.6%下落した。カナダ2年債と米国債の利回り格差は米国債に対して53ベーシスポイントの優位に拡大し、2月26日以来の大幅な拡大となった。


金曜日に発表された米国の雇用統計は好調で、米ドル高を支えた。先月、米国では雇用者数が30万3000人増加したが、これは予想をはるかに上回り、39カ月連続の増加となった。

USDCAD

カナダドルは2月以降、ほぼ横ばいで推移している。1ドル1.3600を下回るのは難しいが、抵抗エリアが1.3430を超えて今後反発するのを阻止している。


免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、信頼できる財務、投資、その他のアドバイスを意図したものではありません (また、そのように見なされるべきではありません)。この資料に記載されている意見は、EBC または著者による、特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の個人に適しているという推奨を構成するものではありません。

原油価格は夏に向けて週ごとに上昇する見込み

原油価格は夏に向けて週ごとに上昇する見込み

原油価格は金曜日に下落したが、高い米金利と堅調な需要見通しのバランスを取り、4週間ぶりの週間上昇を目指した。

2024-06-14
金は中国の買いと米国の金利の間で揺れ動く

金は中国の買いと米国の金利の間で揺れ動く

金価格は、インフレ報告が好調だったことと、FRBが今年の利下げ予想を3回から1回に引き下げたことを受けて、木曜日に下落した。

2024-06-13
​米国CPI5月 - 米国のインフレ率は4月にわずかに低下

​米国CPI5月 - 米国のインフレ率は4月にわずかに低下

米国のインフレは4月に若干緩和し、家計にいくらかの安心感を与えた。消費者物価指数は前年比3.4%上昇し、予想通りとなった。

2024-06-12