原油価格は週間4%上昇から上昇幅を拡大

2024-03-18
序章

原油価格は、地政学的緊張の高まりによる供給逼迫により、先週の4%上昇に続き、アジア取引序盤で上昇した。

原油価格は月曜日のアジア取引序盤で上昇し、地政学的緊張の高まりで供給が逼迫しているとの見方から価格が4%近く上昇した先週からの上昇幅をさらに拡大した。

ロシアのクラスノダール地方にあるスラビャンスク製油所は日曜日、ウクライナの無人機攻撃を受けて火災が発生した。ロイターの分析によると、攻撃により第1四半期のロシアの精製能力は約7%が停止した。


国際的な圧力にもかかわらず、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は、100万人以上の避難民が避難しているガザ地区のラファ飛び地に侵攻する計画を進めることを確認した。


イランは制裁に直面して石油生産を増やすため、国内企業と数十億ドル相当の契約を締結している。ジャバド・オウジ石油大臣は「生産量は日量400万バレルに達するだろう」と述べた。


原油価格は先月の大部分でレンジ相場にとどまっていたが、IEAの強気な報告を受けて価格は12月以来の高水準に上昇した。同庁は現在、今年は黒字ではなく若干の赤字になると予想している。


OPECは先週、需要の伸び予測を日量225万バレルに据え置いた。 IEAの最新の上方修正でも、依然としてOPECより日量100万バレル近く、または世界の1日当たりの需要のほぼ1%に遅れをとっている。

XBRUSD

ブレント原油は12月中旬以来上昇チャネル内で取引されているようで、強気相場が続いていることを示している。次の抵抗は 87 ドルの領域に見られます。


免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、財務、投資、またはその他の依存すべきアドバイスを意図したものではありません (また、そのようにみなされるべきではありません)。資料に記載されているいかなる意見も、特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の人物に適しているという EBC または著者による推奨を構成するものではありません。

絶望的な円安にもかかわらず日経平均は39,000円を回復

絶望的な円安にもかかわらず日経平均は39,000円を回復

火曜日、円は1ドル160円と34年ぶりの安値を付け、アジア株を圧迫した。日本の日経平均株価は3万9000円となり、6月11日以来の高値となった。

2024-06-25
テクノロジー疲れと市場の慢心が投資家を不安にさせる

テクノロジー疲れと市場の慢心が投資家を不安にさせる

S&P 500とナスダック100は金曜日に若干下落して取引を終えた。エヌビディア株は2日連続で下落し、大手テクノロジー企業の疲弊の兆候を示した。

2024-06-24
政策決定を受けてポンドはスイスフランに対して上昇を続ける

政策決定を受けてポンドはスイスフランに対して上昇を続ける

ポンドは、イングランド銀行とスイス中銀の政策の相違により、金曜日にスイスフランに対して3度目の上昇を狙ったが、市場の雰囲気が悪く、その上昇は抑制された。

2024-06-21