投資家は休暇前に米国株に強気の姿勢を強める

2024-05-28
序章

アジア株は火曜日、世界的なインフレデータを待って横ばい。ウォール街はメモリアルデーのため休場。投資家はインフレ抑制の兆候をみて買いを入れている。

アジア株は、投資家が世界的インフレデータを待ち、ウォール街がメモリアルデーで前夜休場となったため、火曜日は横ばいで推移した。投資家はインフレが沈静化する兆候をみて、引き続き株式に資金を投入した。

リッパーのデータによると、5月22日までの週に世界の株式ファンドには111億ドルの資金が流入し、前週から22%増加した。流入額が最も多かったのは米国株式ファンドで、99億ドルだった。


世界の高利回り債券ファンドには32億ドルの資金流入が急増し、国債ファンドには12億ドルの資金流入があった。金融状況の緩和が予想されることは通常、株式と債券の両方に恩恵をもたらす。


過去2週間、ヤフー・ファイナンスが追跡している株式ストラテジスト3人がS&P500の年末目標を引き上げた。ウォール街のこのベンチマーク指数の目標中央値は現在5,250となっている。


アメリカ企業の収益は2024年第1四半期に6%増加し、ほぼ2年ぶりの高成長となった。テクノロジー部門は依然としてS&P500の成長の大部分を牽引している。


モーニングスターによれば、経済減速と株価下落により株式のオーバーウェイトポジションに戻る機会が生まれる可能性があるため、株式市場は今夏ますます不安定になる可能性がある。

SPXUSD

S&P 500 は 4 月初旬に底値を付けて以来、力強く上昇している。金曜日までに、現在の取引範囲である 5,250 から 5,350 に留まると見られている。


免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、信頼できる財務、投資、その他のアドバイスを意図したものではありません (また、そのように見なされるべきではありません)。この資料に記載されている意見は、EBC または著者が特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の個人に適していることを推奨するものではありません。

テクノロジー疲れと市場の慢心が投資家を不安にさせる

テクノロジー疲れと市場の慢心が投資家を不安にさせる

S&P 500とナスダック100は金曜日に若干下落して取引を終えた。エヌビディア株は2日連続で下落し、大手テクノロジー企業の疲弊の兆候を示した。

2024-06-24
政策決定を受けてポンドはスイスフランに対して上昇を続ける

政策決定を受けてポンドはスイスフランに対して上昇を続ける

ポンドは、イングランド銀行とスイス中銀の政策の相違により、金曜日にスイスフランに対して3度目の上昇を狙ったが、市場の雰囲気が悪く、その上昇は抑制された。

2024-06-21
中国のデータに失望、原油価格が下落

中国のデータに失望、原油価格が下落

原油価格は水曜日、需要の楽観と紛争への懸念が米国の原油在庫の増加を相殺したため、7週間ぶりの高値から下落した。

2024-06-20