日本株、またも低迷したセッションで上昇を消化

2023-12-26
序章

クリスマスの間、アジア株は横ばいで推移した。多くの市場が閉鎖されました。金曜日の米国株は、インフレ率が予想を下回ったためまちまちで終了した。

ほとんどの市場がクリスマス休暇で休場だったため、火曜日のアジア株は横ばいで取引された。金曜日の米国株は、予想を下回るインフレ率を受けて乱高下して取引を終えた。

日本の日経平均株価は、年間の目覚ましい上昇を消化するために横ばいで始まりました。 FRBは利下げの扉を開き、下落に見舞われた新興国資産にとっては大きな追い風となった。


同指数は先月、33年ぶりの高値を記録した。外国人投資家が2024年にさらに強気になれば、今年日本で起きた世界最大級の株価上昇は延長される可能性がある。


1か月半の上昇を経て円が相対的に安くなり、企業収益が為替変動の影響を受けにくくなったことから、日本株は堅調に推移する可能性がある。


しかし、東京証券取引所が算出したデータによると、外国人投資家が今年に入って売り越しとなったのは11月時点でわずか3カ月間で、これは利益確定の兆候だという。経済指標も懸念材料だ。


日本のGDPは9月までの3カ月間で前年同期比2.9%減となり、個人消費の低迷と企業投資の鈍化により、2020年第2四半期以来の大幅な落ち込みとなった。

Nikkei 225

日経平均株価は下半期に入ってさらに前進せず、30,000円を超えるレンジで行き詰まった。 50 SMA での強力なサポートにより、33,900/34,000 ゾーンの別のテストが行​​われる可能性があります。


免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、財務、投資、またはその他の依存すべきアドバイスを意図したものではありません (また、そのようにみなされるべきではありません)。資料に記載されているいかなる意見も、特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の人物に適しているという EBC または著者による推奨を構成するものではありません。

イランが報復を誓う中、原油価格は再び90ドルを超える

イランが報復を誓う中、原油価格は再び90ドルを超える

中東の緊張により、原油価格は金曜日に90ドルまで急騰した。イランは、イスラエルがシリア大使館を攻撃したとされる事件を受けて報復を誓っている。

2024-04-12
懸念されるCPIの数値でウォール街は下落

懸念されるCPIの数値でウォール街は下落

予想外のインフレにより6月の利下げ期待が打ち砕かれたため、米国株は水曜日に急落した。国債利回りは11月以来の高水準となる4.5%に達した。

2024-04-11
米国の天然ガス価格はコモディティ価格上昇に伴い高騰

米国の天然ガス価格はコモディティ価格上昇に伴い高騰

米国の天然ガス価格は水曜日、欧州とアジアの回復の兆しと米国の力強い経済成長に支えられて上昇し、他の商品とともに今月の上昇が続いた。

2024-04-11