外国為替先物契約条項の解釈

2023-07-20
序章

外国為替先物契約では、投資家はレバレッジを利用して少量の資金で大規模な取引に参加することができる。多空双方向取引は、投資家に市場が上昇したり下落したりしたときに利益を得る機会を提供します。

外国為替先物契約は通貨先物契約とも呼ばれ、取引双方が商品取引所で締結する契約公開入札は合意価格に基づく将来の日付。これらの契約は海外で使用される取引所先物取引。これは取引所で行われている標準化契約です特定の製品の売買価格と納期の指定通貨ペア。

外国為替先物契約

その発起人はシカゴ商業銀行の国際通貨市場であるスワップ1972年5月16日に設立され、8つのタイプの外国為替先物契約、すなわちポンド、カナダドル、オランダ盾、ドイツマルク、円、メキシコペソ、スイスフラン、フランス・フラン


実際には、外国為替先物契約は実際に関与することは少ない逆方向操作ではなく、パーティ間の通貨の受け渡し満期になる前に元の契約を相殺する。


以下は外国為替関連用語の説明である先物契約:

1.入札価格:買い手が購入したい契約、売り手はその中で契約を売ることができます。


2.オファー:売り手が契約を売却したい価格そして、買い手はその価格で契約を購入することができます。


3.契約規模:国外代表の標準取引量取引所先物契約は、通常通貨単位で表示されます。


4、納品日:契約期間満了日。搬送日契約義務を履行しなければならない日付のこと通貨の引き渡しまたは決済に使用されます。


5.納入価格:買手が支払うべき貨幣価格納期で契約を履行する


6.期日:契約有効期間の最終日、その後契約は取引や延期できない。


7.オファー通貨:外国為替先物契約で使用される通貨取引での価格設定


8.基準通貨:外国為替先物契約における通貨、使用取引中の基準価額単位。


9.レバレッジ:外国為替先物取引は投資家の使用を許可するより少ない資本でより大きな取引ポジションのレバレッジを制御する。


10.損益:外国為替価格の変化による先物契約は、投資家が利益を得ることも、損失を被ることもできる。


外国為替先物契約の特徴には、流動性、レバレッジ効果、標準化された取引、透明性、規制。投資家は契約と関連用語を事前に十分に理解しておく必要があります外国為替先物取引に参加し、適切なリスクを負担するポリシーを管理します。専門的な財務上のアドバイスを求めたほうがいい外国為替先物取引に従事する前に適切な取引プラットフォームを選択する取り引き。

需要と供給を理解する

需要と供給を理解する

需要と供給が取引の傾向、サポート/レジスタンス レベル、戦略にどのように影響するかを調べます。取引を成功させるために市場のダイナミクスをマスターします。

2024-05-27
Amazonのビジネスモデルと投資分析

Amazonのビジネスモデルと投資分析

Amazon は、キャッシュフローを優先するビジネスモデルを採用した、世界的な電子商取引およびクラウドの大手企業です。投資家は長期的な成長とキャッシュフローに注目しています。

2024-05-24
公開市場操作の役割と特徴

公開市場操作の役割と特徴

公開市場操作は、柔軟性と市場の透明性を備えた債券取引を通じて通貨供給を調整しますが、遅延と介入の問題を抱えています。

2024-05-24