外国為替証拠金取引の原理と特徴

2023-07-07
序章

外国為替証拠金取引では、投資家はわずかな保証金を支払うだけで大口取引を制御することができる。その特徴はレバレッジ、高流動性、24時間取引、低取引コスト、豊富な取引機会を含む。

外国為替証拠金取引はレバレッジ取引方式であり、投資家が少ない資金で外国為替市場に参加できるようにする。原則として、投資家は保証金として少量の資金を支払うだけで、より大きな取引を利用することができる。取引では、投資家は一定の保証金を支払うだけで100%の取引を行うことができ、資金の少ない人が参加することができる。

金融市場での外国為替取引は、海外先進国の水準に応じて、一般的に10 ~ 20倍以上の融資比率を維持している。つまり、融資比率が20倍であれば、投資家は5%程度の保証金を支払うだけで外国為替取引に従事することができる。投資家は5000ドルを支払うだけで10万ドルの外国為替取引を行うことができる。

例えば、投資家Aは外国為替証拠金取引を行い、保証金の割合は1%である。投資家が円高を予想すれば、実際には10万ドルを投資するだろう。預金の1%は契約価値1000万ドルの円を購入することができる。当日の人民元対ドル為替レートが1%上昇すれば、投資家は10万元の利益を得ることができ、実際の収益率は100%に達することができる。しかし、円が1%下落すれば、投資家はすべての資本を失うことになる。一般的に、投資家の損失が一定額を超えると、トレーダーは損失メカニズムを停止する権利がある。


Foreign exchange margin trading has the following characteristics:
1. Leverage effect: Foreign exchange margin trading amplifies investment returns and risks by borrowing funds. Investors only need to pay a small portion of the margin to control larger transactions, thereby increasing potential investment returns. However, leveraged trading also increases the risk of losses, as any price fluctuations may lead to greater losses.

2. High liquidity: The foreign exchange market is one of the largest and most active financial markets in the world, with an average daily trading volume of trillions of dollars. This makes the foreign exchange margin trading market highly liquid, allowing investors to quickly enter and exit trading by buying and selling currency pairs at any time. This provides investors with more flexible trading opportunities.

3. 24-hour trading: The foreign exchange market is a global market with trading activities in different time zones. Therefore, the foreign exchange margin trading market is open 24/7, and investors can trade according to their own needs at any time. This allows investors to make timely trading decisions based on market changes and important news events.

4.取引コストが低い:他の金融市場に比べて、外国為替融資融券取引の取引コストは通常低い。取引費用は比較的低く、利益は通常、売買価格間の差額で得られる。このような低コスト化により、投資家はより効果的に取引を行うことができ、取引投資収益率の消費を削減することができます。


5.豊富な取引機会:外国為替市場が受ける経済データ、政治的事件、銀行の金融政策など。これらの要因は変動に影響を与え続けている通貨レート。外国為替証拠金取引は投資家に提供する幅広い取引機会を持ち、売買を許可する市場要因や傾向に応じて利益を得ることができます。


外国為替融資融券取引にはリスクがあるので、投資家は十分な知識とスキル、適切なリスク管理戦略。ストップロスを合理的に設定し、レバー率を制御し、分散投資はすべてリスクを下げる重要な方法である。同時にこの際、投資家も市場の変化に注目し、取引を調整しなければならない戦略、および市場に適応する際の変動性とリスク外国為替市場

ドル還流-真実と噂を分析する

ドル還流-真実と噂を分析する

米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げとテーパリング政策を通じて世界経済に与えた影響が米ドルの本国還流につながったという主張は、国際資本移動のメカニズムを単純化している。海外直接投資、海外ポートフォリオ投資、銀行貸出を含むドル還流の影響は、複数の要因に支配されている。

2023-09-18
クレディ・スイス - 事件の発端と終息

クレディ・スイス - 事件の発端と終息

クレディ・スイスは、運用資産1兆5,000億ドルを超える世界のシステム上重要な銀行のひとつであるにもかかわらず、320億ドルでUBSに買収された。この低価格での買収の背景には政府の援助という要素もあるが、クレディ・スイスに対する市場の信頼喪失も反映している。

2023-09-15
スイスの金融 - クレディ・スイスの複雑な歴史

スイスの金融 - クレディ・スイスの複雑な歴史

クレディ・スイスとUBSというスイスを代表する2大銀行は、長い歴史を持ち、スイスと密接な関係にある。1856年の創業以来、クレディ・スイスはその銀行機密法で知られ、プライバシーを重視する世界中の顧客を惹きつけてきたが、同時に不浄な資金も絡んでいる。

2023-09-15