貴金属の取引にはどのような種類がありますか?

2024-02-15
序章

貴金属とは、金、銀、プラチナ、パラジウムなど、希少で産業的、経済的に価値のある金属元素のことです。保存と鑑賞に価値があり、安全な投資先と考えられています。

それぞれの金属には異なる価値があり、その価値は金属の希少性、抽出の難しさ、金属の性質によって異なります。歴史を通して、それらは通貨として取引されてきましたが、現在では投資の一形態となっています。それでは、今日取引されている貴金属は何でしょうか?

precious metalsこれは、地殻中で比較的希少であり、ある程度の産業的および経済的価値を持つ金属元素を指します。これらの金属のほとんどは美しい色をしているため、宝飾品や記念品の製造に使用されます。また、化学的安定性、電気伝導性、熱伝導性、耐食性にも優れているため、工業用途にも幅広く使用されています。


何千年もの進化を経て、金、銀、その他の金属は経済社会生活において依然として重要な役割を果たしています。そしてその用途は非常に幅広く、国際準備金、宝飾品、産業、付加価値機能などがあります。


金と銀の貨幣財産は、何千年にもわたって人類の文明の発展であり、商品交換がない場合、尊重される国々によってそれぞれ情報と通信が交換されます。歴史がどんなに変わっても、金は常に世界で最も重要な資産埋蔵量であり続けています。


2023 年までに、世界の外貨準備高は合計 324,142,500 トンの金となり、これは人類の数千年にわたる金の総量の約 20% を占めることになります。また、金地金の民間保管量も 22,200 トンに達します。この 2 つを合わせると、世界の金総量の 35.7% を占めます。


人類の数千年の歴史において、金と銀の宝飾品は常に富と贅沢の象徴でした。最近では、?人々の収入が向上し、富が増加し続けるにつれて、金や銀の宝飾品の需要も年々増加しています。


金、銀、その他の金属の独特の物理化学的特性により、導電性、熱伝導性、職人技、耐食性の安定性が非常に高くなります。そのため、電子通信、航空宇宙、化学、医療、その他の分野などの産業や現代のハイテク産業で広く使用されています。


インフレや金融危機の際には、貨幣の購買力の損失を避けるために、不動産と同様に、貴金属、宝石、骨董品、美術品、その他の物理的資産が投資家の競争の対象となることがよくあります。


物理的資産としての金と銀の価値は時代を超えて安定しているため、貨幣資産の理想的な代替品および価値保存の機能の両方となっています。さらに、金や銀に投資し、価格変動を利用することで、投資家は利益を獲得し、付加価値機能を実現することもできます。


したがって、市場では、貴金属は経済が不安定な時期でも比較的安定した価値を維持する傾向があるため、通常、ヘッジ投資とみなされます。特に、金、銀、プラチナ、パラジウムの 4 つの金属は、経済危機、インフレ、金利変動のいずれの時期であっても、長い間広く認識され、投資の選択肢として求められてきました。


貴金属の取引にはどのような種類がありますか?

取引種類は主に金(Gold)、銀(Silver)、プラチナ(Platinum)、パラジウム(Palladium)、ロジウム(Rhodium)、イリジウム(Iridium)などです。一般の認識では、その取引品種は最も有名ですが、金、銀、プラチナ、パラジウムにも属します。

Gold

金は人類によって発見された最初の貴金属の 1 つであり、宝飾品、投資、工業、エレクトロニクスの原料など、幅広い用途に使用されています。世界的な循環、認識、非再生性という特徴を持っています。価値を維持・増加させ、インフレに抵抗する役割は今でも残っていますが、その流通・交換機能は今日の社会では基本的に低下しています。


金は明るい黄色の金属なので、その名前が付けられています。その色と光沢は独特の特徴であり、ジュエリーや装飾品を作るのに最適です。金は宝飾品や装飾品の製造に使用されてきた長い歴史があり、指輪、ネックレス、ブレスレット、その他さまざまな宝飾品の製造に使用されています。通常、18K、24Kなど、さまざまな純度で見つかります。


金はその価値の保存と価値の向上の特性により、投資ツールとして広く使用されています。投資家は、現物の金を購入することも、金の延べ棒、金貨、または金の宝石を通じて金に投資することもできます。また、エレクトロニクス産業やコンピューター産業でも重要な用途があり、コネクタ、導電性ワイヤ、その他の電子部品の製造に使用できます。


中国、オーストラリア、ロシア、米国、南アフリカなど、世界中に多くの金産出国があり、その金鉱山の生産は世界の金供給に貢献しています。金の価格は、世界経済状況、インフレ、政情不安などのさまざまな要因の影響を受けます。その結果、金の価格は比較的変動性が高くなります。


ジュエリーを所有するのは楽しいことですが、ほとんどのジュエリーと金の価値との差は実際の投資とみなすには大きすぎます。金には価値を保存する性質と安全な避難場所としての性質の両方があり、歴史的に金価格が上昇していることにより、その価値を維持するための金の需要が生じています。金に投資する最も直接的な方法は、現物の金の延べ棒を所有することですが、金の延べ棒には流動性がないため、安全に保管する必要があります。 ETFやファンドは一般の小口投資家に適しています。金先物オプションは経験豊富な投資家により適しています。


全体として、金は文化、経済、金融の分野で重要な位置を占めており、貴重な資産として広く認識されています。

Silver

銀は金と同様、さまざまな分野で幅広い用途があります。これは比較的反応性の高い金属であり、酸素や硫化水素などの物質と反応します。また、柔軟性と延性があり、延性では金に次ぐものです。薄いシートにプレスしたり、細いワイヤーに引き抜いたりすることができ、最高の電気伝導性と熱伝導性を備えています。


シルバーは独特の光沢を持つ、白く輝く貴金属です。そのため、ジュエリー、食器、装飾品の製作に最適です。シルバーはジュエリーやアクセサリーの製造にも広く使用されています。シルバー ジュエリーは、92.5% の純銀と 7.5% の他の合金を含むシルバー 925 など、さまざまな純度のものがよくあります。


これは一般的な投資ツールでもあり、投資家は現物の銀、銀の延べ棒、銀貨の形で現物の銀を購入できます。銀市場では、銀先物や銀ETF(上場投資信託)などの銀デリバティブも取引されています。銀は産業、特にエレクトロニクス、ソーラーパネル、写真、医療において重要な役割を果たしています。優れた電気伝導体および熱伝導体です。


主な銀産出国にはメキシコ、ペルー、中国、ロシア、オーストラリアなどがあり、これらの銀鉱物は世界の供給に貢献しています。銀の価格は、需要と供給、世界経済状況、投資需要などのさまざまな要因にも影響されます。金と同様に、銀の価格も変動します。


銀は、美しい宝飾品素材としてだけでなく、重要な工業用原料や投資資産としてなど、多くの分野で価値があります。国際準備金としても機能しており、一部の国の中央銀行は銀を外貨準備の一部として使用しています。

Platinum白金

プラチナは、化学記号が Pt で、丈夫な銀白色の金属です。これは、金よりも化学的に安定しており、希少性が高く、価値があり、価値が維持される貴金属です。ホワイトゴールドと呼べるプラチナだけが、耐食性や化学的安定性にも優れています。


プラチナは、その輝く白色、優れた延性、耐摩耗性や耐酸性により、19 世紀以来宝飾品の製造に広く使用されてきました。私たちの生活に重要な役割を果たしているプラ​​チナは、その希少性と独特の特性により、多くの産業で貴重な資源となっています。


プラチナは、その安定性と耐腐食性により、高級ジュエリーやアクセサリー、特に婚約指輪やその他の貴重なジュエリーに人気があります。また、産業において、特に触媒としてさまざまな用途があります。自動車の排気処理システム、石油化学産業、化学生産プロセスにおける触媒反応に使用されます。


プラチナは生体適合性があるため、医療機器や放射線治療装置などの医療分野でも使用されています。プラチナは生体適合性元素であるため、人体に移植しても完全に安全であると考えられている唯一の金属です。プラチナは、その優れた導電性によりテクノロジー業界でもよく見られ、高性能コンピューターなどのさまざまな電子機器の製造に使用されており、ハードディスクドライブなどの特定のコンポーネントにプラチナが使用される場合があります。


技術が進歩するにつれて、プラチナはより高度な技術製品の製造にも使用される可能性があります。プラチナは、高級宝飾品から日常の技術機器、生物医学から自動車産業に至るまで、私たちの生活のあらゆるところで見られます。その希少性と独自性により、深く評価され、人気が高まっています。


また、人気の投資資産でもあり、投資家は現物のプラチナ、プラチナ延べ棒、プラチナ コインの形で購入できます。投資家が取引できるプラチナETF(上場投資信託)もあります。プラチナの主な産出国としては、南アフリカ、ロシア、ジンバブエなどが挙げられます。これらの地域は世界のプラチナ生産の大部分を占めています。


プラチナの価格は、需要と供給、世界経済情勢、自動車産業の需要などの影響を受け、通常、その価格変動は金属市場全体の状況に影響されます。また、国際準備金として、一部の国の中央銀行も外貨準備の一部としてプラチナを保有しています。

Palladiumパラジウム

パラジウムは、化学記号が Pd で、靭性、耐食性、化学的安定性に優れた銀白色の金属です。産業において、特に触媒として幅広い用途があります。自動車の排気処理システム、化学生産プロセスの触媒反応、および一部の電子機器の製造に使用されます。


パラジウムは自動車産業の主要な材料であり、主に触媒コンバーターに使用されます。これは、パラジウムが自動車の排気ガス中の汚染物質に対して優れた触媒効果を発揮するためです。水素燃料自動車のプラチナと同様の機能を持っていますが、比較的高価であり、将来的には水素燃料自動車のプラチナと競合する可能性があります。


他の貴金属とは異なり、パラジウムは宝飾品業界では比較的限られた用途しかありません。これは、プラチナほど硬くなく比較的柔らかく、ジュエリー製造における需要が比較的低いためです。ただし、電子デバイス、特にコンデンサ、コネクタ、その他の電子部品の製造にいくつかの用途があります。


パラジウムの主な生産国には南アフリカ、ロシア、カナダがあり、その供給は鉱業の生産量、需要、地政学などの要因に影響されることがよくあります。


パラジウムは投資資産でもあり、投資家は物理的なパラジウム、パラジウムバー、またはパラジウムコインを購入できます。投資家が取引できるパラジウムETFもあります。パラジウムの価格変動は、需要と供給、自動車産業からの需要、世界経済状況など、さまざまな要因の影響を受けます。


パラジウムは産業および自動車分野で重要な用途を持つ金属であり、投資分野の一部の投資家にも好まれています。パラジウムの現在の価格は金やプラチナよりも高いですが、傾向分析によると、その価格は将来も上昇し続ける可能性があります。ただし、短期的な変動性があるため、適切なプラットフォームを選択することをお勧めします。パラジウムを活用する場合の短期取引またはトレンドスイング取引。


パラジウムはニッチだが成長志向の投資であり、現在は高水準にあるものの、依然として上昇傾向にある。そうすることで、投資家はパラジウムに引き続き注目して分析し、エントリーポイントを見つけて、それを有利な投資対象にすることができます。

貴金属とは何ですか
貴金属 特徴
価値の保存、評価、世界的な流動性、宝飾品の製造、エレクトロニクス、投資ツール
活性金属、電気伝導性、熱伝導性、良好な延性、埋没ツール
白金 化学的安定性、耐食性、触媒、宝飾品、工業用途、医療
パラジウム 優れた延性、耐食性、触媒、自動車排ガス処理、電子機器
ロジウム 耐食性、触媒、ガラス製造
イリジウム 導電性、耐食性、医療、電子機器

免責事項: この資料は一般的な情報提供のみを目的としており、財務、投資、またはその他の信頼すべきアドバイスを意図したものではありません (また、そのようにみなされるべきではありません)。資料に記載されているいかなる意見も、特定の投資、証券、取引、または投資戦略が特定の個人に適しているという EBC または著者による推奨を構成するものではありません。

貴金属の取引方法とチャネル

貴金属の取引方法とチャネル

貴金属取引の投資方法には、現物投資、ETF、先物などがあります。投資家は適切な方法を選択する必要があります。

2024-04-12
EBITDA の概念と応用に関するガイド

EBITDA の概念と応用に関するガイド

EBITDA は、利子、税金、減価償却、償却前の中核事業利益を反映します。欠点はあるものの、収益性と支払い能力を評価するのに役立ちます。

2024-04-12
銀価格の履歴 変化と今後の動向

銀価格の履歴 変化と今後の動向

銀価格は、供給、需要、価格操作の影響を受け、下落しました。現在、世界経済と産業需要により、価格は上昇しています。

2024-04-12