二重為替レート制度の用語説明

2023-07-14
序章

二重為替制度の存在は往々にして経済システムの不安定さや未熟さを反映している。これは、異なる為替レート制度が異なる参加者に異なる利益率をもたらす可能性があるため、市場の歪みと不公平な競争を引き起こす可能性があります。

二重為替制度とは、2つの異なる官僚が存在することを意味する1つの国または地域の為替レート制度。一般的には、オフィシャルコミュニケーション1つの国の為替レートは中央銀行が公表した為替レートを指し、国際通貨取引の指導と外国為替市場二重為替制度とは公式為替レート以外の別の為替レート制度。取引所このシステムの金利は通常中央銀行が決めるのではなく、市場が決めるものだ供給と需要。

二重為替レート制度

二重為替レート制度は通常、一部の国や地域で発生する計画時期の国など、特別な経済システムを持つ国経済が転換したり、深刻な経済危機が発生したりしている国。これらのこのような場合、政府は二重為替制度を採用して制御する可能性がある外国為替市場の運営に対応する市場の不安定さと資本の流れを制御する。このような方法で、政府は為替レートは正常な国際貿易と資本の流れに使用され、別の為替レート制度は特定の経済活動または資本に使用されるアカウント


二重為替レート制度の下で、公式為替レートは通常政府や中央銀行は輸出を奨励し、誘致するために外国投資この公式為替レートは通常、正式に使用されます国際貿易や外国為替取引、政府や中央銀行は外国為替市場で流動性を提供し、確保する公定為替レートの安定。しかしながら、為替レートは往々にして市場の需給と一致せず、非公式為替レート金利はすでに発生している。


非公式為替レートは通常、市場の自由によって決定される参加者は供給と需要に基づいている。この為替レートはもっと近い実際の市場状況、そのためそれは非正規経済の中で更に広範な応用を得ましたアクティブです。非公式為替レートは通常、闇市場や外貨両替、地下などの非公式ルートを通じて非公式為替レートの形成は市場の影響を受ける経済状況、政治的安定、資本の流動などの要素、など


二重為替制度の存在は往々にして不安定を反映しているあるいは経済システムの未熟さ。市場の歪みや為替制度によって利益が異なる可能性があるため、不公平な競争異なる参加者の利益。また、二重為替レート制度外貨管理の複雑さを増し、増加することもある政府介入のリスク、取引所の不確実性を招く可能性金利と投資家の間の不信。


二重為替制度は一部の国ではより一般的であるその経済システムの過渡期または外国為替規制相対的に厳しい。このシステムは政府や中央銀行の制御を支援することができる外国為替市場、国際収支のバランスを保つ通貨が安定している。しかし、経済の発展と外国為替規制を緩和し、多くの国が徐々に撤廃している二重為替レート制を実行し、単一為替レート制を採用する。A.単一為替レート制度は公式為替レートが1つしかないことを意味し、これはより市場の需給関係に合致し、減少した外国為替市場と資本フローの不確実性。

需要と供給を理解する

需要と供給を理解する

需要と供給が取引の傾向、サポート/レジスタンス レベル、戦略にどのように影響するかを調べます。取引を成功させるために市場のダイナミクスをマスターします。

2024-05-27
Amazonのビジネスモデルと投資分析

Amazonのビジネスモデルと投資分析

Amazon は、キャッシュフローを優先するビジネスモデルを採用した、世界的な電子商取引およびクラウドの大手企業です。投資家は長期的な成長とキャッシュフローに注目しています。

2024-05-24
公開市場操作の役割と特徴

公開市場操作の役割と特徴

公開市場操作は、柔軟性と市場の透明性を備えた債券取引を通じて通貨供給を調整しますが、遅延と介入の問題を抱えています。

2024-05-24